見出し画像

「”ビットコイン”をもっと身近なものにする必要があるとあらためて強く感じた」ーBitcoin Cashの祭典、Satoshi’s Vision Confference に参加してみて

Yenomチームは3/23(金)-25(日)に東京でおこなわれたBitcoin Cashの祭典、Satoshi’s Vision Confferenceに参加してきました。今回の参加者のほとんどが欧米やロシア、中国、など海外からで、日本人の参加者は全体の1割にも満たないほど。

3日間をとおしてBitcoin.com CEOでありビットコイン投資家のRoger Ver 氏をはじめとした豪華なスピーカー陣によるカンファレンスがおこなわれました。

当日の様子はこちら    YoutubeSatoshi's Vision Conference

またYenomはテレビ東京の経済情報番組、ワールドビジネスサテライトにも取り上げられました。

3日間をとおして感じた、「ビットコインを身近なものにすること」の必要性

今回の3日間をとおしてYenomチームが必要性を強く感じたのは、
「”ビットコインはかんたんに使えるものだ”と感じさせてくれるプロダクト」「日常的にビットコインをつかう場面をつくりだすことの大切さ」でした。

というのも、このイベントに参加したBitcoin Cashの理念に共感する人たちでさえも、「Bitcoin Cashは持っているけど取引所にいれたままなんだ。ウォレットも持っていないんだよね」という方が少なからずいたためです。イベントに参加する前は参加者のほぼ全員がウォレットを持っているだろうと考えていたため、衝撃をうけました。

水やインターネットのように、人々が生活の一部としてビットコインを使えるようになるには小学生にとっての小銭のように、ビットコインを「持ち歩く」という感覚が必要であり、そのために気軽にビットコインを使えるYenomのようなウォレットが今後、必ず必要になっていくと思います。

最後のセッションでも語られていた、

" これからのビットコインは ”どうすればビットコインのことを知らない人でもかんたんに使えるか”というユーザー体験(UX)の部分にフォーカスしていく必要があるのではないか。そのためにも自分が周りの人たちにビットコインを使って支払う体験をしてみることが必要になるだろう "

という部分も、世の中におけるYenomのようなプロダクトの必要性や
Yenomが考えるこれからの世界のイメージをより強めてくれるものでした。

ビットコインを実際に生活で使える場面はまだまだ少ないですが、「ビットコインを持ち歩く」という感覚を一人でも多くの方に身につけてもらえるよう、とびきりやさしいビットコイン・ウォレットYenomの開発をこれからも頑張っていきたいと思います。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!ぜひYenom、使ってみてくださいね〜!
1
とびきりやさしいビットコイン・ウォレットアプリYenom(エノム)の公式アカウント。エノムの最新情報を発信します◎ Twitter:@yenom_wallet