新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アッタク25の終了と飲食店の閉店と。

こんにちは、飲食店経営者兼ブロガーのおおいしです。

好きなYouTuberはQuizKnockです。あの人たちマジでスゴすぎです。QuizKnockのおかげでちょっと頭が良くなった気がします。日本人で初めて南極大陸に上陸したのは白瀬矗ですよ。


僕はもともとクイズ好きなんですが昨日、衝撃的なニュースを目にしました。伝統のクイズ番組「アタック25」の終了です。

46年の歴史に幕。46年ですか。
デビット・ベッカムやアンジェリーナ・ジョリーがオギャーと生まれたその年に児玉清が「大事な大事なアタックチャ〜ンス」と拳を握っていたと思うと歴史の深さに感服せざるを得ません。(初期からそのセリフがあったか知りませんが)

僕も大好きでした。アタック25。
最近はTV自体を観なくなってしまったのでまったく観ていなかったとはいえ、好きな番組が終わるのはショックですよね。これはもう「ギルガメッシュないと」が終わったときのような喪失感です。

そんな喪失感を噛み締めながら、アタック25の終了と飲食店の閉店について考えてみたいと思います。文章力がない人の話の展開の仕方でスミマセン(笑)。

1.「アタック25」終了のニュースに寄せられたコメント

「アタック25」の終了を報じたニュースでは、

業界全体として若年層の視聴者の獲得へシフト。番組制作に新たな戦略が求められる中、後継に席を譲る形となった。    引用:朝日DIGITAL

と書かれていました。

「アタック25」終了の記事に寄せられたコメントをまとめてみます。

・好きな番組だったので残念
・若年層へシフトするといってもそもそも若年層はTVを見ないし今のままで良かった
・一般人が出られるクイズ番組がなくなるのは寂しい
・コロナ禍で予算カットや目玉のクルーズ旅行が提供できなくなったことも影響してるんだろう
・子どもの頃から見ていたのに残念

僕も同意見です。子どもの頃から日曜の昼は「新婚さんいらっしゃい」を親と一緒に観ながら、早くアッタク25始まらないかなぁと思ってましたから。

白が5番のカドに飛び込むのを今か今かと楽しみにしていましたから。

アタック25

まあ、番組を好きな人ならほとんどの人が同じような感想を抱いたことでしょう。終わるのは残念だ、と。

2.アッタク25の終了と飲食店の閉店と金本元監督の退任

飲食店が閉店するとこんな声が寄せられることがけっこーあります。

・美味しい店だったのに残念
・店主いい人だったのになぁ
・子どもの頃から親と言ってた思い出があるから寂しい
・雰囲気が好きだった
・次の店がどんな店かわからないし、あの場所はあの店のままがよかった

「アタック25」のパターンと似てると思いませんか。

人間の心理というものでそこにあるときには何も感じないのに無くなると悲しくなったりするんです。

阪神タイガースの金本元監督が退任するとき、直前まで金本辞めろ、最下位の責任取れの声が圧倒的だったのに、ホントに辞めるともったいないだのもう一年見たかっただの言い出すのも似てますよね。ん、似てますか?

金本

もう一年見たかったなあ、金本政権。

また阪神の話になってしまいました(笑)

それはさておき、実際僕もここ数年アタック25は全然観ていません。終了のニュースを見て好きだったのになぁと感じただけです。このニュースにコメントを寄せた人も最近はあまり観てないって人も多いんじゃないでしょうか。勝手なイメージですが。

3.飲食店を終わらせないために

もう少し視聴率が良ければアタック25も終わらなかったかもしれません。最近の視聴率の指標は変わってきているのでよくわかりませんが。

飲食店だって同じです。もう少しお客さんが来れば閉店しなかったかもしれません。

飲食店の閉店理由の大半は「売上不振」です。現金がなくなってしまって諸々の支払いができなくなってしまうのです。

それは、そのお店の努力不足。そう言ってしまえばそうでしょう。お店存続のためにがんばりきれなかったのが一番の原因です。僕も廃業を経験していますからわかります。努力不足でした。

でも、飲食店経営者として言いたいです。
Twitterなら「炎上覚悟で言いますが」とつけたいところです。つけないですけど。あれ、ほとんど炎上覚悟なんてしてないじゃん(笑)

えっと、何が言いたいかというと、
閉店になってから惜しむなら、その前にお店に行ってあげて欲しいです。
お店を応援する気持ちがあるなら月に一回でいいんでお店に行ってあげて欲しいです。

経営者にとってそれが一番ウレシイことです。ありがたいことです。
また今度行こうと思ってたらそのお店なくなってたなんてことにならないように。


もちろんこのコロナ禍の中です。感染対策は前提です。大人数での宴会も今はまだできないでしょう。

あなた一人で、パートナーと二人で。それで十分です。
その気持ちがモチベーションになります。

4.まとめ

書きながら熱くなってしまいました。スイマセン。熱くなりすぎてまとまりのない文章になってしまいました。阪神の話はまったく入りませんでしたね(笑)

ただアタック25の終了のコメント読んで、できる限り好きなお店行かなきゃなと思いましたって話でした。


今日の話をまとめます。

アタックチャンスの狙い目はカド!

以上!オツカレでした!

「アタック25」がところどころ「アッタク25」になってるのはわざとですよ、気づきましたか(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます(^^)ウレシイです!
【行動をやめない経営者】25歳700万借金して飲食経営→2年で廃業|失敗と挫折の中で少しずつ成長|雇われ店長で繁盛店に→調子に乗ってたらコロナでコロコロ|36歳で再び飲食店開業|飲食店従事者のためのブログ開設→微々だけど収益化|読書1000冊以上の読書家|お店もブログも伸ばす人