見出し画像

星とたたずむ鳥居。

久しぶりに星を撮りに行きました。

夏の大三角


準備して撮りに行くのは5月以来かな。

下見がてらに夕方前から現地にいたので、それらの写真をぱらぱらと貼ります。

他所のお子さん。シルエットになっていいと思いましたが、撮影の邪魔になるからこっち来なさいと親御さんに呼ばれ行ってしまいました。

減光フィルターは16と400持っていますが、買ったはいいものの中々活用出来ていませんでした。
使い方は違うけど一応活用してみました。

そして夜へ。

長秒でシャッターあけると飛行機がバンバン写り込んでくるので、ISO感度上げたり、タイミング待ったり色々とトライ。

他の撮影される方が暗闇の中何人かみえましたが、写り込まないよう気をつけて行動していました。
本当は鳥居の下付近からローアングルで天頂を仰ぎ撮りたかったのですが、あきらかな迷惑行為になるため断念。
波と岩はまさに“動と静”。
日中でもこういう写真撮るために減光フィルターあるのは知ってはいるのですが、なかなか行動にうつせません。

愛知でわりと有名なスポットみたいで入れ替わり沢山の方が観光したり、写真撮影したりしていました。

雲は空の3割ほどあり、飛行機有り、付近の車道からライトあり、そこまで真っ暗ではありませんでしたが、いい感じに潮がひいてくれて久し振りに撮影を楽しめました。

今回はEOS M6にTOKINA 11-20㎜とEFーM 15ー45㎜を持っていきましたが、ほぼ11ー20㎜の使用でした。
15ー45㎜はフィルターのみの活躍でした。

ちなみに最後、スマホのマニュアル操作でも撮影してみました。

手持ちで、シャッタースピード1秒、ISO感度3200、F値はたぶん2かその辺り。

シャッタースピードが伸びれば、三脚固定して撮れそうな気がします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

明日のラッキーアイテムは“毛布”です。
11
自分の為に、将来の自分の為に、自分の記録を残します。

コメント5件

昔使っていた標準域のレンズでは、夏の大三角がなんとか入るくらいでしたが、流石広角レンズだと余裕の収まりです。
最長でも30秒間までしかシャッターあけませんでしたが、撮影中ワクワクして楽しかったです。〓撮影後記〓
美しいショットの数々、ありがとうございます‼️
有難うございます。
海辺で星を撮るの初めてだったので、それ自体も楽しかったです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。