マガジンのカバー画像

商品画像作成

16
商品画像・ECサイト・デザインについてのあれこれ。 パソコン操作やPhotoshop/Illustratorの操作についても。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

ECモールvs自社EC 商品画像の違い

ECモールと自社ECサイトの商品画像は、目的もデザインも違うことをご存じですか? 今まで複数…

「毛のフワフワ」をお手軽×キレイに切り抜けるツールを比較

商品画像を作るための加工作業で頻発するのが「写真の切り抜き」。 最近はAI機能が搭載された…

htmlコーディングをやめた3つの理由

私は今、画像と動画を作る仕事に特化していますが、2022年までは仕事の一環でコーディングを伴…

「洗練されたデザイン」を作るために添削を受けました

最近、自分が作った商品画像の客観的な意見をもらうため、Web系・印刷系それぞれで私よりデザ…

ビールを売り続けて知った「商品の品質より伝えるべきこと」

店頭で推奨販売(大手メーカーの新商品や主力商品の店頭販促)の仕事をしていた時のこと。ある…

Photoshopに加わった生成AI機能。商品画像にどう活用できる?

Photoshopに商用OKな生成AI機能「生成塗りつぶし」「生成拡張」が加わったので、早速バージョ…

スラスラ読みやすい商品説明文を書くために心がけていること

今まで商品画像の加工のことを中心に書いてきましたが、今回は画像の中に配置する説明文を読みやすくするために心がけているポイントをまとめました。 私の中のテーマは「すき間時間にスマホで見ても記憶に残る」です。 作った商品画像はすべてスマホでチェックしていて、その観点からこんな点に気を付けています。 短い説明文にする商品説明の中でわかりやすいものに例えられるものは、図や写真に置き換えることを優先して、文章はなるべく短くなるようにしています。 ビジュアルの方が文章の何倍も情報を伝

デザイン参考用の画像ファイルを見やすく保管する方法

前回、長いページをスクショするのに便利なツールを紹介しました。 今回は、画像ファイルを取…

長いWebページを一気にスクショする方法

制作の仕事をしていると「参考にしたいWebページをフルページで保存したい!」と思うことはあ…

コピペだけでレビューを可視化するツール

自社、または他社の商品レビューや店舗レビューを、詳しく分析するほどでもないけど課題点やニ…

商品写真にAIの背景を合成できる「フォトグラファーAI」を使った感想

2023年7月に、EC事業者向け商品写真自動生成サービス「フォトグラファーAI」いうサービスがリ…

時短|Photoshopで瞬時に文字間を整える方法

私が商品画像を作る仕事を始めたばかりのころ、画像に配置した文字のすき間を調整するのに時間…

時短 | 画像の中の文字をパッとテキスト化する方法

「画像の中の文字をテキストに変換したい」という時ありませんか? そんな時、画像を見ながら…

時短 | フォトショ・イラレ操作で何を自動化する?

PhotoshopやIllustratorの操作を自動化してくれる「アクション」機能。 たくさんの制作している方なら、存在くらいは知っているのではないでしょうか。 でも、何を登録したら作業がラクになるのかが肝心なところ。 制作する物によって変わってくると思うので、正解はないかもしれませんが、商品画像作成をメインで行っている私が登録しているアクションはこんな感じになっています。 回転、拡大縮小、反転、線を引くなど、基本操作が多めです。 登録しているアクションに共通するポイン