見出し画像

真言密教十三仏真言のチャクラ覚醒効果「序章」象気功

チャクラの覚醒である。

覚醒であるから、目を覚ますわけである。

目を覚ますわけであるから、それまでは眠っているわけである。

眠っているものを無理やりたたき起こすわけである。

無理やりたたき起こすわけであるから、無理なことをするかというとそうでもないのである。

これは眠っているDNAのスイッチを入れるというと分かりやすいかもしれないのである。

ヨーガマニアや密教マニアはよだれを流して喜ぶうれしいテーマであるが、あたしの言うチャクラは身体の各部位という程度の意味である。

まあ、チャクラ自体が部位という意味であるので、ことさら言い立てることでもないが、経穴と言ってもいいし、ツボと言ってもいいし、場所と言っていいし、部分と言ってもいいし、臓器・内蔵と言ってもいいし、まあ、ざっくりと「だいたいその周辺」という意味である。

真言密教の十三仏真言は全身のチャクラに影響を活性化させるために作られたのものである。

ここから先は

2,437字

¥ 200

最後までお読みいただきありがとうございます。象気功は私の実体験によるメソッドです。私の運命が変わったように、あなたの運命は必ず良い方向に変わります。