新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2022年10月15日(土)21:00よりTwitterスペースにて『小説家の話を聞いてみよう#17【ゲスト:佐藤青南】』を開催します

谷津矢車

【PR】

 前回の柊サナカ先生回、お聴きくださった皆様、まことにありがとうございました。同期の桜である柊サナカ先生と「わしら十年、きっちりがんばりましたねー」とニコニコ話す二時間でしたが、一方で妻が「質問、かなりぶっこみすぎじゃない?」と青い顔をしていましたHAHAHA。まあ、そして谷津が全体に喋りすぎなんじゃないか問題があり、ちょっと反省をしている今日この頃です。
 というわけで、早くも次回のお知らせです。
 次回ゲストは佐藤青南先生です。
 熊本大学法学部中退。ミュージシャン活動の後、2009年、第4回ポプラ社が主催する長編小説を対象とした公募の新人文学賞『ポプラ社小説大賞』で最終選考に残るも落選。2010年、『ある少女にまつわる殺人の告白』で 第9回『このミステリーがすごい!』大賞の優秀賞を受賞、2011年同作で作家デビューを果たす。2016年『白バイガール』で第2回神奈川本大賞を受賞。
 という経歴だけでは見えてこないのが青南先生の作家性。サスペンス・ミステリを武器に多くの読者を掴む流行作家の道を歩まれている作家です。小説のみならず、書店員や司書、版元などを繋ぐイベントを開催したり(2022年現在はコロナ禍のため休止中)、youtubeで読者の質問に答えたりと作家業の定義を少しずつ塗り替えている作家さんです。
 作家業十周年のアニバーサリーイヤー記念作品『犬を盗む』

 を引っさげての登壇となります。佐藤青南のこれまでとこれからを伺う二時間となります。

というわけで、実施要項は以下に。

実施要項
日時:2022年10月15日(土) 午後9時から11時
場所:Twitterスペース(後日開設)
参加費:無料(代わりに佐藤先生の本を買え)
登壇者:佐藤青南、杉山大二郎(以上敬称略)、谷津矢車
実施内容
前半45分 「佐藤青南先生はこんな人」
後半45分 「佐藤青南先生深掘りトーク」
質問タイム
聴取者さんへの注意事項
録音、書き起こしはお断りします。
前半トーク、後半トーク時は質問できません。ご了解ください。
質問タイムの際には丁寧な言葉遣いを心がけてください。
質問者が問題行動を起こした場合、主催者権限でミュート、退室などの措置を行なう可能性があります。
質問については作家活動や作品内容に関するものに限定します。

 スペース会場については後日ご案内します。

 スペース会場を設営しました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
谷津矢車
歴史、時代小説分野を専門にしている商業小説家。ゆるふわ系男子になりたい。