The Crafted と木村石鹸と
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

The Crafted と木村石鹸と

The Craftedをご存じでしょうか。このプレスリリースが分かりやすいですかね。東京銀座にこんな店舗がオープンしたんです。

簡単に言えば、銀座にできたモノづくり系D2Cブランドのショールームです。木村石鹸も第一期出店者として参加させてもらってます。(木村石鹸がD2Cブランドなのかはさておき....)

ということで、今回は木村石鹸の自己紹介から、このThe Craftedという施設&取り組みに関して書いてみようと思います。

木村石鹸の自己紹介から

はじめまして。木村石鹸の木村です。木村石鹸は大正13年創業の石鹸・洗剤メーカーです。「くらし、気持ち、ピカピカ」をキャッチフレーズに、暮らしや清潔を美しくキレイにするだけでなく、人々の気持ちも前向きに気持ちよくなるそんな製品の開発に取り組んでるメーカーです。

元々は、どちらかと言えば、相手先ブランドの商品の開発や製造を請け負うOEMメーカーでしたが、2015年から自分たちの商品を自分たちで売って行く、広げていくという「自社ブランド」に取り組み始めました。

今は、代表的なブランドとしては、石けん+天然成分でつくらた「SOMALI」や、かゆいところにも手が届くちょっとニッチな洗剤シリーズ「Cシリーズ」。そして、去年初ヘアケア分野にチャレンジした「12/JU-NI」などのブランドを展開してます。

木村石鹸とThe Craftedの馴れ初め

The Craftedのオーナーであるマスク特化型ライフスタイルブランド「We'll(ウィール)」を率いる藤井篤彦さんから連絡もらったのは2021年4月の頭だったかと思います。

銀座に1年後(2022年3月)に取り壊しが決まってるビルがあって、そのビルの一階フロアを借りることに決めた。このスペースをKAPOK KNOTと、We'llでコワーキング×ショールーム×イベントスペースとして運営しようと思ってる。話を聞いてもらえないかと、相談が来たわけです。

藤井さんも、KAPOK KNOTの深井さんも、アトツギU35、ベンチャー型事業承継界隈では大注目の若手経営者です。クラファンの大成功、あらゆるピッチコンテストでお二人どちらかの名前は必ず上がるし、どちらもメディア露出は半端ないわ、事業としても1年そこらで凄い規模にまで成長させてたり、その手腕には常に注目が集まってます。

個人的にも、お二人は、以前、木村石鹸にも来てくれたりでよく知っていましたし、アトツギU34では、僕は何の貢献もできてないけど、いちおう「メンター」役を担ってて、彼らのような若手アトツギを応援・支援する立場だったりもします。

そんな2人が新しい取り組みをしようとしてるわけで、これは応援するっきゃないなと思ったわけです。うん、いや、応援なんていうとなんかカッコつけてますが、正直言うと、この2人が仕掛けることには、乗っかかっておいたほうが、何か良いことあるかもと、そういう下心の方が大きかったりもしたわけですが。

The Craftedは、所謂、「ショールーム」です。そこでモノを買うというよりは、モノを見てもらう、触ってもらう、体験してもらう、そんなスペースです。僕らの商品は、所謂、日用消耗品です。価格も大して高くもないですし、日々使うものです。ぶっちゃけ、ショールームの必要性も感じないんですね。実際にモノがあっても、別にそこで試せるわけでもないですし、せいぜい匂いを体験したり、実物のスケールを知るとか、そのレベルですよね。

画像3

(12/JU-NIシャンプー・コンディショナーの香りの確認もできますよー)

なので、全然面識のないところが同じような取り組みを始めて、同じようにオファーをしてくれていたとしても、僕らは、多分、出店はしなかっただろうと思います。なにせ、オファー頂いたのは4月頭。まだコロナ禍真っただ中で、5月にお店オープンしたところで、そもそも店舗に人が来るのか、かなり疑問だったりしましたし。普通は、出店するほうがリスクが高いと判断するんじゃないでしょうか。

ただ。The Craftedは藤井さん、深井さんがオーナーだったわけです。うん。藤井さん、深井さんは、実績や人柄含めてどこからどう見ても信用できるし、この2人ならどんな状況でもなんとかかんとか形にしそうです。出店料もすごくリーズナブルだし、彼らの場合は、出店しなかった時のリスクとか後悔みたいなものの方が大きいかなと判断しました。

なので、他にどんなブランドが参加してて、実際にはどんな内装で、どんな感じのスペースになって、みたいな細かいことは、あまり気にはしてませんでした。この二人なら、なんとかなるんだろう、ぐらいにしか考えてなかったんですね。

でも、まだその場所に行けてもないですが、第一期の7社のブランドのその素敵なこと素敵なこと。空間もよくこの短期間でそこまで仕上げたな、と思うぐらいに素敵な空間が出来上がってて(実際には見てなくて、zoomで案内してもらっただけだけど...)、いやはや流石だな、凄いなと他人事のように感心・感動してしまったのは言うまでもありません。

画像2

The Crafted みたいな取り組みは... 
うん、めちゃ良い

このnoteもね、The Craftedから書いてくれとお願いされてるわけです。出店者は、何かしら持ち回りで店舗でイベントを開催したり、noteで告知したりしないといけません。この辺、The Craftedがかなり強く運営を推進していってます。うん、ぶっちゃけ面倒臭いけど。面倒臭いけど。せっかく7社も魅力的なブランドが参加してるわけです。その7社が持ち回りで協力して、この場を盛り上げるというのは、これはすごく重要だし意味のあることです。これを運営がリーダーシップ発揮して、ちゃんと引っ張っていってるというのは素晴らしいことだと思うんですね。

このプレスリリースの中にも書かれてますが、この場所は、

1:1の関係を、n:nに広げていくような場所を作る。

という想いが形になったものなわけです。なので、各社が協力して集客や告知をやっていくというスタイルはこの場所の存在意義みたいなものですね。

実際、多分、1社ではなかなか出会えないような層のお客さんとの接点が生まれてるなとも実感してますし、既に数多くのメディアにも取り上げられたり、まだスタートしたばかりなのに、きちんと実績を出してきてるのは、やっぱり藤井さん、深井さんはじめとするThe Crafted 起ち上げ&運営メンバーの実力なんだろうなと思います。

で、木村石鹸もThe Crafted で直売会やります!

ということで、2021年7月4日(日)13時~ 木村石鹸も、The Craftedで直売会をやりますよ。(多分、18時ぐらいまでかな)

12/JU-NIシャンプーやらCシリーズやらは、その日はその場で購入頂けます! 

僕自身も13時からお店にいます。商品買う買わないさておき、話するだけでも冷やかしでもいいので、ぜひ、お店に遊びに来てください!

こんな人が対応しますんで。成分や効果やらあまり細かいこと聞かれても、多分、笑ってごまかします!

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とても嬉しいです。フォローも頂けるとさらに励みなります!
木村石鹸の代表取締役社長。1995年大学時代の仲間数名とIT会社。以来18年間、商品開発やマーケティングなどを担当。2013年6月にIT会社取締役を退任し、家業である木村石鹸工業株式会社へ。2016年9月、4代目社長に就任。最近「12/JU-NI」というシャンプーを発売しました!