クビの配達引き受けます #11
見出し画像

クビの配達引き受けます #11

横島孝太郎

【戻る】

 金属音、金属音、金属音が連続する。振動がモリスの髪を揺らす。だが被弾ではない。あんな弾雨にさらされれば、アンリミテッド・アーマーはともかくモリスの銀箱はクズ鉄となってしまう。
 では、その正体は何か。

 箱の外部カメラと、サンジュから提供されたアーマーのシステム状況データ。二つを同時起動したモリスは、見た。

 ザジの両膝、右前腕、そして腰――銀箱の真下。それらの部位に装着されていた増加装甲、ハンドガンのホルスター、貨物保持用マルチアームユニットが、次々にパージされていくのを。

 ビル間をくるくると舞うそれらは、当然ザジの跳躍についてこれない。全て瞬く間に引き離され、あるものはヘカトンケイルの火線に摺り潰される。

「ああー。分かっちゃいたけど勿体ない」

 壁を蹴る。宙返り。その途上で、ザジは地上を見上げる。バイザーのカメラが捉える映像が、モリスへも中継される。

「この損失、経費に入りますかね?」

 視界が、酷くゆっくりしている。
 回転しながら飛翔するガトリング弾の熱が。
 直下を慌てて飛ぶエアカー運転手の焦燥が。
 路上で酒盛りながら見上げる下層民の顔が。
 その気になれば、具《つぶさ》に観察できてしまう。

 思い至る。サンジュとの打ち合わせと同じ状況。だが視界に映るのは現実の光景。リミッター解除に伴って拡張された演算能力が、銀箱のシステムと同期――いや、飲み込みつつあるのか。

「言っただろう? なるべく派手にブッ壊してくれ、と」

 背筋が震える。錯覚だ。努めて、モリスは冷静に続ける。

「mk-Ⅵの性能は概ね分かった。叩き台としては十分だろう。だが旗色が悪いままでは、経費どころかボーナスの領域にもいかないぞ?」
「ああ、いやいや。ちょっとした確認というか、クセというか、そういうヤツですよ。こんな仕事をしてると、踏み倒されかかる事もちょくちょくあるんで、つい」
「小まめな事だな」
「いやいや、ただの貧乏性ですよ。でもまあ、言質も頂いたので……」

 ガトリング弾が加速する。
 時間が、動き出す。

「改めて、お見せしましょう――」

 尚もザジを追うヘカトンケイルの射撃。それをスラスター噴射で引き離しながら、アンリミテッド・アーマーは飛ぶ。上空へ。
 完全に引き離される火線。恐らく十数秒。だがそれで十分。

「フェイズ2! ライトニング・フォームっ!」

 かくて朗々たる叫びが、最後のリミッターを解除した。

【続く】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
横島孝太郎
巨大ロボ、特撮、ニンジャスレイヤー、トランスフォーマー、FFSなどが好物。 農作業の忘備録を書いたり、スーパーロボット小説「神影鎧装レツオウガ」を投稿したりします。 http://ncode.syosetu.com/n7106bw/ 夏には桃の通信販売も行っています。