中込遊里(演出家/鮭スペアレ/演劇ネットワークぱちぱち)

演出家。音楽劇・鮭スペアレ代表。一般社団法人AsoVo代表理事。「演劇ネットワークぱちぱち」ディレクター。東京都立川市在住。6才女児の母。noteで、エッセイの他に、赤裸々な日記を書くことにしました。

中込遊里(演出家/鮭スペアレ/演劇ネットワークぱちぱち)

演出家。音楽劇・鮭スペアレ代表。一般社団法人AsoVo代表理事。「演劇ネットワークぱちぱち」ディレクター。東京都立川市在住。6才女児の母。noteで、エッセイの他に、赤裸々な日記を書くことにしました。

    マガジン

    最近の記事

    2022_0212Sat

    「きょうげんあそび(幼児向け演劇)」の台本作成会議。アキナとまゆがとてもやる気になっていて、頼もしい。 若い人たちと演劇の場で付き合い始めて6年目になる。二人と話していて、そうか、若い人たちが、今年からは本格的にチームになっていくんだな、と、少し覚悟を決めた。そして、私はそれをコーディネイトしていくのだ。 来年度の計画をぐるぐる考えている。予算を立て事業計画を立てること、私はあまり向いていないんだな、と思う。向いていなくても、やる気はあり、楽しいので、やる。

    スキ
    3
      • 2022_0211Fri

        午前中は、高校演劇部に指導に行った。「外部指導員」という職名なので指導と表現はするが、実際のところなにを私はしてるんだろう? 今日は活動計画について、諸所の行違いにつき、高校生たちをポカーンとさせてしまった。あぁ、やってしまった、と、反省。私の生まれつきの思い込みと暴走の性質は、たいていの場合、行きつく先は成功が多いのだが(と思っているけど大丈夫かしら)、もっとたいていの場合(変な日本語!)空回りで「空気読めない」と判断される恥を抱えている。 午後は自宅で仕事。夜はぱちぱ

        スキ
        3
        • 2022_0210Thu

          「東京も警報級の大雪に」に身構えていたのに、拍子抜けのみぞれ混じりの雨だった。 しかし、そのおかげで、パスポートも受け取りに出かけられて安堵した。(ほんとうに海外公演を果たせると良いのだが!) 荻山さんと一緒にぱちぱちの仕事。資料作成、ホームページの記事作成、コンテンツ整理、プラットフォームの使用方法案出し、など。 荻山さんの文章が相変わらず狂っていて、それをあーだこーだ言いながら直す過程で、二人で爆笑した。別件できゃたに電話して、とあるパスワードを設定する過程で、電話

          スキ
          1
          • 2022_0209Wed

            午前中、演劇ネットワークぱちぱちのオンラインミーティングが2つあった。 ひとつは、来月上演する予定の、幼児向け演劇「きょうげんあそび」。もうひとつは、広報および「書くこと伝えること」について演劇ライターの河野桃子さんと話そうの会。 ぱちぱちを正式に立ち上げたのが9月。1日、1時間、1分がとても大切で、新鮮。具体的に人が繋がっていき、その繋がりは血管のごとく張り巡り、血が通っていく。 私と荻山さんと楽さんだけだった、2018年。

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 2022_0208Tue

              月経のために、なにをしていても収まりが悪く、頭が働きにくい。 今週勝負であらゆることを、と計画しているので、気ばかり焦って、ため息に沈む。 30分の昼寝の効果は一時間弱しか保たず、また集中は途切れて横になる。 ええい、休もう、と思える勇気がないんだなあ、と、変にしみじみとする。 とはいえ、夕方からは演劇部指導には行けたし、できたこともたくさんあるのだから、落ち込むこともない。

              スキ
              1
              • 2022_0207Mon

                演劇ネットワークぱちぱちの、幼児向け演劇公演「きょうげんあそび」新しいチームでオンライン稽古。3/2上演予定。アキナとまゆたそが頼もしい。 午後は某高校の演劇部に行く。帰りに、一緒になった若尾くんと、「中高生と創るシェイクスピア劇」の今後について話す。ぼくだったらこうする…という案がとてもよくって、いろいろと感動した。長年同じ時間を過ごすことで見えてきたものがある。 アツく語っていると、たまたま電車の乗り換えで、「中高生と創るシェイクスピア劇」で出会って今ぱちぱちも一緒に

                スキ
                1
                • 2022_0206Sun

                  感染拡大が続いて、実家がピリついている。また、娘が小学校に上がる変化があり、かつ、劇団も多忙が重なるこの春は、私自身が疲れをためないようにすることでしか乗り切れない。と判断して、2月は積極的に休もうと急に思い当たった日曜だったので、いつもは実家に預けて仕事をしているところを、娘と過ごすことにした。 鮭スペアレが稽古場としてお世話になっている立川市子ども未来センターには、「まんがパーク」という営利を目的としないマンガ喫茶がある。読書好きの人がいけば、天国とはまさにこのこと…と

