じゅんじゅん/Jun Yoshioka

ゼロ高等学院 ゼロイチコーチ←公立小7年 /次世代の起業家教育を推進する教育機関にて、…

じゅんじゅん/Jun Yoshioka

ゼロ高等学院 ゼロイチコーチ←公立小7年 /次世代の起業家教育を推進する教育機関にて、教育現場におけるコーチング(的関わり)の可能性を探究/人や組織がどのように発達・変容していくのかに興味があります/THECOACH ICPにてCICP™︎・ACC取得を目標に学習中

マガジン

  • 先生のリフレクション部屋

    小学校教員をしていた私の、個人的なステイトメントや定期的な振り返り記事をまとめています。 先生としての在り方や日々のリフレクションについて考えてきた過去が、どこかの誰かにとって参考になりますように。

  • コーチングの旅

    3年間のクライアント経験を経て、コーチングを学び始めた私の学びの足跡。2023年10月から受講を開始したコーチングスクール(THE COACH ICP)での学びを中心に、気づきや考えたことをまとめていきます。

  • 「常識を変える地図」

    小学校で先生をしていた私が、「学校現場のなかなか変わらない常識を変えたい」という思いで書いた記事をまとめています。 「学校の常識を変えるには、自分自身の常識を変えるところから。」日々の実践を通して考えていることなど、思いつくままに言葉にしていました。

  • 先生だってワクワクしたい!

    小学校の先生だった私の個人的な趣味や時代の流れに乗るためにチャレンジしていることを垂れ流していたマガジン。

  • 「書く習慣」チャレンジ

    いしかわゆきさんの著書『書く習慣』に掲載されている「書く習慣1ヶ月チャレンジ」を完走した私が、今後も「書く習慣」について継続していくためのマガジンです。

最近の記事

  • 固定された記事

学校の常識は社会の非常識?

「教員は世間知らず」 学校現場にいる人もそうでない人も一度はそんな言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 私自身、大学卒業後に教員としてしか働いた経験がありません。直接言われたことはありませんが、教員経験しかない自分にとって、「教員は世間知らず」という言葉は常に付き纏います。 「一度社会に出て(一般企業で働いて)から教員になった方がいいのではないか」と考えたことのある人は、進路を考える学生だけでなく、現職の方にも多いのではないでしょうか。 今回、記事を書き始めたき

    • 小学校教員からベンチャー教育機関に転職して2ヶ月でやったこと、そして私の現在地。

      6月も後半。だいぶ暑くなってきましたね。 思っていたより引っ越してきた家の風通しがよく、エアコンなしで過ごせていましたがそろそろ限界でしょうか… さて、気づけば4月に転職してから、あっという間に2ヶ月が経っていました。 社会人として過ごして7年目で、初めての転職。 前職の小学校教員時代も異動によって環境が変わった経験こそありますが、今回「ベンチャー教育機関」への転職による環境の変化は当たり前のようにそれ以上に大きいものでした。 今回の記事では、そもそも私がどんな思いで転職

      • 元小学校教員が転職を機にセルフブランディングについて悩んだ結果、「パーソナル編集者」をつけ始めた話

        この記事を読んでくださっている皆さまは、普段からどれくらい自分の「発信」について考えられているでしょうか? 3月まで小学校の教員だった私は、当たり前のようにnoteやX(旧Twitter)などを匿名で続けてきました。(最近でこそ、教員の方が実名で発信されることも多くなっていると感じますが、私にはリスクの方が大きいと思っていたので…) しかし、この4月に転職をしたこともきっかけとなり、SNSを実名で発信していくことに。(下はその時のXのポスト) 「自分を生きる」なんて、カ

        • 【月報】2024年5月の振り返り

          あっという間に6月ですね。 4月末に福岡市に引っ越したこともあって、バタバタしていた5月前半。 手帳を書いたり、noteを投稿したりという習慣が完全に崩れてしまい、このままではやばい…と感じていたこともあってか、「何かしらのアクションを起こさねば!」という謎の衝動に駆られ、「月報」となるものを書いてみることにしました。 書こうと思ったのは、「書く習慣1ヶ月チャレンジ」に取り組んだ時にも参考にさせていただいた いしかわゆき(ゆぴ)さんの影響。 少し前から【月報】記事を拝見して

        • 固定された記事

        学校の常識は社会の非常識?

