見出し画像

【生きものを救いたい】僕が生物プラットフォームの「ZUKAN」を立ち上げる理由

こんにちは。株式会社HANABISHIというスタートアップでZUKAN事業部の責任者をしている八巻毅(@ymkingo)です。日本経済新聞社さんとnoteのコラボサロン「Nサロン」では2期生として参加させていただきました。

このエントリーでは近日リリース予定の生きものプラットフォーム「ZUKAN」を立ち上げる理由やサービスについてお話していきます。まずは、生きもの界の課題についてお伝えさせてください。


僕たちは大量絶滅の時代に生きている

画像10

現在は大量絶滅の時代だと言われています。
「約100万種の動植物が数十年のうちに絶滅する」と2019年の報告*1 に記載されています。絶滅の理由には、人間による生息地の開発や地球の環境変化などが考えられます。

“100万種”というのは想像がつかないとんでもない数字です。例えば既知の鳥類は約1万種*2 しかいません。哺乳類は約6,000種*3、魚は約3万5000種*4 で昆虫は75万種*5 です。極端な話、既知の鳥と哺乳類と魚、昆虫のすべてが絶滅しても100万という数には及ばないのです。

生物の個体数も大きく減っています。同じく鳥の話をすると、アメリカとカナダでは過去50年で約30億羽も少なくなった*6 と言われています。
今、圧倒的な速度で生きものの数が減少しているのです。

抜本的な解決手段はない

画像2

2019年5月11日に環境省などが主催するシンポジウム*7 に参加しました。そこではさまざまな持続可能な食料生産に関する素晴らしい取組みの発表がありましたが、地球生物の未来については「このままでは陸の生物も、海の生物も十分に守っていくことはできない。ただ、業界の枠を超えた協力・提携をしていけば解決できるかもしれない。」と語られていました。
今のところ、生きものの課題は“具体的にこうすれば解決する”という有効なプランは示されていないのです。

効果的な保全活動には多くのトライアンドエラーが必要

画像10

ある専門家の方は予算が足りないなかで、保全活動を行い、成果をあげ、論文も書き、さらには啓発活動も行っています。
論文の意義を尋ねると「誤った保全のやり方をしていると思われる人たちがいるが、彼らと口論をしても仕方がない。論文を出し、自分の正しさが認められて初めて他の専門家を動かすことができる。」と答えられました。

生きものを守るプロセスは単純ではありません。今まで正しいと言われていたことが誤りだとわかることもあります。効果的な保全を行うにはたくさんの時間、労力、知恵が必要なのです。


個人や1つの団体だけで解決できる問題ではない

研究者や専門家の方々に生きもの界の課題についてヒアリングを重ねてきました。そのなかで多くの方が口にしていたのが予算不足でした。これによって、設備を整えられない、十分な人員を割くことができないなどの問題が生じています。
また、関心の高い市民のボランティアがいなくては調査が成立しないというケースも聞きました。

研究予算も十分にない。保護より開発が優先され生息環境も守られない。世界全体の危機意識も低い。
この大量絶滅という課題は大きすぎて、個人や団体が独力で行っても解決できるものではないでしょう。

だから、「業界の枠を超えた協力・提携ができる仕組みを作ろう」と決意し、“ZUKAN”という事業の構想をはじめました。


ZUKANが目指す世界

画像4

お伝えしてきた課題を踏まえて目指す世界についてお話させてください。
ZUKANというサービスでは具体的に以下の2つが実現される世界を目指します。

・世界中で当たり前のように生きものの保全が行われている
・絶滅してしまった生きものも含めすべての情報が後世に伝わる

上記の取り組みが進めば、生きものの大量絶滅という課題を解決することができると信じ、標語を「すべての生きものを、取り残さない世の中に」としました。


どのように進めていくか

Arisaema serratum 千代田和真

世界中のひとりひとりの意識を変え、より多くのお金と人材が生きもの界で動く仕組みを作っていきます。
まずは多くの人に興味関心を持ってもらうことが最初のステップだと考えました。

活動を進めるために、「生きもの情報を、より身近に、より正確に、もっと楽しく」というミッションを策定し、以下の3つの仕組みを作り上げていきます。
・世界中で生きものへの関心が高まる仕組み
・生きものの保全や研究に役立つデータが集る仕組み
・継続的に生きもの界に億単位の寄付が集まる仕組み

この仕組みについて深くお伝えしていきます。

世界中で生きものへの関心が高まる仕組み

画像10

ZUKANでは専門家の方に解説を書いていただいたり、生きものへの関心が高い方が図書館にある資料や公開されている論文などを参考にしながら、わかりやすく信頼性の高い生きもの情報をWEBで公開し、世界中の人が閲覧できるようにしていきます。具体的には学校などの教育の場でも積極的に利用されるようなサービスを目指します。

