夕起あずさnote|夕起あずさ書店

すべての女性へ向けて”自分らしく生きる方法"をお伝えしています。|noteで…

夕起あずさnote|夕起あずさ書店

すべての女性へ向けて”自分らしく生きる方法"をお伝えしています。|noteでは、エッセイやコラム、自身の経験や仕事から得た知識をもとに研究した独自のメソッド、人生の実録記などを投稿していきます。|https://yukiazusa.com

マガジン

  • 【エッセイ】|”日常をお気に召すまま”

    日常からヒントを得て、私が感じたことや思ってことなどをエッセイにして書いていこうと思います。ご興味があれば、ぜひ読んでみてください!

  • 【有料記事】|メソッド本シリーズ

    自身の経験や仕事から得た知識をもとに、独自に研究した、ずっと使えるメソッドをご紹介しています。(タイトルに当てはまる方はぜひ読んでみてください!)

最近の記事

エッセイ #3|「親戚のおねえさんと、シールと、私と。」

小さい頃、大好きな親戚のおねえさんがいた。 いつも飄々(ひょうひょう)としていて、とてもサッパリとした性格のおねえさん。 歳は一回りちょっと離れていたけど、私のことを決して子ども扱いせずに、いつだって対等に接してくれた。 母がよくそのおねえさんが住んでいる親戚のお家に遊びに連れて行ってくれていて、その度にいつもおねえさんは私を連れ出し、二人で街を一緒にぷらぷらと散歩をした。 散歩の帰り道には決まって「何か欲しいものあったら買ってあげるよ。」と言ってくれて、私は毎回飽き

    • 【大切なお知らせ】有料記事を大幅にアップデートしました!

      いつも大変お世話になっております! 有料記事をご購読してくださった皆様、本当にありがとうございます! 現在、公開されている有料記事に関しての重要なお知らせをさせてください。 下記の2つの記事に内容を大幅に追記して更新させていただきました! 「サレ妻(夫)は卒業したけど、、、パートナーのことを信用できない!」という人に読んでもらいたい記事。」(2024年2月9日公開) 「私って、もしかして毒親育ち!?子育てで苦しんでいる母たちにまず必要なのは、自分自身の毒抜き作業です!

      • エッセイ #2|「唐揚げとハイボール。」

        なにも考えないのは、意外とむずかしい。 頭はいつだって賢くセカセカと働いてくれていて、溢れかえっている情報収集に忙しい。 だから、あっという間に過ぎていく毎日の中で、一日ほんの一時間でいいから、「何も考えない時間」が欲しい。 そんな時、決まって私は、大好きな食べ物とお酒とタッグを組んで、自分自身に戻る。 その中でも定番は「唐揚げとハイボール」。この2つの組み合わせが嫌いな人っているのだろうか?とさえ思ってしまう。 じゅわわわー・・・パチパチ・・・シュワシュワ・・・

        • エッセイ #1|「私のモーニングルーティン!」

          今日は、私のモーニングルーティンを書いてみようと思います。 起床時間は、毎朝大体8時頃です。(何年も前から5時起きの人間になりたい!と思っています。笑)ちなみに夫は毎朝5時半起きです。笑 起床後はまず家中の窓を開けて換気をし、歯磨きをしたあと、1年半前に我が家にやってきた植物たちにたっぷりと霧吹きで葉水をします。 ベッドメイキングは必ずやっていて、枕カバーを取り替えて洗濯をします。これで頭をシャキッとさせます。 その後は、前日の夜で水が空になった加湿器に水を補給して、

        エッセイ #3|「親戚のおねえさんと、シールと、私と。」

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 【エッセイ】|”日常をお気に召すまま”
          夕起あずさnote|夕起あずさ書店
        • 【有料記事】|メソッド本シリーズ
          夕起あずさnote|夕起あずさ書店

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「私って、もしかして毒親育ち!?」|子育てで苦しんでいる母たちにまず必要なのは、自分自身の毒抜き作業です!

