古賀史健

ライター。バトンズ代表。最新刊『さみしい夜にはペンを持て』。その他『取材・執筆・推敲』…

古賀史健

ライター。バトンズ代表。最新刊『さみしい夜にはペンを持て』。その他『取材・執筆・推敲』『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』『古賀史健がまとめた糸井重里のこと。』『20歳の自分に受けさせたい文章講義』など。週日更新しています。http://www.batons.jp

ウィジェット

  • 商品画像

    さみしい夜にはペンを持て

    古賀 史健
  • 商品画像

    取材・執筆・推敲 書く人の教科書

    古賀 史健
  • 商品画像

    嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

    岸見 一郎,古賀 史健
  • 商品画像

    20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

    古賀 史健

マガジン

  • 古賀史健

    古賀史健の note、2018年以降のぜんぶです。それ以前のものは、まとめ損ねました。

  • #編集 #ライター 記事まとめ

    • 1,593本

    編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。

  • 商品画像

    さみしい夜にはペンを持て

    古賀 史健
  • 商品画像

    取材・執筆・推敲 書く人の教科書

    古賀 史健
  • 商品画像

    嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

    岸見 一郎,古賀 史健
  • 商品画像

    20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

    古賀 史健
  • 「書く人」から「つくる人」へ。 - 『取材・執筆…

最近の記事

  • 固定された記事

『さみしい夜にはペンを持て』刊行のおしらせ。

7月18日(火)、あたらしい本が世に出ます。 タイトルは『さみしい夜にはペンを持て』。ぼくにとってはじめての、中学生に向けた本です。どんな本なのか、どういう意味のタイトルなのか、なぜ中学生に向けてつくったのか。お話ししたいことはたくさんあります。少し長くなるかもしれませんが、お付き合いください。 どんな本なのか本が好きな人ならだれでも、本によって救われた経験があると思います。 ひどく落ち込んでいたとき、あの本に救われた。あの作者の、あのことばが生きる光を与えてくれた。あ

    • キッチンを変える、という考え方。

      休みをいただき、近県の宿にきている。 宿と言ってもロビーやフロントがあったり、朝食や夕食のついている宿ではなくて、ドッグランの併設された一軒家、すなわち貸別荘である。貸別荘ということは、朝昼晩のごはんを自分でこしらえなければならない。そうすると出立にあたってあらかじめ肉や野菜を買い込んで、保冷剤とともにそれをクーラーボックスに詰め込んで、万全の準備を整えたうえで車を走らせることになる。 そして事前に肉や野菜を買い込むということは、事前に献立を決めている、ということでもある

      • 熱いと冷たい、そしてぬるい。

        熱い涙、という言いまわしがある。 たとえば「あふれる熱い涙」とか、「熱い涙が止まらない」とか、「おまえの熱い涙を」みたいな呼びかけだとか。このへんのフレーズ、みんなどこかで耳にしたおぼえがあるんじゃないかと思う。 この「耳にしたおぼえがある」という表現は意図的なもので、小説やエッセイのなかで「熱い涙」に遭遇することは稀である。散文ではなく、もっぱらポピュラーソングの歌詞として流れ落ちるのが「熱い涙」なのである。目にしたことはなくとも、耳にしたことはある。そういうことばなの

        • 書き手にとってのおしゃべりとは。

          おしゃべりのありがたさを考える。 ぼくはライターであり、書くことを職業とする人間だ。実際にいまもこうして、お金にもならない文章をつらつらと書いている。書くことを苦にしないし、むしろ好きだったりする。 そしてどうして書くことが好きなのかと問われた際には、「話すのが苦手だから」と答えたりする。対面するとうまく話せない。緊張のあまり思ったことがことばにできない。家に帰ってから「ああ言えばよかった」「こう言えばよかった」ばかりを考える。それは事実だ。ひとりで書くかぎりにおいては緊

