葛西泰行

武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒。広告クリエーター、エディトリアル・デザイナー、イラストレーターを経て、2005年より執筆。処女作「マングローブの龍」が2006年度小学館文庫小説賞最終選考優秀作。英語版を同年末、米国で発行。2019年、同作改修版が文芸社出版賞銀賞受賞。
固定された記事

飛ぶトナカイ

内容紹介  昭和13年、ノモンハン事件に動員された富樫要。しかし部隊はあえなく全滅。唯一の生存者となり、生死の境をさまよっているところを、撤退中の部隊のひとり、伊…

500

水害軽減ティップス

古来、海、山、川には龍がすむ。時に猛りくるい、津波、山崩れ、洪水など厄災をひきおこし、あまた命を飲みこむ。ゴジラやガメラと違って何しろ本物の怪獣。自衛隊など相手…

コロナ五輪の券の件

昔からロード・レースとフェンシングが好きだが、わが国では不人気、テレビ中継など滅多になく、ライブ観戦も難しかった。でも今はネットがある。気が向くまま毎日でも視聴…

マングローブの龍

内容紹介 テーマはかつてギネス・ワールド・レコーズに史上最悪の獣害と記載された1945年の日本軍ラムリー島鰐事件。現存資料を精査し、書きおろしたリアリティー・ウォー…

500