まずは誰もが手軽に、生きものの情報を見れるようにすること。そしてわかりやすく、深い情報を届けること。その情報の中には、その種独特の特徴や食べ物や生息地、寿命や天敵などの基本情報はもちろん、その生きものが置かれている状況、世界中の生きものの危機についても積極的に伝えていきます。生きものに関心をもつきっかけをつくり、生きもの好きな人を増やしたい。さらには、生きものの保全活動の重大さが広まることをここでの目標としています。

生きものの保全や研究に役立つデータが集る仕組み
生きもの目撃情報は保全や研究に役立つケースが多いです。ZUKANでは生きものの位置情報や観察情報を投稿できる仕組みを作り、より多くの人が投稿するような取り組みや改善を行います。
※投稿された位置情報の詳細は投稿者と研究者にのみ公開されます。また、捕獲の原因にならないよう、絶滅危惧種の位置情報の取り扱いには細心の注意を払います。

継続的に生きもの界に億単位の寄付が集まる仕組み
何十万種の生きものの研究や保全活動を行うには大きな資金が必要です。
まず、その資金確保のため、ZUKANでは収益の一部を研究機関や保護団体に寄付していきます。
それだけでは世界中の生きものを守るための資金としては十分ではありません。そのため、誰でも簡単に研究者や保護団体を支援できるような仕組みを作り、継続的に生きもの界に億単位の寄付が集まるように取り組んでいきます。

ZUKANの原動力は生きもの愛

Trypoxylus dichotomus 千代田和真

これまで多くの研究者、学芸員、写真家、図鑑製作者や生きもの好きの方にお話を伺わせていただきました。そのなかで強く感じたものは「生きものの魅力を多くの人に知ってもらいたい」という熱意や「生きものの状況をなんとかしたい」という切実な想いでした。
そのような情熱をもった方々にZUKANのテストユーザーとして参加してもらい、生きものの観察情報や解説を投稿していただきます。

日本で生まれ育った私たちだから担える役割

日本は亜寒帯から亜熱帯までのさまざまな気候区分を含んでおり、国土の70%を森林が占めています。小笠原諸島や奄美大島、西表島などの自然豊かな環境は、多種多様な生きものを育んできました。

本州にもニホンカモシカやライチョウなど日本の文化を象徴するような生きものが生息しており、日本の固有種は亜種や変種も含めると6,000種類を超えると言われます。その自然の豊かさは世界有数です。

画像7

生きものの絶滅という課題に対する決定的な解決案はどこにも示されていません。 しかし、生きものの特徴や魅力、保護活動などの現実を、より多くの人に、より正確に伝えることができるようになれば、生きものの問題解決に繋がります。
また、生物多様性が豊かな日本に生まれ育った私たちだからこそ、問題解決のためのムーブメントを起こせると信じています。

なぜ僕がZUKANというサービスに取り組むのか

ここで述べてきたようなことをお話すると「なぜ、このサービスをやろうと思ったのですか?」など言われることが多いので、僭越ながら自分自身についても少し書かせていただきます。
僕が小さかった頃、北海道の岩内町に住んでいました。岩内町は海も山も川もある自然豊かな場所です。自宅の玄関前にある敷石をひっくり返してハサミムシを見つけたり、山に入ってトノサマバッタを追いかけたり、秋に大量のサケが川を上ってくる様子を眺めたりしてワクワクした記憶は僕の宝物です。

画像8

そして将来、自分や知人の子どもや孫も、そういった体験をできるような世界であってほしいという気持ちが僕の原動力です。

もう一つ自分を動かす大きな力があります。それは、ZUKANに期待してくれている方々の存在です。
専門家の方々には、時間がないなかアドバイスをいただいたり、執筆の協力をいただいたり、複数回お会いするお時間をいただいたり、素晴らしい方をご紹介していただいたりもしました。今までやろうとしてできなかったことの希望として捉えてくれる方もいらっしゃいます。
そういった方々の想いが、今の自分を突き動かしています。

まずはα版を公開し、機能の追加・改善を行っていきます

ZUKANは必要最低限の機能をもったα版で来月(4月)に公開する予定です。生きものの観察情報や解説を蓄積することからスタートします。

α版の主な機能は以下の4つです。
・自分で見つけた生きものを写真付きで記録できる機能
・記録された生きものの写真を同定(生きものの分類を決める)をする機能
・生きものの解説を画像つきで執筆できる機能
・投稿された内容を調べる機能

