見出し画像

自社の中古品(サルベージ品)の回収枚数と再販売化率と販売実績

原 康人(はらやすと) | ALL YOURS 代表取締役

こんにちは。オールユアーズの原です。

オールユアーズでは、2021年9月より「環す」という製品の回収サービスを実施しています。

画像1

「環す」とは、お手元にある着なくなった洋服を回収し、
● まだ着れるものはメンテナンスしてサルベージ品として再販売する
● 再販売が難しいものは、磁気熱分解を利用し、資源化する
衣類を循環させる、オールユアーズ独自の取り組みです。

画像2

「作ったものに責任を持つ」という考え方からスタートしたこの取り組みには多くの方に興味を持っていただく一方で、よく聞かれることがあります。

「どれくらい集まるの?」
「サルベージ品ってどのくらい売れているの?」

お答えします。

2022年4月6日現在の回収枚数について

664枚

です。
※自社製品のみの枚数です。
※未発売のものも含んでいます。

回収した製品に応じて、ALL YOURS ONLINE STOREで次回以降に使用できるギフトカードを御礼としてお渡しさせていただいております。次回新しい製品をお買い物いただくときには、少しだけお得にお買い物いただくことができます。

回収品の再販売化率について

回収した全ての製品がサルベージ品として再販売できるわけではありません。1枚ずつ丁寧に検品し、リスト化し、再販売できない理由(製品の状態)についても、このように管理しています。

リスト-03

主に、
● 汚れがひどいもの
● 摩耗や劣化がひどいもの
については、サルベージ品としては販売せず、再資源化されることになります。

このような検品を経て、実際に再販売化される割合は、

71.08%_アートボード 1 のコピー 2

です。
「サルベージ品=古着なんだから、全部出せばいいじゃん。」という考え方もあるのですが、例えば中古車がボコボコになった状態のまま販売されていないのと同じように、次のユーザーになる方が安心してお迎えできる状態は担保しないといけないと考えています。

「サルベージ品=ディーラー認定中古車」と同じような立ち位置であるべき

というのが基本的な考え方です。そのような基準の下で約7割を再製品化できているのは、オールユアーズの製品自体の耐久性の高さゆえだと改めて感じています。

2022年4月6日現在の販売実績について

155名_アートボード 1 のコピー

です。この中には複数枚・複数回お買い上げいただいている方もいらっしゃいます。サルベージ品をお買い上げいただく理由はそれぞれあるかと思いますが、次のユーザーへお渡しすることが出来ていることを本当にうれしく思っています。ありがとうございます。

「環す」のこれから

5月には、みなさんが日々活用される公共事業者さまとの衣料品回収と再活用の実証実験をスタートする予定です。このように、事業者の枠を超えてどんどんと広げていきたいと考えています。

また、アパレル事業者さんやブランドを運営されている方が回収再販を検討されているという話しをよく聞きます。僕たちのような小規模事業者でもかんたんに取り組めますし、このような取り組みは事業者の枠組みを超えて多くの方活用できるようになればいいなと考えています。

もしご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、オールユアーズのホームページのチャットよりお問い合わせください。

また、サルベージ品のラインナップは定期的に更新されていますので、よろしければご覧ください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
原 康人(はらやすと) | ALL YOURS 代表取締役
株式会社オールユアーズという東京都世田谷区池尻にある会社の代表です。ALL YOURSというブランドで、着たくないのに毎日着てしまうお洋服を開発してお届けしています。オンラインは allyours.jp 着なくなったお洋服の回収プロジェクト「環す」も。