湯の輪らぼ

毎月11日・26日更新。銭湯をゆる〜く哲学する異色マガジン。

湯の輪らぼ

毎月11日・26日更新。銭湯をゆる〜く哲学する異色マガジン。

    最近の記事

    固定された記事

    銭湯文化マガジン 「湯の輪らぼ」 開湯いたします! 銭湯をゆる〜く哲学する異色のメディア、 ここに爆誕

    あぁ〜いい湯だなあ。地元の銭湯。 あったかい湯船。 風呂上がりの牛乳。ふらっと立ち寄ったあの日。 思い出すたびに、あなたの心を温める。 そんな銭湯をゆる〜く哲学するマガジン「湯の輪らぼ」が始まります! と、急に宣言されてもポカン・・・ですよね。 ここからは、ユウト・ザ ・フロントが、私たち湯の輪らぼが何をしていくのか、なぜ始めるのか、をしっかりお話ししていきます。 やっぱりマガジンですから、最初は「どんな記事を書くのか」を語ります! 記事のジャンルは、ざっくり分

    スキ
    48
      • コンビニの役割を果たしていた銭湯!? 銭湯で働く人に銭湯での思い出を聞いてみた

        みなさんは、店員さんとお話しすることはありますか? 湯の輪らぼが拠点とする東京都千代田区に位置する稲荷湯でフロントに立つ武田さんは、以前はご自身で銭湯を経営されていました。 そこで今回は、稲荷湯三代目(仮)のまもるが武田さんに、銭湯でのエピソードをお話を伺いました。 「銭湯は生活の一部ですよね」と言われることがあります。 実家が銭湯である僕にとって銭湯は「生活の一部」ではありましたですが、家風呂が普及した後に育った僕の友人たちは、銭湯を利用したことが無い人も多かったで

        スキ
        12
        • 【銭湯さんぽ】宇宙銭湯にモスク。路面電車が走る街、大塚に行ってみた。

          (記事=しゅんた、写真=たなかい他) 暑いお風呂で疲れた体を癒し、外へ出るときれいな桜並木。 近くには路面電車が走り、歩いているとどこか異文化を感じさせるお店も。 皆さんはそんな場所をご存知でしょうか。 実はこれを満たす場所が東京にあります。 しかも都心から離れた場所ではなく、大都会池袋のお隣の駅。 それが豊島区「大塚」です! 大塚と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? 私自身、数年前まで家と池袋を往復する毎日を約6年間繰り返していましたが、一度も降りたことはあ

          スキ
          24
          • 銭湯の裏側ってどんな場所? 関係者以外立ち入り禁止の先の世界

            “No entry, staff only” 「関係者以外立入禁止」 こう書かれた標識の向こうには、どのような世界が広がっているのだろう・・・ そんなこと、思ったことはありませんか? 「触るな危険」ボタンの次くらいに興味をそそられるこの言葉、実は神田の稲荷湯でも、その存在を確認できます。 この標識は稲荷湯内に二つあり、一つは浴槽の脇にあります。 (営業時間外の男湯にて撮影) もう一つは、稲荷湯へお越しの際に探してみてください。 この「従業員以外立入禁止」の

            スキ
            10

            【写真散歩】 どっちに歩いてもハズさない街・神田を歩いて撮ってみた (2019-2021)

            皆さんこんにちは! 湯の輪らぼ専属フォトグラファーのたなかいです。 ※銭湯の営業時間外に撮影しています。 私、今までは基本的に記事の撮影者として関わっていましたが、今回は写真メインでお届けしてみたいと思います。 湯の輪らぼが始まる前から撮っていた、本局の稲荷湯がある神田周辺の風景です。 京都の祇園祭、大阪の天神祭と並び「日本三大祭り」と称される神田祭。 コロナの影響で中止になる前最後の開催となった2019年に、運よく撮影することができました。 稲荷湯がある神田の鎌倉

