良いnote書くために参考になる記事

5
記事

【1/19 13時更新】みんなの「渾身のnote」を紹介するnote

自分の想いのすべてを込めた渾身のnoteがあまり読まれないことは、よくあります。自分も何度もありました。

「みんなに読まれているnoteではなく、その人の渾身のnoteが読みたい」

そう思ってTwitterで募集してみました。

じわじわとたくさんの方からnoteを教えていただいているので、少しずつ読んでいこうと思っています(渾身な分だけ読むの時間かかる。。)。

そしてせっかくもらったみなさ

もっとみる
明日もいい日になりますように。
131

noteで読みやすい記事を書くコツ

どうも、プログラマーのざわほげです。本日は、noteで記事を書くことに興味がある人、もしくは始めたけど記事投稿が続かない人に向けて、読みやすい記事を書くためのテクニックとnoteを続ける秘訣を自分なりにまとめます。

 と偉そうな前置きをしてる私ですが、ほんの1ヶ月前に初投稿した新参者です。書き手歴が短い私だからこそ伝えられる新鮮な視点をご紹介できたらと思います。

noteって楽しいよ

 年が

もっとみる
私も好きです!
21

一段階“いい文章”にするための「視点を変える」推敲術

前回のnoteでは、ある程度の分量のまとまった文章を書く上でのちょっとした「コツ」を紹介した。

 が、あえて推敲については触れなかった。というのも、推敲だけで1本書いてみたかったからだ。今回は、僕自身の編集者としての体験的推敲論を書いてみる。

「2つ目の視点」を物理的に作ろう

 推敲とは、説明するまでもなく、「文章を練り直し、よくすること」である。

 編集者は、色々な「書き手」から原稿をい

もっとみる

文才の有無に関係なく、誰でもそれなりに整った文章を書くコツ

文章の書き方に正解はない。

 ただ、ちょっとした「コツ」みたいなものはあると思う。

 僕は会社に入ってから9年間、「週刊文春」と「文藝春秋」の編集部で、文章に携わる仕事をしてきた。

 たかだが10年足らずの経歴で何を偉そうに、と思われる方もいるかもしれないが、最近になってようやく、「文章を書くコツみたいなものがあるのではないか?」ということに気がつき始めた。

 もちろん一流作家のような芸術

もっとみる

衝撃の急逝から10年。フジファブリック志村正彦が「ゆとり世代」の僕らに遺したもの

2010年代最後となるクリスマスイブ、ひとりのミュージシャンの名前がTwitterのトレンドに上がっていた。

 志村正彦、ロックバンド・フジファブリックのボーカル。

 この日は、志村の没後ちょうど10年。2009年12月24日、志村は29歳という若さでこの世を去った。

 志村が急逝した時、僕は大学3年生で、21歳だった。今でもよく覚えている。登録してまもないTwitterのタイムラインで、彼

もっとみる