審査委員は何を考えてるのかNovelJam 2018

「著者」×「編集者」×「デザイナー」
チームとなって物語を紡ぐ!
2018年2月10日(土)~12日(月)2泊3日の出版創作イベント
「NovelJam 2018」

ノベルジャムというイベントがある。今年で2回め。(その後、順調に回を重ねている→「NovelJam2018秋・審査委員は何を考えてるのか」)
著者、編集者、デザイナーがチームを組んで、短期間で小説を書き上げて、電書として出版するイベントだ。
今回は、2泊3日の合宿形式。
フル稼働で大忙し高密度なイベントで、それは参加者だけでなく、審査員も。
審査員は3日目に、16作品を半日で読んで、審査して、議論して、受賞作を決定しなければならない。

賞の仕組みって、それ自体も「表現」だから、誤解を与えることもあるなーとしみじみと思ったことがあった。
懇親会で受賞しなかった人から「参加者の半分が賞をとるのに(ぼくの作品が)受賞しなかったってことは順位的に半分より下ってことですか?」と詰め寄られた。
けど、それは単純な勘違いだ。
小説に順位をつける無茶さを置いておくとしても、ノベルジャムの賞は、最優秀賞1作品と優秀賞1作品(今回は特例で最優秀賞なしで優秀賞2つになった)と、審査委員の名を冠とする個人賞が5つ。
全体が16作品で、賞が7つだから、たしかにおおよそ半分が受賞することになる。
だが、最優秀賞と優秀賞が1位2位だとして、個人賞はそれぞれの独断なので、各審査委員の1位2位以外のもっとも良いと思った作品だ。
そして、それぞれの審査委員賞はバラバラだった(審査委員賞がみんな同じ作品ということも、ありえる)。
だから、雑に考えたとしても「順位的には3位に入らなかったってことですか?」って詰め寄るのが正解。
実は、それも正確ではない。
各審査員が上位3作品を選んで1位3点、2位2点、3位1点とし、その合計点を板書し、それを土台に議論を進めた。便宜上とはいえ、ある意味で順位が決まるのだ。
だが、そのときまったく点が入ってない作品が、個人賞を獲っている。
ぼくが1位、2位に選んだ「バカとバカンス」「ユキとナギの冒険」は優秀賞を獲った。ので、シンプルに考えると3位に選んだ作品を米光賞にすればいい。だけど、違う作品を米光賞にしている(『DIYベイビー』)。
それは、独断がたっぷりの選考と、そうじゃない選考は、審査基準が異なるので、結果も変わっちゃうのだ。
表現作品に、統一的な順位をつけるのは、そもそも遊戯でしかない。
2泊3日がんばるための要素のひとつとして、最後に表彰がある。ゲーミフィケーション的に言うと、バッチやスタンプカードレベルの単純な仕組みだ。

萩尾望都の「11人いる!」を思い出した。ひとつの目標に向かって悪戦苦闘した仲間が、最後、それぞれの道を歩んでいく印象的なコマで終わる。「まったく勉強になったよ」のセリフに続く最後の言葉は「未来へ!」だ。

と、書こうとしていたことはここまで。
であったが、書きながら思いついた。
各作品についての講評をふくめ、審査をどのようにしているか、審査委員であるぼくが何を考えたか、についてあれこれ書いてみよう。
審査内容は、あまりオープンにするものじゃない。が、ノベルジャムは、参加者の前で審査員が審査過程を喋るのだ。そのとき「どこまでオープンにしていい?」と聞いたら、まあ、隠さなきゃいけないところはないでしょ、ってリアクションだったし、そういうオープンな雰囲気を目指しているので、ある程度は書ける(とはいえ、他の審査員のことを詳しく書くのはアカンだろうから、そこはあまり書かない)。
とはいえオープンにするデメリットもあるし、各作品のネタバレもあるし、読む前の人にはいらぬ偏見を与える可能性も高い。むだな炎上やら、野次馬をよびこむこともありえる。ので、これ以降は有料にする。bccksで公開されているノベルジャム参加作品がだいたい200円なので、200円にしておこう。
随時、気が向いたときに書く。

有料部分の見出し
・どのように審査したか
・渦中からはじめよ:山田しいた「DIYベイビー」
・絶妙なドライブ感:牧野楠葉「ユキとナギの冒険」
・お題に対してアンサー:天王丸景虎「バカとバカンス」
・ゆるやかな世界と、世界がゆるやかなのは違う:根本珠「ひつじと黄色い消しゴム」
・世界に没入させる方法:飴乃ちはれ「たそかれ時の女神たち」
・ファンをつくる方法:『NovelJam 2018グランプリ』


ノベルジャム参加作品は、すべてbccksで読める→「bccks 短期集中型作品制作企画 NovelJam 2018」
秋も審査した→「NovelJam2018秋・審査委員は何を考えてるのか

この続きをみるには

この続き:8,502文字

審査委員は何を考えてるのかNovelJam 2018

米光一成

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたら、記事に還元できることに使います。表現道場マガジンをよろしく! また、記事単体で購入できますが、月額800円「表現道場マガジン」がお得です。ほぼ毎日更新の記事が読めます

高濃度茶カテキンの「茶カテ」の響きが好き
26
ゲーム作家、ライター、デジタルハリウッド大学教授 代表作「ぷよぷよ」「バロック」「トレジャーハンターG」「はぁって言うゲーム」「はっきよいゲーム」「走るメロスたち」「ワンちゃんじゃんけん」 https://twitter.com/yonemitsu

コメント10件

山田しいた『DIYベイビー』につて、追記した。具体的にあれこれ書いているが、当然ながら、改善案は、いくつもある案のなかのひとつであるよー。
追記のコメントありがとうございます!
導入では、牧歌的な入口から梯子を登ってくれたところで梯子を外して読み手を変な世界に連れて行きたい、と考えて三段オチをしております。
「ダンボール」→「子宮内膜」という、身近→異常 な組み合わせ、端的で効果的ですね。。
『たそかれ時の女神たち』の飴乃ちはれです。読んだ時の感想と、選抜からこぼれた理由を知りたいです。よろしくお願いします。
書いてくださってありがとうございます。世界作りの甘さはいつも後から気づくので、今回露骨に出てしまったなあと改めて思いました。会話の指摘もありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。