よむよんで

お話で心の処方箋。「よむよんで」はコロナをきっかけに児童文学作家の「木村研」と「はらまさかず」が始めたお話のサイトです。お話を「読む」人も「読んでもらう」人も、みんなを元気にします。大人も子どもも、今必要なお話がきっとありますよ。素敵な朗読もあります。
    • お知らせ

    • はらまさかず

      1972年、愛知県生まれ。 児童文学作家、エッセイスト、編集者。 日本児童文学者協会会員(2019、20年理事)。 「お父さんとお話のなかへ 父と子のお話12か月」(本の泉社)は、朝日新聞「折々のことば」に取り上げられる。絵本『ゆめのふね』(絵・黒井健、おはなしチャイルド第509号、チャイルド本社)は、台湾で<好書大家讀>第77梯次圖畫書及幼兒讀物組「好書推薦」(2019年、子どもの本部門の推薦図書)に選出。 信用金庫の月刊冊子『楽しいわが家』にて、エッセイ『お父さんの気持ち』を連載中。 最新刊『うさぎとハリネズミ きょうもいいひ』(ひだまり舎、2021年4月刊)にて、第55回日本児童文学者協会賞受賞。『うさぎとハリネズミ』の試し読みはコチラ→https://tameshiyo.me/9784909749079

    • 朗読(読み聞かせ)

    • 喫茶ギンガ

      喫茶ギンガは、あなたがどこにいても、あなたのすぐそばにある不思議な喫茶店です。あなたがいつ行ってもお店は開いていて、優しいマスターが話を聞いてくれます。あ、そうそう、2020年11月25日から12月1日の間は、古本の町、神保町にお店がありましたよ。→https://note.com/yomuyonde/n/ncdcdd45b2881

    • ねこの大福シリーズ

      ねこの大福と、その仲間たちのお話です。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

ともみさんの「ねこの大福」

ともみさんが「ねこの大福」(作・はらまさかず)を朗読してくださいました。 うれしい! ともみさん、ありがとうございます! 大福の新しい話を書きたい気持ちが、わいて…

1か月前

第55回 日本児童文学者協会新人賞

今さらですが、はらまさかずが、昨年刊行した『うさぎとハリネズミ きょうもいいひ』という作品で、2022年度、第55回日本児童文学者協会新人賞を受賞しました。 コロナの…

帰ってきた おにぎり

ぼくの住んでいる町には、太った野良猫がいます。 どうやら、このあたりのボス猫らしく、ほかの猫たち、 いえ、それだけじゃなくて、近所の犬やカラスたちまでも、 この太…

みぁばぁばさんの朗読です

みぁばぁばさんに、喫茶ギンガ第19話『あなたを あたらしく』(はらまさかず)を朗読していただきました。 こういう、お話の続きを想像させる読み方ってすごいなあ。

2週間前

はらまさかず、5月3日、上野の森でサイン会

コロナで2020、21年と開催が見送られた上野の森親子ブックフェスタ。 21回目となる2022年度は、5月3日~5日まで上野恩賜公園で3年ぶりに開催されます。絵本や児童書が10%…

3週間前

あなたをあたらしく(朗読)

00:00 | 00:30

のがみけいすけさん(やまねこ朗読会)に朗読していただきました。

1か月前