          はじめに この記事は、「私って、もしかして毒親育ちかも!?」とか、「私ももしかすると毒親になっているかも!?」という自覚アリの人には特に読んで欲しい内容になっています。 唐突ですが、私は「毒親」という言葉があまり好きではありません。 しかし、イメージがしやすいのであえて「毒親」というワードを使って書いていきたいと思います。 私は子どもの問題行動や後天的な精神異常や生きづらさはほとんど全てといっていいほど「親」がキッカケだと考えています。(ただし成人になっても子どもが拗ら

          有料
          2,000

          「私って、もしかして毒親育ち!?」|子育てで苦しんでい…

          後編|元・年商〇〇越えの起業家だった父親と同じ月収を稼いでみた結果、お金の印象は変わったのか?

          【前編】からの続きです。 少し話が逸れますが、お金の原価ってご存知ですか? 一万円札も千円札も原価は同じで、「約17円」だそうです。17円という原価の紙切れに、エネルギーという付加価値が乗っかって、一万円札や千円札になる。つまり、お金の正体って、ほとんどが目に見えないエネルギーなのです。 目に見えないエネルギーで一番私達にとって身近な存在で、想像しやすいものが、「気持ち」や「想い」だと思ったので、私は改めて初心に戻り、「感情を素直に感じて、自分の感覚を研ぎ澄ますこと」に

          後編|元・年商〇〇越えの起業家だった父親と同じ月収を稼いでみた結果、お金の印象は変わったのか?

          前編|元・年商〇〇越えの起業家だった父親と同じ月収を稼いでみた結果、お金の印象は変わったのか?

          幼少期の私は、比較的裕福な家庭に育ったのですが、16歳の時に父親の会社が倒産し、欲しい物やお金をかけて経験したいことがたくさんあった青春時代に極貧生活を経験しました。その頃の経験から「私は健全に生きよう。安定を最優先にしよう!」と決めて、大学(オール奨学金・現在も返済中)を卒業後、ある有名な大手企業の会社員として約7年働いていました。 しかし、ふと気が付くと、泣いて止める母を尻目に(そんな母は今では心配しながらも全力で応援してくれています)、父親の背中を追いかけるかのように

          前編|元・年商〇〇越えの起業家だった父親と同じ月収を稼いでみた結果、お金の印象は変わったのか?

          【男女共通!】サレ妻(夫)は卒業したけど、、、「パートナーのことを信用できない!」という人に読んでもらいたい記事。

          はじめに カウンセラーのお仕事を通して、パートナーシップ修復・再構築関連の話題で私が断トツでよくいただくご相談内容は、「浮気・不倫をした夫や妻(彼氏や彼女)と修復・再構築をすることを選びましたが、やっぱり毎日辛いです。許せない気持ちが定期的に湧き上がってきて苦しいです。私は本当にパートナーを信じても良いのでしょうか?」という内容です。 というわけで、 「修復・再構築を望むけど相手を信じていいのか分からない!」 「やっぱり許せないと思ってしまう!」 「やっぱり離婚(別

          有料
          1,800

          【男女共通!】サレ妻(夫)は卒業したけど、、、「パート…

          はじめに。夕起あずさってこんな人。

          夕起あずさについて 裕福な家庭で育つも、16歳の頃に起業家の父の会社が倒産し両親が離婚。突然始まった極貧暮らし。18歳の頃には妹が原因不明の病に倒れるも、奇跡的に骨髄移植のドナーとして大活躍し、その後妹の病気は完治。波乱万丈な思春期を過ごし、やっとの思いで25歳で結婚したものの、新婚1年目には深刻な離婚危機に・・・!? やっと現実が落ち着いたと思ったら、次から次へと起こり続ける問題や事件に、息つく間もない自分の人生に、「もうキレた!絶対に幸せになってやる!」と重すぎる腰を

          はじめに。夕起あずさってこんな人。