開催レポート「YAPキックオフ2022年度タネまき会」
見出し画像

開催レポート「YAPキックオフ2022年度タネまき会」

横浜アクションプランナー(YAP)

こんにちは!横浜アクションプランナー、略してYAP(ヤップ)です。

2022年1月29日(土)にYAPのキックオフ説明会を開催しました。この記事では、「YAPの説明会ってどんな感じなの?」と雰囲気を知っていただけるよう、開催レポートをお届けします!

当日の流れ

1)ZOOMに集合

「こんばんは!」「あ、◯◯さん久しぶり!」「◯◯さん初めまして〜」
開始5分前から5分過ぎ頃まで、三々五々集まって会話をして、ゆるりと始まります。

2)YAPの団体紹介・これから参加できる活動紹介 10分

まずはYAPの団体紹介と、今年参加できる活動をご紹介します。
YAPは社会人のための地域活動の入り口ですので、横浜各地のNPO・地域コミュニティを「覗いてみる」「味見する」ことができます。今年(2022年)紹介している活動は5つ。

3)みんなの自己紹介&プチ交流タイム 40分

会の趣旨は説明会ですが交流もYAPの楽しさです。
3名ずつの少人数にグループを分けて、自己紹介。
普段どんなことしてる人?あなたはどうしてYAPへ?YAPのおすすめ活動は?そして次のテーマトークへのつながりで、「サードプレイスの印象的な体験」についても話しました。

4)テーマトーク:コミュニティとコーディネート 30分

参考図書を紹介しながら、「これから参加したいと思っている人にYAPを紹介するとしたら?」というテーマでざっくばらんにディスカッション。

前のグループトークでの盛り上がりも手伝って、こちらのトークもかなりヒートアップしました。

「YAPに関わるみんなで共通してるのは、そういう場所があることで人生が豊かになっているから。なりそうだから。ってことかも。」

YAPって、0.5ぐらいプレイスかなと思う
3というとなんだか遠いし、2っていうほど厳しくない。1とカウントできるほどYAPの活動の比重は重くない。っていう感じに規模感的には0.5なんだけど、それがないとまた違う。気づいたらそこに存在している。という感じがいいんだと思う。」

「YAPってずっと居続けなきゃいけない場所じゃないと思う。人生の必要なタイミングで関わって、抜けて、いつでも戻ってこられる。たまたま同じ時に居合わせた人がいろいろ知り合いながら活動していくのが楽しい。」

YAPみたいな居場所(サードプレイス)をたくさんもっていることは自分を楽にする。居場所ごとに色んな顔があって、辛い時、苦しい時に逃げられる場所がどこかしらにあるってことが人生楽しく生きるコツなのかも。」

などなど、サードプレイスってなんぞや?というところから、人生楽しく生きるには?豊かな人生とは?というところまで。ここには書ききれないくらい、かなりディープなトークとなりました。

参考図書『地域とゆるくつながろう! サードプレイスと関係人口の時代』

5)おわりに (事務連絡、写真撮影)

おしまい。最後に、活動への参加を希望する方にはYAPのメンバー用Facebookグループへ招待。Facebook上で参加希望を募り、日程調整をし、連絡を取りながら、実際の活動へ進んでいきます。

参加メンバーからの感想

水野さん
12月にYAPの活動に初めて参加して、改めてYAPについての説明を受けた今回、YAPの活動の多彩さに改めてワクワクしつつ、これからの活動が楽しみになる会でした!

特に盛り上がった、サードプレイスに関してのディスカッション。

個人的にはプライベート(ファースト)と仕事(セカンド)だけでは得られない経験や知識をそれ以外の活動や場所(いわゆるサードプレイス)で得て、それをファーストやセカンドに還元できる。

また反対にファーストやセカンドでの経験をサードに還元する。という知識、経験の循環が出来たら、私自身も周りの人たちも幸せなんじゃないかなーと考えていました。

ですが、実際にディスカッションしてみると、

「サードプレイスを複数持っておくことで、仕事やプライベートが上手くいかなかった時の、癒しや休憩場所、自分の居場所を持っておくことが出来る。」

「仕事とプライベートな空間を行き来する間での緩衝材、切替のための空間としてサードプレイスを捉えている。」

など様々な意見全てに共感できて、他のメンバーに指摘されるほど‪(笑)ディスカッション中、ずーっと頷きっぱなしでした。

ディスカッションを終えて最終的に感じたこととしては、

①知識、経験を積み重ねる【縦軸の視点】と、②ゆるい繋がりや居場所を複数持っておくことで生活の幅を広げる【横軸の視点】の両方の視点を持ってサードプレイスの意味付けをしていくと、自分の生活全体の豊かさや、安定感に繋がって「サードプレイス」というぼんやりしたものの良いとこ取りが出来るのではないかなと思いました。

● 横浜アクションプランナー(YAP)

私たちは、社会人にとって関わりやすい「地域参加の入り口」をつくりながら、20~40代の社会人が、それぞれのペースと興味で活動中!
https://yap.actionport-yokohama.org/

ご関心ある方、まずはオンラインの会から参加してみませんか?
Webサイトからお問い合わせください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
横浜アクションプランナー(YAP)
『若者の力で横浜を盛り上げよう!』を合言葉に、社会人にとって関わりやすい「地域参加の入り口」を つくる社会人サークルです。 20~40代の社会人が、それぞれのペースと興味で活動中!