見出し画像

2月が終わりではじまりだった

 
 
 
 2月も中旬に差し掛かった仕事上がり。落ち込む気持ちが米俵のように肩に食い込み、身体まで重くする。

「はぁ~……」

 世間ではバレンタインも間近だと言うのに。

『バレンタインは、新しい彼氏にチョコあげたいから』

 ほんの数日前、彼女だった彼女──ヘンな言い方だが──から、いきなりそう宣告され、あっさりフラれた。

 池山智之(いけやまともゆき)32歳、男。

 付き合って1年。結婚を視野に入れ始めた矢先の、青天の霹靂的な出来事に眩暈すらしそうな寒空の下。

「何がいけなかったんだろうか……」

 うまくいってる、と思っていたのは自分だけだったらしい。あまりの温度差が身にしみる。しかも、『新しい彼氏とバレンタインを過ごす』と言うことは、ぼくは相当な間、彼女の心変わりに気づいていなかったのだ。

「はぁ~……」

 もう、ため息しか出て来なかった。──と、その時。

「落としましたよ?」

 突然、背後から女性の声。振り返ると、髪の長い女性が、ぼくがいつの間にか落としていた(らしい)小さな箱を差し出している。

「……あ……!」

 彼女にプレゼントしようと、プロポーズしようと考えながら買ったもの。今となっては、あの恥ずかしいまでに真剣に選んでいた時間が、幻であってさえ欲しくなる。

「……す、すみません……ありがとうございます……」

 歳の頃は30歳くらいだろうか。抜群とは言わずとも綺麗な人だ。……失礼な言い方かも知れないが。

「大事なものなんじゃないですか?大切に扱わないと、お相手の方に通じてしまいますよ」

 そう言って、その女性は微笑みながら踵を返した。

「……もう必要ないけど……」

 気づいたら声に出してしまっていた。消え入りそうに小さい声だったけど。だけど、それでも彼女には聞こえてしまったらしく、足を止めてゆっくりと振り返った。

(……しまった……)

 後悔したけど、もう遅い。聞こえてしまったのだ。

(……気まずい……)

 ぼくの顔を見上げる視線を感じ、どうしていいやらわからずに目が泳ぐ。

「……あ、や……その……」

 しどろもどろで、別にする必要のない言い訳を考えている自分がナサケナイ……。

「……場合によっては、返品される、と言う手段も使えるかも知れませんよ。……指輪には罪はありませんからね。御縁は他にあるかも……」

「……えっ……?」

 驚くぼくに軽く会釈し、彼女は再び踵を返すと去って行った。

 (……どうして中身が指輪だってわかったんだろう……?)

 ……いや、不思議に思うのはぼくだけで、見る人が見れば、この大きさや包みで想像はついてしまうものかも知れない。ぼくが疎いだけで、見るからに、なのかも知れないし。

(……物に罪はない……か……)

 中身がバレた云々より、確かにその通りだと思った。

 お金云々の問題じゃない。ぼくじゃない誰かに買ってもらえれば、この指輪だって、きっと喜ばれて大切にされたんだ。そう考えると、捨ててしまおう、と言う気持ちにブレーキがかかる。

 ……もちろん、返品された物なんて縁起悪いと思う人もいるだろうけど。

(……一応、明日にでも、返せるかどうかだけでも訊いてみよう)

 物は試し、だ。

 翌日、ぼくは恐る恐る指輪を買ったお店の扉を開けた。

 ……カップルしかいない。いや、ひとりの人も少しはいるか……。買うために入る時は、恥ずかしいながら決死の思いだったから、あまり良く覚えていない。

「いらっしゃいませ。どのような物をお探しですか?」

 お店の人に声をかけられ、焦る。一体、何と言って切り出せばいいのか。決意して来たワリに弱腰な自分。

「……あ、いえ……とりあえずちょっと見させて戴いて……」

 ……情けない逃げ口上。

「ごゆっくりご覧ください」

 遠ざかって行く店員の気配。その間に、店内を見るフリをしながら、必死に出だしを考える。

 どうしよう。

 どうしたら。

 どうなるの。

 ……変な三段活用みたいだ。だけど、こうしていても時間は着々と過ぎて行く。いい加減、切り出さなければ──と、その時。

「ご用件、承ります」

 突然、かけられた声にビビる。

「……あの……あ、や、別に……」

「交換やサイズのお直し、ご返品などはこちらで承りますが?」

(えっ!返品も!?)

 思わず店員さんの方に目を向けた。何でわかってしまったのか……いや、ぼくからそんなマイナスな空気が放出されてしまっていたのか!?不安な気持ちで顔を見た瞬間。

(……えっ……?)

 立っている店員さんには見覚えがあった。

 確か、ぼくが必死の形相で選んでいる時に、担当してくれていた人だ。かなりの長時間、商品と睨めっこするぼくを、辛抱強く待ってくれ、そしてアドバイスをくれた人。

 その時のことは、ほとんど覚えていないのに、最後に包みを渡してくれた時の笑顔が優しくて、それだけは記憶に残っていた。

(……それじゃあ、返品ってバレるはずだよなぁ……)

 どうにも気まずい。そんなぼくの心の中を読んだのか、その人は「こちらにどうぞ」とカウンターの椅子に促してくれた。

「先日、指輪をお買い求めくださったお客様ですね」

「……はい……すみません……こんなこと……」

 その人は首を振る。

「いいえ。捨てたりしないでくださって良かったです。指輪には罪はありませんから」

 聞き覚えのあるセリフに、ぼくの中で時間が止まった気がした。俯いていた顔をゆっくり上げる。

「……お箱代はご返金出来ませんが……」

 手続きの書類を見ながら静かに言うその人の顔を、ぼくは食い入るように見つめた。見覚えがあるのは、それだけじゃない。

(髪の毛アップにしてるけど……制服着てるけど……でも、この人は……)

 視線を感じたのか、目線を上げたその人は、驚きでマヌケ面のぼくにニッコリと笑いかけた。

「きっと、御縁のある指輪は他の子なんですよ」

 ……昨日、指輪を拾ってくれた人だ!

「……はい」

 口から素直に返事が出た。この人が言うと、何だか本当にそんな気がしたから。

 彼女とはあっさりと終わってしまったけれど、何かがはじまる予感……まあ、予感だけだけど(撃沈予感)。

 ちなみに、実はこの人がぼくより4歳上だと言うことを知るのは、もう少し後の話。
 
 
 
 
 
 
〜おしまい〜
 
 
 
 
 
*****
 
〔朗読してくださった方〕
ちびまゆさん → ちびまゆさんの朗読
 
 
 
 
 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

そのスキ♡返さないぜ?♡
35
ヘッダーは鶏三昧さん♪  一斗樽でも足りない妄想像と小匙半量のエセ理性で出来てます。  目次→ https://note.mu/yuurin/n/nc720b801f541  プロフィールらしき何か→  https://note.mu/yuurin/n/n83e6f527c114

この記事が入っているマガジン

コメント (23)
ほんとだぉ!昨晩の内にリハは何度か出来てイメージは固まったんで 本ちゃん録ったりBGMの調整を今日帰宅したら頑張るお!!!
脳内☆正座待機!(((o(^▽^)o)))
しすたァーーーー! お待たせしますたァ!!! がんばっただおーーー!
https://note.mu/chibimayu/n/n2b9ac60d7480
for you💕
シスタァァァー!
すぐに伺うだおーーーーー!❤️❤️❤️❤️❤️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。