        • 固定された記事

        『さみしい夜にはペンを持て』刊行のおしらせ。

        マガジン

        • 古賀史健
          1,522本
        • #編集 #ライター 記事まとめ
          1,593本

        記事

          正解がない時代って言うけれど。

          まったく知らないことばかりだなあ、と思う。 本を読むとき、新聞を読むとき、報道番組を見るとき、いつも「知らないこと」の多さにあきれかえる。たとえば「税制がこんなふうに変わる」みたいなニュースがあったとして、しかもそれについて「もう知ってるよ」と思っていたとして、解説記事を読めばちゃんとしっかり「ぼんやりとしか知らなかったこと」が書いてある。つまり、知らなかったわけだ。 そして途方に暮れてしまうのは、ぼくにとっての「知らないこと」が、だれかにとっての「知ってること」である点

          正解がない時代って言うけれど。

          「最近の若いもんは」と「わしらの若いころは」。

          いつの時代にも「最近の若いもんは」と語る人はいる。 現在も、20年前も、そして100年前や1000年前にも「最近の若いもん」は、似たような理由で責められている。常識を知らないとか、礼儀がなっていないとか、やる気がないとか、なにを考えているかわからないとか、そういう責められ方を、ずっとしている。 同様に、いつの時代もセットのように語られてきたであろう話が、「わしらが若いころは」である。 「わしらが若いころは、こうだった」「こんなことを考え、こんなふうに生きていた」。「それ

          「最近の若いもんは」と「わしらの若いころは」。

          書いているとしか言えない自分。

          いま、本を書いている。 それが仕事だ。なにも特別なことじゃない。料理人がオムレツをつくるように、漁師がイワシを獲るように、そしてキース・リチャーズがギターを弾くように、ぼくも本を書いている。お互い、そういう仕事に就いているだけの話だ。 しかしぼくの場合、365日の毎日、ずっと本を書いているわけではない。 構想を練るとか、編集者さんと話し合うとか、集めた資料を読み込むとか、取材をするとか、それでまた構想を練りなおすとか、本をつくるにあたってはいろいろなプロセスを経たうえで

          書いているとしか言えない自分。

          鬼よりも悪魔よりも恐ろしいもの。

          日常のなかで「悪魔」ということばは、なかなか使わない。 悪魔を使わないぶん日本人は、「鬼」を使う。むかし話にも多数登場する鬼は、なんとなく日本版の悪魔と言えなくもない。しかし、どうなんだろう。西洋の言語に暗いぼくはよく知らないのだけれど、たとえば「練習の鬼」とか「鬼教官」みたいな用法は、西洋の悪魔にもあるのだろうか。「あいつは練習の悪魔だぜ」「ジーザス、なんて悪魔教官なんだ」なんてことを、あちらの方々は言うのだろうか。……なんとなく、言わない気がする。 そもそも鬼は、「怖

          鬼よりも悪魔よりも恐ろしいもの。

          うどんとラーメンの境界線。

          ラーメンとは、ふしぎな食べものである。 多くの日本人がそうであるように、ぼくにも突然に湧き上がるラーメン欲、みたいなものがある。無性にラーメンが食べたい、なんとしてもラーメンが食べたい、どこのお店でもいいからとりあえずラーメンが食べたい、という欲求である。 そしてこの欲求は、どこのどんなラーメンを食べても最低限は満たされる。すっきりとした醤油ラーメンでも、野菜たっぷりのタンメンでも、濃厚な魚介豚骨でも、シンプルなとんこつでも、どれでも一定のラーメン欲は満たされる。天下一品

          うどんとラーメンの境界線。

          知らないことを知らないと知らないままに。

          知らないことを知らないと言える人になりなさい。 大切なアドバイスである。人はどうしても背伸びをしたがる性質があるものだし、たとえば知っているふりをして聞いたほうが話の腰を折らずに済む、という判断もときにはあるだろう。それでもやはり、正直な「知りません」や「教えてください」を言える人であったほうがいい。これは——少なくとも理屈や理想論としては——多くの方々が納得してくれる話だと思う。 一方で、しかし。 知らないことを知らないと言うには、一定の知性が必要であることもまた、事

