ブルーハワイって何味?
見出し画像

ブルーハワイって何味?

 夏になると見かけるカキ氷屋さん。いちご味、レモン味と並んでいる「ブルーハワイ」。
これって何味?と疑問に思った事はないだろうか。
 ラムネ味でもないブルーハワイ。謎だ。
 そもそもブルーハワイとは、ラムをベースにブルーキュラソーを合わせた青いカクテルのこと。80年代前半、派手な飾りつけをしたカクテルが流行したが。その中の1つにこのブルーハワイがあった。由来は諸説あり、映画のタイトルからつけられた説や、青は海と空、クラッシュアイスで波しぶきを表現しているとも言われている。
 さてカキ氷でいうブルーハワイ。これは一体何味なのだろう。実は味に「明確な決まりはない」ということらしい。決まりがないので、シロップのメーカーによってソーダやラムネの味だったり、ピーチ味などもあって、同じブルーでも味が異なるということだ。
 Café Jack in the Boxで夏ドリンクで登場したフロートシリーズのソーダフロートは、RIOBAというカフェやバー用に開発されたプロフェッショナルブランドのカクテルベースを使っている。懐かしい軽やかな香りのラムネフレーバーを使っている。淡いブルーが夏の日差しにぴったりの爽やかなドリンクだ。
 ソーダの他に、コーラとはちみつレモンの3種類 各600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ライダーズカフェ Cafe Jack in the Boxの店長ゆきねーです。 店長日記などをひとつ。 FMやまと「くらさんの今日もツーリング日和」出演中 毎週土曜20時OnAir