Yutaka Hirata

平田豊ひらたゆたか/神戸大学工学部情報知能工学科を卒業後、日本電気株式会社に入社。ハードウェア部門にて20年勤務して退職後、独立起業/YOULAB(ユウラボ)代表。事業内容は組み込みソフトウェア開発、市販書籍執筆、市販書籍の企画および編集。

Yutaka Hirata

平田豊ひらたゆたか/神戸大学工学部情報知能工学科を卒業後、日本電気株式会社に入社。ハードウェア部門にて20年勤務して退職後、独立起業/YOULAB(ユウラボ)代表。事業内容は組み込みソフトウェア開発、市販書籍執筆、市販書籍の企画および編集。

    最近の記事

    Twitterコミュニティをつくってみた

    Twitterにコミュニティ機能が実装されたので、さっそく私も作ってみました。 https://twitter.com/i/communities/1497410163623411712 コミュニティってどんなもの?・mixiのコミュニティみたいな感じ(若い人には通じないかも) ・Twitterアカウントがないと閲覧できないのでSNSっぽい ・参加者しか書き込めないので、FF外からの荒らしを防げる。 ・参加していなくとも引用ツイートはできる(完全なクローズドではない)。

    スキ
    5
      • 26冊目の本が9月末に発売予定です!

        まんがびとさんから「技術書のつくり方」という書籍が発売されます。電子書籍とオンデマンド(Amazon POD)での販売形態となります。 技術書(コンピュータ書籍)を書きたいと思って、運良く書くようになってから20年になりました。時が経つのははやいですね。 今回の本を書こうと思ったのは、ある2冊の本を読んだことがきっかけです。 まずは、貴志祐介先生が書いた小説の書き方の本。 次に、松岡圭祐先生による小説の書き方の本。松岡圭祐先生の作品はまだ読んだことがないので、近々読む

        スキ
        1
        • 私が書いた本をどんな人に読んでもらいたいのかを紹介します

          「ゆたかさんの著書がたくさんあるので、どれを買ったらよいのかわからないという人がたくさんいる。各々の本についてまとまって紹介してほしい」というご意見をいただきました。 なるほど! その視点はありませんでしたので、現在発売中の本について紹介していきたいと思います。なお、ここに挙げていない本はすでに絶版になっているものです。また、技術書(コンピュータ書籍)ではない本は対象外としました。 Linuxデバイスドライバの開発 C言語の文法は一通り理解していて、アプリケーション(

          スキ
          12
          • 25冊目となる本が8月末に発売となります

            2001年に初めての著書を出してから、今年で20年。通算25冊目となる書き下ろし書籍が8月下旬に発売予定です。 カバー全体はいかのとおりです。 工学社さんの紹介ページは以下になります。 技術書(コンピュータ書籍)を作るのに、だいたい1年近くはかかりますね。年取ってくると、だんだんしんどくなってきました。 もともと、2020年10月にWSL2の本が書けないかと、出版社からオファーがあり、そんな本は書けないよと断ったのですが、代わりに自分が書きたいと思う本の企画書を作って

            スキ
            7
            • 26冊目の本が9月末に発売予定です!

              スキ
              1
              11か月前
              • 私が書いた本をどんな人に読んでもらいたいのかを紹介します

                スキ
                12
                11か月前
                • 25冊目となる本が8月末に発売となります

                  スキ
                  7
                  • メンタル強い人が偉くなるのがベストプラクティス

                    40代で管理職なら、責任ある立場なので、叱責されることには慣れないとダメです。 問題起こしたら客先に謝罪しに行かないといけないこともあるわけですし、お客様から叱責されたので死にました、じゃあ笑えないですよね。 私もよくなぜなぜ分析6時間コースで絞られていました。同席していた上司がうつになって死んだりしないか、ハラハラしていました。こういう場には、メンタル弱い人は出せないので、表には出さないように配慮していました。精神疾病になって会社に来なくなるから。 どうぞ、メンタルが

                    スキ
                    1
                    • Tera Term 4.106のRC版を公開しました

                      v4.106の正式版は近日中にリリース予定です。v4.105のリリースが2019年末でしたので、前回から1年半ぶりとなります。 以前は年4回リリースをしていましたが、間が空いてしまったのは、あれやこれやあったからです。善意でやっているOSS開発に対して嫌がらせをする人たちがいるんですよね。妬みと僻み。批判や中傷以外にも脅迫めいたものもありました。 さて、リリース作業は結構負担が大きいので、今回は複数人で手分けしてやっています。今回、私はビルド作業までで、以降の作業は別の方

                      スキ
                      4
                      • 月刊I/Oに記事を書きました

                        一年ぶりに月刊I/O(工学社)に記事を書きました。見本誌も届きました。 実は一年前に原稿を提出していたのですが、編集者さんが掲載するのを忘れていたようです。古い原稿なので、一部手直しをかけて、今回掲載となりました。 最近では、雑誌の原稿を書ける人がめっきり減ったそうで、「お金もらっても書きたくない」という人もいるそうです。ブログと違って、商業誌となると敷居が高いのかも。 月刊I/Oは5月18日発売です。

                        スキ
                        6
                        • 信頼は何年もかけてコツコツ積み上げていくもの、失うときは一瞬。だから、信頼こそすべて。

