神谷ハヤト

某レコード屋でジャズ担当者として働きながら音楽勉強中。 ブログなどでディスクレビューを書いたり、レコードを買ったりする日々です。 たまにジャズ喫茶の店番も。 ブログ:http://www.ykkn-gt.tumblr.com

『AA 50年後のアルバート・アイラー』を読んだ。

アイラーをはじめフリージャズや前衛音楽など言葉を介さない音楽ジャンルを聴く上でつきまとう”考えるな感じろ”的な雰囲気。それは本書の後藤雅洋さん、村井康司さん、柳…

レコ屋のジャズ担当が選ぶ、2020年個人的ベスト

今年で三回目の”レコ屋のジャズ担当が選ぶ個人的ベスト”です。多くの人が既に語っていることですが、コロナが世界を襲い、BLMが世界中に拡散され、ミュージシャンもそれ…

2020年代のジャズを聴くための、10年代のジャズギター作品

2000年代以降のジャズギター・シーンにおいて最大のヒーローといえばカート・ローゼンウィンケル、ということに異論のある人は少ないだろう。高速のリフと、絶妙なバランス…

Oded Tzur - Here Be Dragons

近年、イスラエル出身のミュージシャンが目覚ましい活躍を遂げるている。ベーシストのアヴィシャイ・コーエンの活躍を筆頭に、彼のメンバーであったピアニストのシャイ・マ…

福盛進也トリオ - For 2 Akis

Shinya Fukumori Trio / For 2 Akis 大阪府出身、全くと言っていいほど無名なドラマーである福盛進也のECMデビュー作を山本邦山の「銀界」以来の日本産フォーキー・ジャズ…

レコ屋のジャズ担当が選ぶ、2019年個人的ベスト

某レコード屋のジャズ担当として働く神谷ハヤトと申します。2018年に引き続き2019年の個人的ベストを選びました。今年は最高傑作と迷わず評せるような、ミュージシャン個人…