ZUKANの写真や解説はどなたでも閲覧することができますが、投稿や同定については会員ユーザーのみができるようにしています。
α版に参加する会員ユーザーは時間があれば生きもの観察にでかけるような生きもの愛が深い方のみです。このnoteで掲載しているすべての写真も会員ユーザーが提供してくれたものを使用しています。

α版では多くても100名の会員数を上限とし、投稿のルールや機能について議論を重ねてブラッシュアップを重ねていきます。
そして彼らと一緒に、コンテンツがより多くの人に閲覧されたり、研究や保護活動の後押しになる未来を創っていきます。

今後、このnoteではZUKANの開発状況や進捗をお伝えしていきますので、フォローいただけると嬉しいです。

ZUKAN初期テストユーザー・協力していただける方を募集します

画像9

ZUKANでは観察投稿・生物の図鑑作成に協力してくださる生きもの愛溢れるメンバーを探しています。野鳥専門、クモのみ、アリのみなど特定の種限定でも大歓迎!

現在は以下のような方々に集まってもらってます。
・日本地図を見ながら、ゲンゴロウが生息していそうなスポットの目星をつけては観察に出かけている
・時間があれば生きもの観察に出かける
・ひたすらカニムシを追いかけている
・虫屋で特にオサムシが好き
・三浦海岸で死滅回遊魚(暖流にのって関東近辺まで来る南の方の綺麗なお魚たち)と戯れている
・生きものの研究のために大学院へ進学する
・好きすぎて撮影した写真をもとに生きもののポスターを作った
・生きものが好きすぎて生きもの研究会で会長をしていた
・独立して生きものアプリの開発や生きものブログを運営している

主にやって頂きたいこと
・観察投稿(カメラに収めた写真と観察情報の投稿)
・同定
・機能やルールの改善アイディアを出してもらう

α版の会員の方とは密にコミュニケーションを取りながら進めたいため、以下の3つを会員になる条件とさせていただいております。
・自然観察や生きものの撮影を目的として年に10回以上出かけている
・隔週開催のオンラインミーティングに参加できる
・会員になる前にZOOMで説明を受けることができる

上記条件で参加を希望される方は以下のフォームよりご連絡ください!
https://forms.gle/wz8LYdfXyNJ6JuoXA
※公開は4月を予定していますが、申し込みをいただければ1両日中に返信させていただき、今後の流れについてご案内差し上げます。

ZUKANの開発メンバーも募集中です!

PC版トップページのイメージ

画像11

こだわりたい機能やデザインがたくさんありますが、手が全く足りていません。
ZUKANでは事業に共感してくれエンジニア、デザイナーの方を募集しています。
エンジニアやデザイナーの方はWantedlyよりご応募いただけるととても嬉しいです!

世界の生き物を絶滅から救え!共に課題解決に挑むPHPエンジニアWANTED
https://www.wantedly.com/projects/429958

生き物の絶滅を全力で止めたい!共感してくれるWEBデザイナーWANTED
https://www.wantedly.com/projects/430023

弊社(株式会社HANABISHI)について
HANABISHI(https://hanabishi.win/)では「みんなのランキング(https://ranking.net/)」というユーザー参加型のランキングプラットフォームも立ち上げ中です!
こちらのサービスでも多くのメンバーを必要としています。Wanetdlyからのご応募、お待ちしております…!

-----------------------------------------------------------------------
参考情報
*1 国際連合広報センター /  国連報告書が世界に「警告」:100万種の生物が絶滅の危機に
https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/33018/
*2 IOC World Bird List
https://www.worldbirdnames.org/
*3 環境省 / 平成20年版 環境/循環型社会白書
https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/h20/html/hj08020601.html
*4 California Academy of Sciences / Eschmeyer's Catalog of Fishes
https://www.calacademy.org/scientists/projects/eschmeyers-catalog-of-fishes
*5 長谷川寿一 / 行動が生み出す生物多様性 
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/15/3/15_3_3_105/_pdf
*6 Science / Decline of the North American avifauna
https://science.sciencemag.org/content/366/6461/120
*7 環境省 / 国際生物多様性の日シンポジウム「生物多様性と食と健康~SDGsを身近に~」の開催について
https://www.env.go.jp/press/106694.html

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます~!嬉しいです!
215
このアカウントでは生きものプラットフォーム「ZUKAN」の開発状況や進捗をお伝えしていきます。4月より完全招待制のα版でテスト運用中。運営:HANABISHI https://hanabishi.win/ 関連サービス:みんなのランキング https://ranking.net/

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 16731本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。