                  スキ
                  2
                  • 2022_0205Sat

                    楽さんと荻山さんとの月1ミーティング。来年度の財団の予算がそろそろ決定するので、バタバタと、来年度のぱちぱちの事業計画・予算立てをする。そういう時期。 鮭スペアレの東京公演の日程も正式に決まり、5月は大変なことになると予感。しかし、何事も楽天的に考えよう。正解のないこの世。なにか正解があるかのようにふるまうと苦しくなる。

                    • 2022_0204Fri

                      イタリア文化会館にアクセス。結果、条件合わず、見送る形となったが、ただこれだけでイタリアが少し身近に感じられるのであった。 果たして5月に、イタリア公演はかなうだろうか?コロナウイルス次第。 定例の、アートネットワークジャパン理事長さんとのミーティング。そのあと、報告書を立川の財団に出しに行き、えらくすっきりした。ついでに、荻山さんと一緒に少し働いた。

                      • 2022_0203Thu

                        焦ることは、人を不快にさせるばかりでなににもならない。 スピードを求めることと焦ることは一致しなくて、「急がば回れ」の慣用句通り、焦って近道をしようとするとむしろ遠回りになる。何度も体験して知っている。 正解のないこの世に生きながら、正解を求めたり、幻の完璧・完全・完成を目指すから、いよいよ求めている豊かさから遠く、苦しくなるのだ。

                        • 2022_0202Wed

                          仕事で20時45分くらいに帰宅すると、夫と娘が録画した金曜ロードショーの「千と千尋の神隠し」をコタツで見ている。 保育園帰りの荷物は床に転がっていて、お風呂も夕飯もこれからだと言う。遊んでたから、だそうだ。 憎らしくて、殻に閉じこもった。 私のことが好きで仕方ない娘は、ママに話しかけると無視されそう、なので、パパと積極的に話している珍しい夜だった。 「千と千尋の神隠し」は、私がジブリ作品で一番好きなので、血のつながりを感じる。

                          • 2022_0201Tue

                            生きるとは、出し入れすることだと思う。 睡眠時間を大切にしたい私の、短き制限時間の中での皿洗い、洗濯、ごみ捨ての日々に、くたびれたな、追い立てられるな、と息をつく。 家事のすべては、出し、使い、汚れ、洗い、入れ、使うために出し、の繰り返し。家事のみならず、命を繋ぐためには、食べ物や酸素や精子を入れ、形を変えて出し、の繰り返し。 今日は、急きょオンラインに切り替えての劇団のミーティング。娘が春から通う小学校の保護者会には、昨日の施術で少しは復活した夫が行ってきてくれた。体

                            スキ
                            1
                            • 2022_0131Mon

                              夫が腰痛でちょっと動くたびに絶叫している。うるさい。 (冷たくも)うるさい、と言うと、「話しかけないで、なかごめさん(夫には旧姓で呼ばれている)の声を聞くと余計痛くなる」と言われる。 馴染みになって10年ちょっとの甘えによる煩さなのだろう。夫婦とはそういうものなのだと思う。 とはいえ、狭い家でのいててでででの絶叫には耐えかね、また、やはり情があるので心配で、お世話になっている整体の先生に連絡したところ、即駆けつけてくれた。魔法の90分を過ごした夫にいたく感謝された。

                              • 2022_0130Sun

                                ダンスレッスンに行こうと思って確保していた日曜だが、感染が多いのと、仕事が建て込んできたので、行くのを止して、自宅の近くの町をうろうろして働いた。 夜は、八王子車人形✕学生のイベントで、学園都市センターに行った。 八王子財団の顔見知りの職員のみなさんと挨拶しながら、「中込さん、家元の舞台見たことありますか?ほんとうに、人形が生きてるみたいなんです」と複数の方に言われて、あぁ、八王子車人形は、愛されてるんだな、と思った。

                                • 2022_0129Fri

                                  最近の「演劇ネットワークぱちぱち」は、ライターの河野桃子さんが力になってくれている。 河野さんが出してくれたアイデアに、荻山さんが刺戟を受けて、豊かなアイデアの出た今日だった。ぱちぱちのみんなやAsoVoのみんなに話すのが楽しみ。 演劇のためだけの演劇の場にならないように、偏らないように、階層なくフラットでいられるように。柔らかく、温かく、手触りの感じさせる場であるように。 ところで、私の不慣れなエクセルの資料を荻山さんに作ってもらったお礼に、好物だという柿の種(オーケ

                                  スキ
                                  1
                                  • 2022_0128Fri

                                    劇団の海外公演に向けて、音楽監督をお願いする方とオンラインミーティング。鮭スペアレの音楽を10年間担ってきた五十部とは一度離れることにしたので、これからは狭く深くではなく、たくさんの優れた方と出会いたいと思う。その最初の公演が海外とは、縁起がよい。 世界は広い。一生は短い。 短いからこそ、毎日が新しくて愛おしい。

                                    スキ
                                    1