          知らないことを知らないと知らないままに。

          「とりあえずnoteを書いてみなよ」

          noteのサービス開始から10年が経ったのだそうだ。 当時のことはよく憶えている。現在のnote社にもちょいちょい顔を出していたし、毎週のように加藤さんと会っていた。今度こんなことをはじめようと思っている。いまこんな本をつくっている。一緒にこんな本をつくろう。そういう話を、会うたびにしていた。 その「毎週会う」のサイクルが途切れたのは、思えばコロナ禍だった。なるほどあそこで途切れてしまった流れって、たくさんあるんだろうな。いまさらのように、そう思う。 そして加藤さん、ご

          「とりあえずnoteを書いてみなよ」

          回らない首で考えるお金の話。

          数日前に寝違えて以来、文字どおりに首が回らなくなった。 「借金で首が回らない」ということばはたぶん、首が回らないほどの重荷を背負っているとか、首を回すほどの余裕もないとか、首を回せば(余計なことをすれば)借金取りに見つかってしまうとか、本来そういう意味なのだと思う。しかしながら実際に首が回らなくなると「ものすごくつらい」し、「つねに緊張状態が続く」し、「ほかとはぜんぜん違う種類の激痛が走る」。なるほど借金もそういうものなのかもしれない。 振り返ると大人になってからのぼくは

          回らない首で考えるお金の話。

          諸行無常とマイブーム。

          中学時代、まったく古文に熱心な生徒ではなかった。 それでも平家物語で知った「諸行無常」と「盛者必衰」というふたつのことばは、なんだかやけに耳に残り、心に残っていた。意味なんて、ほんとうのところではまるでわかっていない。お勉強として暗記した辞書的な「正解」を知っているだけで、腹のところでどっしりわかるには、中学生の自分はあまりに若すぎた。 数年前に、四六時中考えていたこと。十年前に、これは自分のライフワークだと思い定めていたこと。あるいは去年に、これからしばらく追いかけてみ

          諸行無常とマイブーム。

          安静にしなさい、の意味。

          かつてないほど盛大に、首を寝違えた。 目が覚めたとき、最初は頭痛かと思った。 しかし頭痛にしては痛みが局所的で、外傷的だ。頭の内側からずんずんする頭痛とは、痛みの震源地が異なっている。 そして次には、首に「こぶ」ができたのかと思った。イメージとしてはゴルフボールくらい、もしかするとテニスボールくらいの硬い「こぶ」。それが首の左後ろに貼りついている感じが、物理的な違和感が、たしかにあった。けれど、恐る恐る伸ばしてみた手の先には、なにも触れない。首はつるつるであり、「こぶ」

          安静にしなさい、の意味。

          卒業よりもたいへんな入学と入社。

          入学式、入社式のシーズンである。 多くの人がそうであるように、これまでにぼくは小学校、中学校、高校、そして大学で、入学式を経験している。また新卒で入った会社でも、入社式は執りおこなわれた。当時は濃紺のリクルートスーツという概念がまだ定着しておらず、うぐいす色のスーツで参加したことをよく憶えている。福岡県民御用達、「紳士服のフタタ」で購入したぺらぺらのスーツだ。 基本的に入学式や入社式は、知らない人たちに囲まれる場である。そりゃ、中学校の入学式であれば同じ小学校の生徒もたく

          卒業よりもたいへんな入学と入社。

          忘れてなかった顔と名前。

          もの忘れの激しい人間である。 名刺交換をした相手はおろか、一緒にお酒を飲んでたのしくしゃべったはずの人、なんなら一緒に仕事をした人の顔や名前さえ、忘れることがある。とくに最近多いのは、直接に対面した際、ソーシャルメディア上のアイコンは浮かぶものの名前が出てこない、というパターンだ。まったく失礼な男だと自分でも思うし、どうにかして改めたい。 先日、新聞のとある経済記事を読んでいた。読んでいたと言うよりも、目を通していた、と言ったほうが正しい。企業の買収だったか、合弁会社の設

          忘れてなかった顔と名前。