        マガジン

        • 先生のリフレクション部屋
          22本
        • コーチングの旅
          9本
        • 「常識を変える地図」
          33本
        • 先生だってワクワクしたい!
          12本
        • 「書く習慣」チャレンジ
          64本

        記事

          マツケンサンバを恥ずかし気もなく思いっきり踊れなくなったのはいつからだろう〜RADWIMPS『やどかり』から考える「感情」との向き合い方〜

          タイトルだけ見ると長いし、意味不明な感じなってしまいましたが、コーチングの学び(THE COACH ICP 応用Bコース)をまとめる記事です。 タイトルはRADWIMPSの『やどかり』の歌詞をもじってみました。(RADは私の青春の1ページなんです…聞いたことないという方はぜひ!) 過去の自分を振り返りながら書き進めていこうと思うので、幼き頃の私を少しでも知りたいという物好きな方はぜひ最後までお読みください。笑 応用コースでの感想は、こちらの記事にもまとめていますので、お前

          マツケンサンバを恥ずかし気もなく思いっきり踊れなくなったのはいつからだろう〜RADWIMPS『やどかり』から考える「感情」との向き合い方〜

          コーチングのクライアントを募集します。

          タイトル通り、コーチングのクライアントを募集します。 3月末まで下の記事にて、練習相手(無料)を募集していたところですが、今回は有償でのクライアントを募集させていただきます。 この記事では、クライアント募集に至った経緯と募集の詳細についてお伝えできればと思います。 募集の経緯 上で紹介した記事など、私のnoteを読んでいただいたことのある方は度々お伝えしてきたところですが、2023年10月よりTHE COACH ICP(コーチングスクール)にてコーチングの学びを進めてき

          コーチングのクライアントを募集します。

          他人に対する心のざわざわは、本来、自分が望んでいる行動?

          嫌いな行動はあるかもしれないけど、嫌いな人はと聞かれると、あんまりいないなぁと思ってきた。 「あの人無理!」ときっぱり言える先輩を見て、少し羨ましくもあったくらい。 自分は、良くも悪くも「嫌われたくない」という気持ちがあるのか、一歩踏み込んで意見を言ったり、あからさまに不機嫌になったりすることを避けていたんだと思う。 そんなことを思うようになったのは、先日まで受講していたTHE COACH ICP 応用Bコースの影響。 影(シャドウ)を自覚するワークを通して、これまでの自分

          他人に対する心のざわざわは、本来、自分が望んでいる行動?

          「すべての教育は洗脳である」という言葉に、真正面から「No」と言えますか?

          これは堀江貴文さんが2017年3月に出版された以下の書籍に書かれていた文章。 皆さんは、この言葉を聞いて何を感じるでしょうか。 2017年といえば、私自身、初任として学校に配属された年。 いよいよ「先生」になるぞというタイミングでこの本のタイトルが目に止まったのか、Amazonの履歴を見ると2017年3月30日に購入していたようです。 どんな思いで買ったのか、読んでみてどんな感想を抱いたのかはよく覚えていないのですが、確か大学時代にYouTubeで近大の卒業式でのスピーチ

          「すべての教育は洗脳である」という言葉に、真正面から「No」と言えますか?

          やりたいこと探しに終止符を打つ!?「物語思考」とは

          自分のやりたいことってなんだろう… 誰もが一度はこの問いと向き合ったことがあるのではないでしょうか。 私自身、定期的に訪れるこの問いに対して、その時々での納得解をもって過ごしてきましたが、また数ヶ月後には同じような問いが気づいたら目の前に。 昨年の夏休みには、「書く習慣1ヶ月チャレンジ」を通して、八木仁平さんの『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』のワークにチャレンジしたことも。 そしてこれは、30日目が終わった時の感想。 自己理解が深まる感覚はありましたが、特

          やりたいこと探しに終止符を打つ!?「物語思考」とは

          自然と湧き出る温泉のように、ビジョンの源泉を掘り当てたい

          「あなたのありたい姿はなんですか?」 コーチングを受け(学び)始めて、何度もこの類の問いをもらってきた。 その度にそれっぽい言葉やその時点での納得解は出るんだけれど、なんだかしっくり来ていない自分がいた。 1月から始まったTHE COACH ICP 応用Aコースを修了し、最後のチェックアウトとして自分の口から出てきたこの言葉が、そのしっくり来てなさを言い表していたように思う。 そこには綺麗な言葉が並んでいるかもしれないけれど、自分を突き動かすような圧倒的なエネルギーが込

