見出し画像

迷うと言うことは進んでいることだと思っているよの話①

こんにちは。今日もお疲れ様です。本当にお疲れ様です。

はじめに。添付画像は、お借りしました。

とっっても素敵で、ありがとうございます。

さてさて。本日は、ショートエピソード1&2となっております。(エピソード1の発展形がエピソード2のようなイメージです。)

「迷う」のと「決める」のは繋がっているなーという話。

ワタシは比較的、決めるのが早いです。即決タイプ。ですが、最近になって気がついたことがあるのです。

早くない。遅いのではなくて、早くない方なんです。理由は「準備8割 本番2割」という言葉がワタシの中でしっくり来ています。何かを決める時や何かを選ぶ時。

準備8割⇒(特に他人が気づくリアクションはなく)脳内で処理している。

本番2割⇒行動する(買う・決める・食べるetc...)

結局のところ「早く見えてしまう」為、即決型と言われるのならばまだ良い。ろくに考えていないんでしょう?という内容のワードをいただいたことがあります。今となれば大変ありがたいワード。

まず、自分と異なる思考を持っている人がいることを教えてくれ、「言われた相手の事」ではなく、「自分の今を否定しないため」に言葉を放つ人種も居るということを学びました。(初めて言われた若かれし頃は、ちゃんと悲しかったなー。)本当に実感していることは【反面教師】という言葉は現実です。

今なら、、言える(思える)ようになった。その気持ちは、誰かが言っていた『Thank You. but  Mind Your own Business♡』 という言葉です。

訳すると、『ありがとう。でも自分の事を気にしてね♡』

もっと分かりやすくすると、余計なお世話です。です。

もうご承知かと思いますが、オフィシャルな文章では無いようなので、心の中で言ってます、ワタシったら。

しかも、日本語ではなく英文の伝わり方の程度がまた丁度いい。

そして、ここでまた登場するのが【反面教師】という言葉です。

こんな経験から、逆に迷って決められない人の気持ちが分かるようになりました。スパッと決められる人もいるんだから、そりゃ迷う人もいるよね。といったニュアンスです。

なので、気持ちが分かるというよりも、「そういう人だっているよね。」と共感できることが増えてきたような感じです。少しずつ。

そんな迷っている人から、どうしたらいい?と聞かれた時にワタシが相手にしている質問のお話。「決めること」を見つけるワタシなりの方法。

少し長くなったエピソード1の次、エピソード2の始まりは次のnoteで伝えてみよう。そうしよう。うんうん。




ではまた。


この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご覧くださりありがとうございます*
1
この度は数あるnoteの中からこちらに目をとめてくださり貴重なお時間を割いていただきありがとうございます。 ※画像お借りしております素敵&感謝☺︎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。