            スキ
            25

            銭湯からタオルが消えている? 小さな変化から見えた銭湯の未来と新世代

            銭湯文化について知りたかったら...... 「タオル」を学べっ! 失礼しました。 テルマエ・ロマエとドラゴン桜が混線した阿部寛を登場させてしまいました。 ですが『銭湯文化について知りたかったら......「タオル」を学べっ!』という言葉は、そこまで間違っていないかもしれません。 銭湯空間は、浴槽、広告、銭湯絵、そしてなぜか頭にタオルを乗せる入浴者たちなど、さまざまな要素から構成されています。 そして、カレーをうまく作りたいなら野菜について学ぶべきとも言うように、全

            スキ
            16

            鶏が鳴き、都電が走り、住民が銀杏を拾ったまち・神田 -写真と語りから浮かぶまちの記憶-

            (文=まもる) 突然ですが問題です。 この写真は、どこの写真でしょう? こちらは昭和33年(1958年)の東京都千代田区に位置する皇居の一部です。 写真左下の、三角になっている場所の大木は、関東大震災を耐え抜いたと言われる震災イチョウです。 そこから道路を跨いだ先にある、3つ並んだ長い建物は、コロナ禍でワクチンの大規模接種会場となった場所です。 ちなみに、写真が撮影された昭和33年には、特急こだまの登場をはじめ、ミスタージャイアンツの長嶋茂雄氏がプロデビュー、東京

            スキ
            19

            「銭湯でコンサート」という夢のイベントに参加したら、子供は笑い、メロスは走っていた

            家のお風呂で歌うと、とっても気持ちいい。 反響と汗のしたたる湿度も相まって、4㎡ほどの小空間が、まるでライブ真っ最中の武道館であるかのような錯覚を引き起こす。 あの快感は、何にもかえがたい。 自宅の小さな浴室であんなに気持ちがいいのなら、もっっと大きなお風呂で歌えば、もっっと気持ちいいのではないか!!! もっっと楽曲を臨場感のある雰囲気で聴くことができるのではないか!!! じゃあ、銭湯でコンサートをやっちゃおう!!!(!??!?!?)そんなこんなで、子供の夢を叶えた

            スキ
            23

            【風呂に浸かれる悦び】 スウェーデンから帰国したメンバーが稲荷湯から居酒屋を巡った日。

            「かぁぁ……」 この日は、しばらく出していなかった声を出した気がする。 --------------------- Hej hej! Hur mår du? 湯の輪らぼスウェーデン支局長のたなかいです。 私のスウェーデン留学記を書いたこちらの記事からはや2ヶ月半。 この度、無事日本に帰国しました! そのため、スウェーデン支局は閉局です! そこで、本記事は湯の輪らぼメンバーと再会し、本局の稲荷湯からゆかりの居酒屋さんを巡った一日をレポートしたいと思います。 ----

            スキ
            16

            銭湯×がんサロン?! 「ふらっと」が生み出す相乗効果とは

            「今度うちの銭湯でがんサロン開くんだよね」。 中高時代の同級生で稲荷湯3代目(仮)のまもる(以下、長谷川護さん=実名)からその話を聞きました。 「銭湯」「がん」「サロン」。 どれも知っている単語ですが、その組み合わせにはどこか違和感があります。 そもそも、銭湯なのに参加者は服を着たままだというのです。 気になった私は当日、稲荷湯に足を運びました。 (文=専属記者、しゅんた) 5月22日午前10時半、都心にひっそりとたたずむ銭湯に人の影が。 中にはスーツケースを持った

            スキ
            44

            銭湯の「湯」の書体デザインを分析してみた。のれんと看板に宿る銭湯の個性

            (文=編集長ユウト・ザ ・フロント) ここに三人の「田中太郎」の署名があります。 皆さんは、どの田中太郎に会ってみたいですか? きっと、三者三様の性格なのでしょう。 さて、なぜ私たちはこの三人の田中太郎の性格はそれぞれ異なるのだろう、と感じたのでしょうか。 それは、フォント(文字の形)の影響です。文字の見た目は、その形であること以上の意味を持つのです。 そこで、今回の湯の輪らぼでは、いろいろな銭湯の「湯」の文字を分析する、という試みに挑戦してみたいと思います。

            スキ
            17

            知っていたら得する銭湯七不思議の一つ! 「銭湯にある小窓」の正体とは?