          自然と湧き出る温泉のように、ビジョンの源泉を掘り当てたい

          2024年の展望〜しいたけ占い2024上半期編〜

          三が日が終わり、仕事始めの方も多いでしょうか。 私の勤務する学校では、9日から子どもたちが登校してくるので、明日は出勤して子どもたちを迎える準備をしようと思います。 さて、今回はタイトル通り、「しいたけ占い」をもとに今年の展望を語ります。昨年は目標(習慣づくり)について記事にしてみましたが、やはり年始に立てた目標はいつしか忘れてしまうもの。 今年は中・長期的な人生における目標は立てながら、細かいアクションは1ヶ月〜3ヶ月スパンで変えていこうかなくらいの緩い感じで行ければと

          2024年の展望〜しいたけ占い2024上半期編〜

          2023年を振り返る〜ミッション・ステートメント編〜

          あと少しで2023年も終わり。 これまでにも2023年の振り返り記事を二つ投稿してきましたが、最後の振り返りはミッション・ステートメントをもとに振り返りたいと思います。 昨年の振り返り記事はこちら。 そもそも「ミッション・ステートメントとは?」という方は、こちらを参考にされてください。 さて、私のミッション・ステートメントですが、今年は以下のようなものを作っていました。 2022年は4つだった項目を6つに増やしたのが一番の変更点。 それぞれについて、ざっくり振り返って

          2023年を振り返る〜ミッション・ステートメント編〜

          2023年を振り返る〜#noteまとめ編〜

          2023年の振り返り第二弾。 前回は「しいたけ占い」をもとに、2023年を振り返ってみました。 今回は「#noteまとめ」に便乗して、今年1年間のnoteでの創作活動を振り返ってみます。 昨年の記事はこちら。 1.よく読まれた記事の紹介 第1位となったのは、「説教するってぶっちゃけ快楽?〜SEKAI NO OWARI「Habit」を聴いて小学校教員が考えたこと〜」という記事。昨年1位だった「学校の常識は社会の非常識?」を追い抜き、見事1位へ。 後者に関しては、クリ

          2023年を振り返る〜#noteまとめ編〜

          2023年を振り返る〜しいたけ占い2023下半期編〜

          2023年も残り9日。 毎年冬休みにがっつりと1年の振り返りをしているのですが、少しずつ書き始めてみようということで、今回はタイトルにもあるように「しいたけ占い」をもとに、この1年を振り返っていこうと思います。 (下の記事でも触れていますが、しいたけ占いのサイトが移転したことで上半期の占いが見れなくなってしまったので下半期を中心に振り返ります。) 冬休みに入ったら、またしっかり振り返り記事を投稿できればと思っていますが、ここ最近noteを更新できていなかったこともあり、リハ

          2023年を振り返る〜しいたけ占い2023下半期編〜

          コーチングの練習相手を募集します。(締め切りました。)

          (2024年4月追記) 約4ヶ月で20回以上のセッションを実施させていただくことができました。 目標の30人には届きませんでしたが、このような呼びかけに快く応じていただいた皆様に大変感謝しております! 探究の道のりはまだまだ続きますので、また同様の企画がありましたらご協力いただけると幸いです。 タイトル通りですが、コーチングの練習相手を募集します。 募集の背景として、10月から通っているコーチングスクール(THE COACH Academy)での学びがあります。 基礎コー

          コーチングの練習相手を募集します。(締め切りました。)

          「教育×コーチング」の可能性に触れた小学校教員の思い

          THE COACH Academy基礎コースDAY3。 基礎コースはこれにて終了ですが、ようやくスタートラインに立った感覚。ここから始まるコーチング探究の旅にワクワクしながら記事を書き始めています。 DAY1、DAY2の振り返りはこちら。 DAY3の内容は「学びの統合と発展」。 DAY1、DAY2の内容を踏まえて、これから始まる「インテグレーション・ジャーニー」(THE COACHにおけるコーチング探究の旅)の支度をしていきました。 私はコーチングに何を期待しているのか

          「教育×コーチング」の可能性に触れた小学校教員の思い