見出し画像

SIRUI 50mm F1.8 Anamorphic 1.33Xを使ってみて

タイトルの通りですが、先日届いたSIRUI 50mm F1.8 Anamorphic 1.33Xを使用して一か月ほど過ぎたので、すこしまとめてみました。

セット内容

ということで、まずは届いた商品をご覧ください。

画像1

スマートフォンが入っているかのようなデザイン。

画像2

レンズフードはありません。

画像3

ご存知楕円形のレンズ。

画像4

青いリングとこのロゴが存在感抜群で使い倒したくなります。

重量などの細かいスペックは公式HPからどうぞ。

写真を撮ってみた。

このレンズはAPS-C用の設計なので、α7の場合はAPS-Cサイズのクロップしないとケラレてしまいます。なので実質75mmでの撮影になります。

画像5

気になる描写ですが、比較的シャープな仕上がりになります。また控え目ですが、しっかりアナモルフィックフレアが出ます。そして特有の楕円形のボケもしっかり確認できます。アナモルフィックでの75mmは、思いの外広く映るという感想です。

画像6

75mmでのf1.8はピントがかなりシビアです。なので実用的にはf2.8以上での運用がメインとなります。

画像7

f1.8だとこのように楕円形を残しながら、とろけるようなボケが表現できます。この手の中望遠レンズの特性ですが、ピントの山さえつかめば非常にポートレートに向いています。

映像を撮ってみた。

昨今の外出自粛もあり最近は撮影出来ていませんが、騒動になるまでに少しだけ散歩がてら撮った映像があるのでご覧ください。昼と夜に分けています。

.

編集方法

このレンズは横方向に1.33倍圧縮して撮影しますので、Photoshopで横方向を1.33倍伸ばす必要があります。詳しくは以前の記事に載せていますので参考にしてみて下さい。

作例を少し

画像8

画像9

画像10

画像11

まとめ

まだモノにするところまで使用していませんが、簡単にメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

・何と言っても安い。(他のアナモルフィックレンズと比べてみてください)

・通常のレンズと同じ様な運用が出来る。

・絞りが無段階調整。

・フィルターねじが切ってあるのでNDフィルターなどの装着が容易。

・軽い。(560g)

・最短撮影距離が短め(85cm)なので様々な撮影に対応

・アナモルフィックフレアと楕円形のボケというアナモルフィックレンズの特徴がしっかり再現出来る。

・手に入りやすい。(国内流通するみたい)

デメリット

・APS-Cサイズ専用。(フルサイズに装着出来ないという訳ではありません)

・中望遠しかラインナップが無い(2020/04時点)

・MFのみ。

簡単にはなりましたが、以上の様な感じです。私自身、このレンズの前はアナモルフィックレンズアダプターを装着して撮影していましたので、ピントを二つ合わせないと撮影できない状態でした。なのでピントリング一つで撮影出来る取り回しの良さは最高です。皆さんも是非手に入れて、シネマティックな撮影をしてみてみてはいかがでしょうか。

私のinstagramでは、このレンズを使用した写真をほぼ毎日アップしていますのでこちらも是非参考にしてみて下さい。



この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
9
奈良市在住 会社員をやりつつ、マイペースに映像、写真クリエイターとして活動中。奈良の日常や写真編集の方法や表現に関してなど色々と綴りたいと思います。
コメント (3)
こちらのレンズで縦撮影はできないのでしょうか?
縦撮影出来ます。
その場合は縦に圧縮されるので、フォトショップで縦に1.33引き伸ばして下さい。
ありがとうございます。
このレンズ前から気になっていたので、高木さんの作品は大変参考になりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。