            どうもー 最近行った健康診断の数値が平常で一安心の稲荷湯三代目(仮)のまもるです。 新メンバー・しほさんによる血圧計の記事、とても勉強になりましたね。 さて今回は、無事(?)に健康診断を終えて神田稲荷湯へひとっぷろ「湯の輪らぼ」編集長ユウト・ザ・フロントと知り合いの保育園児レン君のお話しです。 どうやら二人は脱衣所で、不思議な小窓を発見したようです。 ♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️ ♨️♨️♨️♨️♨️♨️♨️

            スキ
            9

            銭湯の血圧計、みんな使ってるの? 突撃調査してみた件

            こんにちは!湯の輪らぼ新メンバーしほです。 銭湯でときどき見かける血圧計。 みなさんは測ったことありますか? 私はトイレ待ちやドライヤー待ちがあるときの時間つぶしで、気まぐれに測ったりしています。 湯の輪らぼが拠点にしている神田の稲荷湯にも、待合室のはじっこに血圧計があります。 時々測っている人がいるけど、みんなどんなタイミングで測ってるんだろう…? 看護師なりに気になってしまい、なんと今回張り込み調査を敢行しました。 19:30仕事帰りのランナーさんがちらほら脱

            スキ
            15

            湯の輪らぼに新メンバー加入! 大学院生コミュニティナースと、経歴が強すぎる!

            春は出会いの季節。 新たな人間関係の花が咲く。 神田・稲荷湯を拠点に活動するWebメディア「湯の輪らぼ」にも、新たな出会いが訪れていた。 ―――某日、稲荷湯にて 稲荷湯3代目(仮)まもる:う〜ん... 今の「湯の輪らぼ」のメンバーは、まもる・たなかい・ユウトの3人。 全員20代の男子大学生だから、メンバー構成が、少しかたよっているよなあ... でも、悩んでも仕方ないか。 牛乳でも飲んで、リフレッシュしよう。 まもる・???:あっ!!! まもる:(同じ牛乳を取

            スキ
            10

            【第11輪】 番外編!なんでスウェーデン人は湯船がなくてもすっきりしているの?!

            Hej hej! Hur mår du? 湯の輪らぼスウェーデン支局長のたなかいです。 実は私、2022年1月よりスウェーデンに留学に来ております! 湯の輪らぼ本局の稲荷湯からは、8500kmほど離れた北の地にいるのです… 最初は学業に家事に友人作りに精一杯だったのですが、1ヶ月が過ぎても何かすっきりしなかったんです。 とある日の終わり、シャワーから上がって窓の外をボーッと眺めていたとき、その原因が判明したのです。 ずばり、原因は「風呂」にあったと気づきました(やらせ

            スキ
            58

            【第10輪】 新潟から上京してきた青年が、経営者の素質ありすぎて、多くの人に愛される銭湯“稲荷湯”を作っちゃった件(実話)

            少し前『ルワンダ中央銀行総裁日記』という実話本が「ラノベみたい!」と話題になりました。 そのあらすじは「突如アフリカのルワンダに飛ばされた日本人銀行マンが、異国の中央銀行総裁になって、経済を立て直しちゃう」というムチャクチャなものです。 このように、歴史には「ラノベ的」と評されるスーパー偉人が時たま現れます。 そして、本メディア「湯の輪らぼ」が拠点としている神田・稲荷湯の初代も、そうしたラノベ的スーパーマンだったのです。 本日の記事では、編集長ユウト・ザ ・フロントと

            スキ
            20