運転中にはジャズを聴け!
見出し画像

運転中にはジャズを聴け!

ヨセマイクメンバーの考える部屋

まずジャズとは、
瞬間芸術の最高峰であり
その世界はどこまでも広大で自由だ。

僕はジャズピアニスト、作曲家として活動しており、
ジャズの修行で4年間ニューヨークで生活しました。
今回は社会問題と音楽をテーマにした記事を書かせて頂きます。
お付き合いして頂けたら幸いです。

ジャズとは、

ジャズは19世紀初頭、アメリカの黒人奴隷から生まれた音楽
様々に形を変え、現在まで脈々と受け継がれた瞬間芸術の最高峰の音楽と言える。
もっとも特徴的なのが演奏中に行われるアドリブ(即興演奏)で、
演奏者はその場の雰囲気、気持ちや想いを曲に乗せ自由に音を表現します。
ジャズという音楽はまさに自由の象徴と言っても良いのではないでしょうか。

また、ジャズはアメリカの歴史と深く結びついていて、黒人問題などアメリカの歴史、社会問題やドラックに至るまでさまざまな問題が結びついて今に至ります。
激動のアメリカで自由に音を表現することに魅了されたミュージシャン達は
自分と社会と音楽と向き合い続け、今日までジャズは生きてきました。

現在では各国の音楽と融合しジャズと一口に言っても無数にスタイルが存在しています。
ジャズとんでもなく奥が深い!!

では、車の中に限らずジャズといえばこの人というミュージシャンを
オススメのアルバムとともに僭越ながら何人か紹介し、
仮に車内で聞いた時にどんな気分になるのか想定してみます!

ジャズの帝王

まずジャズの帝王と呼ばれるマイルス・デイビスは挙げざるを得ません。
彼の音楽は常に新しく、誰もやったことのない音楽を常に生み出し続けました。ジャズが、音楽が、なんたるかを人生を通して表現したまさに帝王と呼ぶにふさわしい人間です。
彼のトランペットを聞けばその素晴らしいさ、熱、得体の知らないエネルギーに圧倒されます。
音楽をしている者のみならず、今現在生きている者なら彼の音楽から必ず得るものがあると僕は思います。


特にオススメのアルバムはKind Of Blue

Live Around The World

もし仮に煽り運転をしそうな人がマイルスを聞いたら、
彼の圧倒的存在感と音楽の力の前に自分がどれだけちっぽけで情けないか、
煽り運転をしそうになっている自分を見つめ直し、涙しながら自分を正すと思います。

ビル・エバンス

次はピアニストです。1番に来るのはビル・エバンスで間違いありません。
彼のピアノは美しくこれがジャズのハーモニーなのだと誰もが感じることでしょう。
そして彼のバンドは一つの生き物である且つ、各楽器がそれぞれに主張し合い
これが音の会話、アドリブ、ジャズなのだと理解します。
メンバーや時代によっても様々に表情を変え、その瞬間の音の会話はまさに息を飲みます。


オススメのアルバムはWaltz for Debby 

I Will Say Goodbye

もし仮に煽り運転をしそうな人がエバンスを聞いたら
余りの美しさに心が浄化されそんな非行には走らず
聞いたその瞬間から優しい人間に生まれ変わることでしょう。
煽るなんてもっての外、制限速度を守り譲り合いの心を持って美しい運転ができるようになります。

新鋭

そして今回最後に紹介するのが植田 響。
彼は知る人ぞ知るアーティストです。書いている僕です。
圧倒的な技術は無いがそれ故に人の心に響く曲を作っています。

代表作はInner Thoughts

「頑張れ」 でもなく
「頑張らなくてもいいよ」でもなく
ただ「大丈夫だ、やってごらん」と、
うなずいてくれるような曲。

と評価されています。

まさに現代の比べ合う世界ではなく
お互いが認め合えるような世界に向けた作品だ!


もし仮に煽り運転をしそうな人が植田 響を聞いたら
煽るんじゃなくて、手を取り合おう
一緒に走っていこうと思い直し、優しい世界が少し広がるでしょう。


それではお付き合い頂きありがとうございました。
ジャズ聞いて自由な音の世界を覗いてみてください!
そうしたら煽り運転をしないで済むと思います。

植田響

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
ヨセマイクメンバーの考える部屋
2019年、NYにいたアーティストで結成。”表現を通して、自分と他者の存在の価値を認められる世界を” スローガンに2020年に活動拠点を東京にも増やす。イベント、個展、ウェブメディア、ラジオなど活動の幅は多岐にわたる https://yosemic.com/ 監修:みちたす編集部