見出し画像

言いたいことを言える人にも悩みはあるんだろうな

言いたいことを言える人を見ると「いいなぁ、ストレスなんかないんだろうな」と羨ましく思う。

私も含めて、たぶん、多くの人が言いたいことを言えずにいる。

たくさんの人が「言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン」とツイートしている(私より一回り年下の人でも書いてる。よく知ってるなぁ、と思うけど、もはやネットスラングなんだろうか)

言いたいことを言えないのは、生きづらい。

でも、言いたいことを言わずにいられない人もまた、私とは違う種類の生きづらさを抱えているんだと思う。

◇◇◇

先日、古賀史健さんのこの記事を読んだ。

ぼくは「言いたいこと」をあまり持っていない。
(中略)
ただし、「思っていること」はたくさんある。政治にかぎらず、経済であれ、社会問題であれ、芸術やスポーツまわりのことであれ、「思っていること」は山ほどある。けれどもきっと、ぼくは「思う」と「言う」のあいだの距離が、騒々しく忙しい人よりずっと遠いのだ。
なので、「思う」と「言う」がぴったりくっついた、「思う」と「言う」のあいだになんの距離も感じさせない人を見ると、単純におもしろいし、あこがれる気持ちもある。
みんな「思って」いるんだよ。なかなかことばが出てこないのは「言う」までの距離が遠いから、それだけなんだよ。


何度も頷きながら読んだ。私も「思う」と「言う」の距離が遠い人間だからだ。たぶん、思ったことの1割も言ってないと思う。

「言いたくても言えない」という場面もある。でも「特に言いたくならないから言わない」こともけっこう多い。

◇◇◇

一方で、「思う」と「言う」の距離が近い人もいる。

私も古賀さんと同じで、そういう人に憧れる気持ちがある。

たとえば、飲み会の席で先輩に「俺はそうは思いません。俺はこう思います」と自分の意見を言った後輩は、すごく眩しかった。

でも、思ったことを言える人の中には、思ったことを言ってしまう人もいる。

これ言ったら空気おかしくなるな。
これ言ったら彼女にふられるな。

そうわかっているのに、どうしてもその一言を言ってしまう人。きっと、言わずにはいられないのだ。

◇◇◇

お笑いコンビ・和牛の水田さんは性格が細かいことで知られている。一方、相方の川西さんは温厚な人格者として知られる。

水田さんには、許せない人が多い。ラジオのフリートークでは毎回誰かに怒っている。

新幹線の座席に荷物を置く他人。自分に対して見下すような態度をとったテレビ局関係者。大人数のグループLINEで「ご飯行ける人」の呼びかけに「行けません」をわざわざ返す後輩(通知が大量になるから行ける人だけ返信したらええやん!)

それらのエピソードに、相方の川西さんは「お前は社会不適合者や」「細かい」などとつっこむ。

でも、川西さんはつっこまないことも案外多い。

「まぁな、気持ちはわかるけどな」

などと、共感していることもけっこうあるのだ。


つまり、水田さんの怒りの対象に対して、川西さんも同じように「思って」いる。

だけど、川西さんは言わない。水田さんは、言ってしまう。

もちろん、「思う」の段階から二人の意見が食い違うこともある。けれど、二人の「思う」が同じなのに、それを「言う」か「言わない」かに二人の違いが出たエピソードも、けっこうある。

同じことを思っても、それを言う水田さんは「細かい」と認識され、言わない川西さんは「温厚」と評価されるのだ。

◇◇◇

「水田くん、生きづらいなぁ……」

川西さんがそう言ったとき、ハッとした。

そっか。川西さんは私と同じで、思っても「特に言いたくならない」んだ。なんていうか、言わなくても大丈夫なんだ。だけど、水田さんはそうじゃない。嫌われるとわかっていても、言わずにいられないんだ。

私はそれまでずっと、「思ったことを言える人は生きづらさを感じていない」と思っていた。

違う。本当は、ものすごく生きづらいんだ。

思ったことを言える人は、「言う」と「言わない」を自分の意思でコントロールできてはじめて、生きやすくなるんだ。

「言ってしまう人」は、「特に言いたくならない人」よりずっと生きづらいんだ。

◇◇◇

思ったことを言わなかったとき。

私は少しだけ、水田さんに申し訳ない気持ちになる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。サポートしていただいたお金は生活費の口座に入れます(夢のないことを言ってすみません)。サポートじゃなくてもフォローやシェアだけでもめちゃくちゃ嬉しいです。

ありがとうございます。今日のラッキーアイテムは帽子
133
ライター・エッセイスト/著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』http://urx2.nu/Vmkr webメディア・雑誌で執筆中/有料記事は知人に読まれたくないだけで有益な情報とかじゃないです/お仕事のご相談はsaki.yoshidama@gmail.com

コメント2件

こんにちは!吉玉さんのセルフランキングから辿って来ました。
件の記事にもラジオにも居合わせて(?)いて、古賀さんの考察にはなるほどと感じ、水田さんにはあー分かるーと感じた身としては、吉玉さんの記事にもあーなるほどーと思いました。お三方とも大好きな私には思いがけず嬉しい内容で、ついコメントさせて頂きました。では3位の記事を読んできます(´∀`*)ノシ
雨さん
コメントありがとうございます。水田さんを見てると、あれだけみんなから色々言われてもやっぱり自分を曲げられないって大変そうだなぁ、と思います。私は川西さんのトークに共感することが多いので……笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。