読み返したいnote

307

他人の言葉はあなたのものではない

他人の言葉はあなたのものではない。 これ、本来は当たり前のことだと思うんだけど、現実には、結構多くの人が他人が書いたものを読んで、そう思ってた的な発言を自然にしてしまう。 「共感する」と言えば聞こえはいい。 でも、本当に最初にそう思ってたのだとしたら、何故自分が先に同じことを書か…

クラッカーが教えてくれること

noteで僕がいただいたクラッカーの話です。言いたいことは、noteって継続できる工夫が盛りだくさん!ってことと、“スキ”がそんなに多くなくてもちゃんと届いているってこと。 * * * 僕のnoteは最近、比較的『育児ネタ』が多めですが、ありがたいことに「読んでもらっているらしい」ということ…

「つぶやき」での、お裾分け

noteというものは、記事をはじめとして、何かを表現する場。 と同時に、ちょっとしたコミュニティの色が強い。 毎日ではなくても、よく何かを投稿しているフォロワーさんのことは次第に名前と文体を覚えるようになり、投稿されたものを見るのが楽しみになったり。 「スキ」に、「いい記事でした」だ…

大きなチョコを欲する彼、見守る愛を学んだ私

正直、前日まですっかり忘れていた。 バレンタイン、どうしよう。 研究室の人たちには、デパ地下のスイーツコーナーで買うとして。 恋人へのチョコ、どうしよう。 手作りをする余裕は、時間的にも精神的にもない。 ならば、既製品しかない。どんなものがいいだろう。 やっぱり、おしゃれで、ちょっ…

コーチングを受けて、人生を放棄していたことに気が付いた。

cotreeさんのコーチングを通して、「誰かに人生を委ねようとしている自分」に気が付いて、猛省した。 ___ 「仕事のことで悩んでいるなら、コーチングを受けてみたらどうですか?」 蔵前のカフェで、そう提案してくださったのは“ひらやまさん”だった。 オンラインカウンセリング・コーチング事…