見出し画像

1記事の長さはどれくらいがいいの?


この記事では、noteやブログの“1記事の長さ“はどれくらいがいいのかについて、そして、長くなったときのおすすめの対処法について、書きたいと思います。

※ただし、これは“わかりやすく伝わる文章”の視点からのひとつの考え方です。SEO対策など別の観点から見た場合には、そうではない場合があります


1記事の長さは...

わたしは、1記事は1000字~1500字がベストだと考えています。

noteやブログ、メルマガ、どの媒体にも言えることですが、“1つの記事にメッセージはひとつ”が原則。ここでいうメッセージは、読み手にとって新しい情報や気づきになるポイントのことです。

2つ、3つとメッセージが分散すると、言葉にのる熱も分散してしまい、全体を通した印象が薄くなってしまいます。

また、読み手を混乱させることも予想されるため、ストレスなく相手に届くメッセージはひとつが最適でしょう。

”ひとつ“のメッセージを伝えるのに適当で、かつ、読み手のストレスにもなりにくい文量が、1000~1500字。

だから、わたしはこのnoteの更新も、その範囲におさまるように執筆しています。


文量が多くなりすぎたときは

画像1

しかし、場合によっては文量が、3000字、ときには4000字と、ボリュームが大きくなることもあるかもしれません。

そのときは、先ほどお伝えした、“1つの記事にメッセージは1つ”に立ち返ってみてください。それだけのボリュームになるときは、1つの記事に、2つ3つとメッセージが込められていることも多いのです。

その場合、テーマごとに記事を独立させてしまいましょう(※前編・後編の分け方もありますが、記事を渡り歩くストレスで読者の離脱も想定されるため、1記事1テーマで読み切りにすることをおすすめします)。

1000~1500字という文量は、書き手にとっても、無理なく継続できるちょうどいい量です。原稿用紙2~3枚と考えると少し負担に感じますが、ツイートに換算すれば10ツイートほどです。

ちなみに、この記事も、約1000文字です。文量はどう感じましたか…?長い・短いとそれぞれ感覚の違いはあるかもしれませんが、純粋に読み手として感じたそのままの感覚が、書き手にまわったときに役に立ちます!

ではまた次の記事で・・・!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださり、ありがとうございました。すこしでもお役に立てていたら「サポート」や「拡散」のかたちで、応援していただけるととても嬉しいです!

毎日にこにこ!!
12
こころを動かすコピーライター/SNS時代の「読まれる」「おもしろい」「バズる」文章づくりが仕事です/3人以上の場所では空気になるほどの人見知りが「書く」の一点突破で実績ゼロから起業/独立4ヶ月目で異例の300人イベントを主催/お寿司が好き/福井県

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。