マングローブの龍
見出し画像

マングローブの龍


内容紹介

テーマはかつてギネス・ワールド・レコーズに史上最悪の獣害と記載された1945年の日本軍ラムリー島鰐事件。現存資料を精査し、書きおろしたリアリティー・ウォー・アクション・ノーベル。著者自身により英訳され2006年に国際出版された作品のオリジナル・オーサーズ・カット。
2006年度第7回小学館文庫小説賞最終選考優秀作。
2019年度第4回文芸社出版賞銀賞受賞。
400字詰め原稿用紙換算枚数:280枚

 昭和20年1月、連合軍の全面的反攻にさらされ敗色濃厚となったビルマ戦線。英印軍第26師団の侵攻を受けたベンガルの要衝ラムレ島では、日本軍守備隊が全滅の危機にひんしていた。機関銃分隊銃手、春日稔上等兵は、果敢に戦うが、敵の猛攻の前になすすべはなく敗走を余儀なくされる。マングローブにおおわれた東海岸まで追いつめられた守備隊には、もはやミンガン・クリークを泳ぎ渡りビルマ本土へ転進する以外方法がない。だがそこはすでに敵砲艦が哨戒している。それだけではない。獰猛な入江鰐すら棲息する危険な場所だ。春日は鰐の存在に気づき、恐ろしさを認識するが、その警告に耳を貸す者はなく、部隊は無謀な渡河作戦に突入する。

 一方ビルマ本土では、捜索連隊少尉、角美久に突然の命令がくだる。挺身隊を組織してラムレ島に渡り、窮地に陥った守備隊員を救出せよ、というのだ。角は危険な任務に当惑する。漁船を入手し、どうにか西海岸に潜入するが、すでに敵に蹂躙された島の地勢は複雑で、作戦は難航をきわめる。過酷な状況にあえぎながら、ミンガン・クリークをめざす角挺身隊を待っていたのは……

Kindle版

英語版Kindle

英語版Paperback


マングローブの龍

画像1

二月十六日 〇八三〇 救出指令

画像10

 角美久少尉率いる軽装甲車第二小隊は、夜通し峻険なアラカン山脈を走り、早朝、ここタンガップに到着した。一息ついているところを敵戦闘機編隊に強襲され、ジャングルに逃げ込んだばかりだ。乱舞する敵機に囲まれると生きた心地もせず、機種どころか米英の区別さえつけられなかった。
 いつの間にか、飛行機の爆音、銃声は消えている。角は装甲車の天蓋を開け、恐る恐る首をつき出した。ベンガルの空は明るく、目がくらみそうになる。
 砲塔脇にうずくまっていた小柄なビルマ国民軍兵士が、こわばった顔のままたちあがった。角はポケットから汗で湿った煙草をとり出し、震える手で火をつけた。残り少ない紙巻き煙草だ。エンジンの余熱で蒸し風呂のようになった車内で吸うのは惜しいが、ほかに気持ちを落ちつかせる手立てがない。
「ポンジー、敵機はいったか」
「角マスター、もうどこにも見えない。大丈夫」
 角は大きく煙を吐いた。どうやら無事にすんだようだ。頭上では重なる椰子の葉が風にそよいでいる。
 大丈夫といっておきながら、ポンジーはまだ空を仰いできょろきょろしている。飛行機の苦手なこのビルマ人は、捜索五十四連隊軽装甲車第五中隊のラングーン進駐から、角と行動をともにしていた。日本語も上達し、今では相当なものだ。
 ポンジーとは本名ではない。ビルマ語で僧侶をさす言葉だ。落ちついた趣のある坊主頭のこの青年は、誰からともなくそう呼ばれていた。この国では僧侶は大変尊ばれているので、本人も気に入っているようだ。
 昭和二十年に入ると戦傷、戦病兵に加え逃亡兵まで続出し、ビルマ国民軍は激減した。盟友日本軍に愛想をつかしたかのようだった。だがポンジーは部隊を離れない。先々で角の手足となり、現地人の宣撫などに精を出している。何が彼を駆りたてているのか、角にはよくわからない。
「こうもたびたび飛びまわられては迷惑だ。早くイングリどもをビルマから追い払わないといかんな」
 景気づけにいってみたが、よけいむなしくなった。この国から追い払われようとしているのは日本軍の方なのだ。

