飛び越えて
見出し画像

飛び越えて

Yusuge

どうも、Yusugeでございます。

本日はMASHING UPからリープフロッグについて取り上げる。

リープフロッグとは、文字通りカエルが飛ぶように、発展途上国がテクノロジーの力で先進国を飛び越える現象である。
その主役に名乗りをあげているのが、アフリカである。

例えば、ケニアではM-PESAと呼ばれるモバイル決済が爆発的に普及している。
取引額が年間5兆円で、ケニアのGDPの半分に相当する。
日本のような先進国では、銀行やクレジットカードを使った決済が当たり前であるが、ケニアでの普及率はそれぞれわずか20%、5%である。
このように、従来のインフラを飛び越えて、新たな経済基盤が生まれている。

また、アフリカは豊富な自然と資源、経済共同体、モノ・ヒトの移動の自由も他の大陸では見られない魅力となっている。
そして、アフリカ特有のファッション、アート、音楽といったクリエイティブなものまでリープフロッグが起こる可能性を秘めている。

持たざるものが強者になるのは決して珍しいことではなく、20年前の中国、15年前の東南アジア、10年前のインドも同様の動きが見られた。
果たして、このアフリカの経済発展から何を学ぶべきか?

このセッションでも言われていたが、やはり過去から学ぶに尽きる。
現在という点から未来を見るのではなく、過去から現在までの線で見ることで、未来を先回りすることができるのかもしれない。

わたしもリープフロッグ目指して、過去からのヒントを得よう。

それでは。

この記事が参加している募集

SDGsへの向き合い方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
最後まで見ていただき感謝いたします!
Yusuge
サステナビリティなモノづくりのあり方とは何か日々問い続けています。経営戦略に携わっています。