                          信頼を得るには長い年月がかかるものです。そして、信頼を失うときは一気にゼロになります。一度、失った信頼をふたたび取り戻すには大変な努力が必要です。こんなの、一般常識なので、あえて言うまでもないことです。 さて、ネットや職場などで他人の悪口を言ったり、陰口を叩いたり、批判や中傷するということについて。公然と信頼を下げる行為なので、その目的は人間関係の破壊になります。 相手とつながりがない場合相手と接点がない場合、たとえば政治家や芸能人、作家、スポーツ選手、コロナウィルス感染

                          • 謝罪もできないオトナたち

                            誹謗中傷問題についていろいろ聞かれることが多いです。トレンドだからでしょうかね。 私に対して批判や中傷していた人たちからは、謝罪の言葉をいただいています。謝罪するために金沢まで来ていただいて、直接対面で話をした方もいます。どんな形であれ、みなさまの気持ちは当方まで届いております。 問題なのは、謝罪を一切しないどころか、いつまでも批判や中傷を繰り返している人たちです。もはや、人間の○○かと。この手の人間は、一切相手にしないのがよさそうです。 いずれにしても、いたった経緯や

                            スキ
                            19
                            • ○○ビジネスをやりたい人はアンチをスルーするのが定石。

                              最近は、YouTuberやオンラインサロンなどのネットビジネスが流行りです。一般人でも手軽に始められるので、副業としても人気。いわゆるインフルエンサービジネス。 この手のビジネスはイメージが売りなので、一般人でも芸能人と同様にクリーンなイメージ(偶像)を作り上げる必要があります。インフルエンサーのほとんどの方が「アンチはスルーするべし」と言っているのは、自身のイメージを壊さないためです。 いちいち、誹謗中傷に対して訴訟するとかしていたら、「なんかコワイ」というイメージがつ

                              スキ
                              7
                              • わたしがRTやいいねをしなくなった理由

                                SNSの使い方も年々変わっていっています。 RTをしないワケ誰かのツイートをRTした結果、バズって炎上して、発信者がうつになって死なれても困るからです。特に、フォロワー数が多い状態でのRTは名誉毀損と見なされることがあるので気を遣っています。厳選して吟味した上でRTすることはあります。 私はSNSで誰かを個人攻撃する、公然と信頼を下げるといった使い方をしたいわけではないのです。 別件ですが、しばしば「わたしのツイートをRTしてほしい」という依頼が来るのですが、そういうの

                                スキ
                                3
                                • プログラミングが好きでIT業界に入ったわたしがプログラミングから離れるようになるまでの幾星霜。

                                  高校生の時に課外授業ではじめてパソコンに触って、プログラミングの楽しさを知ってから、大学時代も含めて学生の頃はプログラミングにのめり込んでいました。バリバリとプログラミングをやりたくて、IT業界にはいりました。私は就職氷河期で、かつ最終学歴が院卒(マスター)ではないのに、よく内定がもらえたものです。 業務開発での違和感ハードウェア部門に配属となったこともあり、ソフトウェアというよりかはハードウェア寄りな仕事でしたが、いまでいう組み込み開発です。 単なる世間知らずなだけだっ

                                  スキ
                                  15
                                  • まんがびとさんから出している本が売れています!コンスタントに。

                                    まんがびとさんから出している本で、3月の売上速報がでてきました。世間はコロナ禍で景気が悪いのに、どの本も結構売れているようです。 では、どの本が一番売れたのでしょう? 勝手にランキングしてみることにします。 第3位まんがびとさんの枠を越えて、私の著書の中でもベストセラーとなりました。 第2位2019年1月に出した本ですが、ロングセラーになっています。会社の新人研修でテキストとしても使われているようです。 第1位製作に3年もかかった本です。この本はシリーズとして、Lin

                                    スキ
                                    3
                                    • なんじゃこりゃ!?Linuxカーネルのながいながい名前

                                      もはや、私にとってLinuxカーネルはライフワーク。 いつものようにソースコードを読んでいたら、こんなのを見つけました。関数名が89文字もあります。 もしかして、もっと長い名前があるのではないだろうか。tagsファイルをcutして、awkとsortで抽出してみました。 列挙型netfilterのヘッダより。 マクロ定義152文字のマクロ。 関数GPUドライバ周りは長い名前のものが多いようです。

                                      スキ
                                      1
                                      • 新しく出す本の発売日が5/21に決まりました。

                                        24冊目となる著書はエッセイで、「ホントの勉強30の法則 結局、なにが人生の役に立つのか?」という本になります。発売日は5/21(金)です。AmazonのKindleはいつも金曜日配信なのです。 下記、まんがびとさんのサイトに書籍情報を掲載いただきました。 正直、ここまで書いちゃっていいのかな、という思いはあるのですが、そもそも私の本はそれほど売れるわけでもないですし、読みたい人に読んでもらえたら、それでいいかなと思っています。

                                        スキ
                                        9
                                        • 労働者は使われる人に気に入ってもらえるかどうかでお給料が決まる。

                                          「手取り14万、日本終わってる……」に対するホリエモン先生の回答には、私も同じ意見です。さすがに、それを公に言葉に出して、当人に伝えるような野暮なことはしないですがw サラリーマンはしょせん労働者なので、使用者にどう評価されるかでお給料が決まります。結局は、他人に使われているということなので。 以前勤務していた会社で、仕事に対する責任が持てない人で全然マネジメントができない人が管理職に上がったことがあって、周囲から不平不満は相当なものでした。それはもう陰口が酷いのなんのっ

                                          スキ
                                          8