 先着している中隊指揮班にタンガップ到着をまず報告しなければならない。払暁までに到着せよ、と命じられていたにもかかわらず、故障や空襲で遅れてしまい、気がつけば日が昇っている。
 角は部下に車両整備を命じると、一人ジャングルを出て、歩兵百二十一連隊本部に向かった。本部といえば聞こえはよいが、実際は街はずれの古寺裏にたてられた竹小屋だ。タンガップはアラカン戦線の要衝なので、彼らのような他部隊も連絡所としてよく間借りするのだ。
 インド洋を渡る風が朝霧を払い始めた海岸道をしばらくゆくと、木立のあいだに古寺の伽藍が見えた。角を曲がると中門の前に並ぶ人影がふたつ。軽装甲車第五中隊長の与田大尉のかたわらに、何度か見かけた師団参謀の一人がたっている。いやな予感がした。なぜ師団参謀がここにいるのか。それにいつも沈着な与田がなぜかそわそわしているようだ。到着の遅れをしかられるのかと思っていたが様子が違う。
 与田が角に気づいたらしい。
「角、たった今師団命令が届いた。昨日の今日で悪いがもう一働きしてくれ。いいか、師団命令だぞ」
 というと、さっそく命令書を読み始めた。
「軽装甲車第五中隊第二小隊長 角美久少尉はただちに一個分隊よりなる挺身隊を組織し、可能な限り大量の小発動艇もしくは民船を収集すべし。爾後船団を率いすみやかにタンガップよりラムレ島におもむき、同島守備隊たる歩兵第百二十一連隊麾下第二大隊の大陸への転進を援護すべし・・・」
 ここまで聞いて、角は愕然とした。その場でへたばりそうになるのを抑えるのに精一杯で、後半はあまり覚えていない。ラムレ島戦況の悪化は、角のような幹部候補生あがりの下級将校の耳に届くまでになっている。そんなところに潜入し、敗残兵を助け出すという非常に危険な任務をあてがわれたのだ。

 昭和十九年七月、ビルマ方面軍は無謀なインド侵攻戦、いわゆるインパール作戦で五万五千の将兵を失う大敗北を喫した。以降勢いづいた連合軍の猛反攻の前に敗走を重ね、その版図は縮小の一途をたどっていた。
 二十八軍五十四師団が守るビルマ南西部アラカン地方も例外ではない。二十年一月三日、北西の拠点アキャブを奪い返されると、それを足がかりに南下する英印軍の攻撃を各地で受けるようになった。
 アキャブ東方約五十キロ、ミエボン半島に駐留する捜索五十四連隊主力部隊も、一月十二日、敵の奇襲を受け、今も苦戦を続けている。前線急行を催促されているにもかかわらず逡巡した与田がなかなか兵を進めず、いまだ戦火をまじえていないが、角の中隊はそもそもこの増援として現地におもむく途中なのだ。
 ミエボン南東約二百キロ、ここタンガップ周辺とラムレ、チェドバ二島の防衛をになうのは歩兵第百二十一連隊だ。ラムレ島はタンガップの北西、マングローブの水路をへだて、ベンガル湾に浮かぶビルマ最大の島。かつて東インド会社の貿易中継地として栄えたチェドバ島は、その南西だ。
 一月二十一日、敵手はついにラムレ島に及んだ。戦艦、空母を含む大艦隊に援護された英印第二十六師団が、北部の港、キャクピュに上陸したのだ。迎え撃つ守備隊は百二十一連隊第二大隊。重砲は英軍から鹵獲した二十五ポンド砲三門しか持っていない。一個師団の敵にあらがいようもなく、すぐ東海岸に追いつめられた。
 さらに二十六日には、空母に支援された約三千の敵がチェドバ島に上陸し、橋頭堡を確保。現地にいた本山少尉以下六名の斥候隊は、命からがら島を脱出し、二月一日、小島伝いにタンガップに逃げ帰った。
 わずかのあいだにベンガルの要衝二島を失い、これ以上の損耗を恐れた連隊司令部は、二月九日、ようやくラムレ守備隊の大陸への転進を認めた。
 だがこのころすでに島と大陸のあいだには、英軍砲艦、航空機が跳梁していた。それらによって守備隊の舟艇はすべて破壊されてしまい、救出作戦は難航した。連隊長が派遣した四隻の小発動艇団は往路敵に発見され、残らず撃沈された。続いて、タンガップ駐在の第二大隊連絡下士官が、百隻に及ぶ民船団を率い救出に向かった。しかし船団はマングローブを迷路のように錯綜する水路に迷って四散してしまい、島まで無事たどりついたのは数隻にすぎなかった。
 ついに打つ手のなくなった連隊司令部は、守備隊に対し、大陸との最短部、ミンガン・クリークを泳ぎ渡れ、という途方もない命令を出してしまった。
 見かねた師団司令部が、この無謀な転進作戦を援護せよと、今また角に白羽の矢をたてたのである。

この続きをみるには

この続き: 115,293文字 / 画像10枚

マングローブの龍

葛西泰行

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒。広告クリエーター、エディトリアル・デザイナー、イラストレーターを経て、2005年より執筆。処女作「マングローブの龍」が2006年度小学館文庫小説賞最終選考優秀作。英語版を同年末、米国で発行。2019年、同作改修版が文芸社出版賞銀賞受賞。