見出し画像

ここが私のアナザースカイ○○です!!

こんばんは、ヨシモトです。

タイトルの写真は2年前の夏にプーケットに行った時の写真です。

ジャンプして写真撮るやつ、よくあるじゃないですか?
それをやりたかったのですが、圧倒的にジャンプ力が足りませんでした。笑
#推定30cm。
#強風に煽られる。
#顔が真剣(マジ)。

***

さて、皆さんは自分の「人生」についていつ頃から考えるようになりましたか?

実は、僕にそのきっかけをくれたのがこの番組です。

「アナザースカイ」

そして一番好きな番組です。

【概要】
毎回ゲストを1人招き、ゲストの興味深い人生を掘り下げていく。「海外にある第2の故郷」または「憧れの地」をテーマにトークが進められる。
【略歴】
2008年10月10日より、今田と宮尾の男性2人のMCで、ゲストとして村治佳織を迎えて放送を開始した。

参照:アナザースカイ(テレビ番組)-Wikipedia

タイトルからこの番組を想像できた方も多いはず。

この番組を好きな理由は、

「その人の人生を垣間見ることができるから」

です。

この番組では、毎回ゲストの方が一人出演されます。
そしてその方の人生における「転機」「苦悩」「挑戦」「挫折」「絶頂」
「どん底」「好きなこと」人生のターニングポイントについて30分語ってくれます。

今を輝く各方面で大活躍されている方にも紆余曲折あってがある。

そんな当たり前のことを、改めて教えてくれたのがこの番組です。

人生上手くいくことばかりじゃない。

時には失敗し。

傷つき。

回り道しながらも前に進む。

狂おしくも愛おしい、そんな十人十色の「人生」について考えさせられます。

そして「自分の人生はどうだろうか」と考えさせられました。

***

僕がこの番組を見始めたのは大学生の頃だったと思います。

元々映画が好きで、よく金曜ロードショーを見ていました。
その後の番組が「アナザースカイ」です。

僕は実に平凡な人間だと思っています。

人生をかけてでも成し遂げたい、と打ち込む事もまだ見つけていません。

この先見つかるかも分かりません。

だから特別発信するような希有な経験はありません。

苦労したのは家庭環境。

その影響もあって、中高の頃は消極的に過ごしていたと思います。

母に聞いた僕の取り柄は「真面目さ」ぐらい。

そんな平凡な僕は、高校生ぐらいまでは「今の時間」が永遠に続くんだろうなと思っていて、この先の「人生」について考えたことなんてありませんでした。


大学生になると皆そこそこ大人です。

趣味や個性を持って、やりたい事に挑戦し始める。

そんな時期に僕が始めたことは「心を成長させ」ること。

人として成長したかったんです。

やりたいことをやりました。

部活で憧れた先輩の真似をして、自分はどんな人間なのか、どんな人間になりたいのかを知ろうとしました。

そして、どう生きて行こうかを考えるようになりました。

この番組を見て、色々な方の「考え方」や「人生観」を聞かせてもらって自分を振り返りました。

「今の自分」と「なりたい自分」

今の興味は何なのか?

将来どうなっていたいのか?

何を軸に生きていきたいのか?


28歳になりましたが、
残念ながら答えはまだ「ぼんやり」としています。

だから今もまだ「挑戦者」。

興味があることに、少しずつ手を出している最中です。

人生で今日が一番若い日。

僕は僕のアナザースカイを見つけるために、今日もまた一歩前進していきます。


最後になりますが、

あなたにとって「人生」とは何でしょうか?


僕に取っての人生は「僕が生きてきた軌跡」です。

将来、自分の人生を振り返った時に「笑う」ことができたら最高の人生です!

特別な人じゃなくても、たわいもない人生でも面白味は必ずある。

毎日を無駄にせず、生きていきましょう。

ではまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは自己投資ないし社会貢献に使わせていただきます! これからも宜しくお願いします! twitter:https://twitter.com/yoshimo83829407?s=09

ありがとうございます!!
5
人生1度きり。好きなことで生きていきたい。『トライ&エラー』精神で日々の気付き等を書き記していければと思います。新卒で東京の飲食企業に就職しましたが、業務の傍らITに興味を持ち転職しました。今はエンジニアとして日々Javaの勉強をしています。自分の生き方で魅せよう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。