たくさん歩く(愛岐トンネル群1) #28
見出し画像

たくさん歩く(愛岐トンネル群1) #28

やん(矢野達也)

11月30日、たくさん歩くの最終日。
雨乞岳に登った翌日、そんな簡単にフィナーレを飾るのにふさわしいところは思いつかないよって思っていたのですが、近場でなにかないかなぁ?ってネットを検索していて気になった場所がありました。

「愛岐トンネル群」という春日井市にある場所です。
普段は立ち入り禁止となっているのですが、春と秋に数日だけ公開されるところになります。
入場料は100円でしたが、安いもんです。
Webで見かけたのが11時過ぎ、すぐに準備して12時過ぎ、自宅から40分ぐらいで現地に到着していました。
最終受付が14時とあったので、慌てて飛び出しましたが余裕で間に合う。

ただ、車は近隣に駐車場がないので定光寺公園の無料駐車場に停めました。
定光寺の駅までは約15分ほど歩きます。かなり急な下り坂になります。
途中で橋を渡りますが、流れている川は庄内川、名古屋に住む人にとっては馴染み深い川になりますね。

画像1

画像2

画像3

橋を渡ると案内板がありました。
春日井市はサボテンが有名なんです。
サボテンのくせに恥ずかしがり屋でハニワをかぶる「井之介」(いのすけ)というキャラクター・・・被り物だけに、なにかとかぶりますwww

画像4

歩くのが嫌な人は別の駅から電車で来ることをおすすめします。
(行けるとしても来年の春になりますが)
戻り時間はあらかじめチェックしておいたほうが良いですね。

画像5

定光寺駅からの眺めも良いですが、まっすぐトンネルに向かいます。

画像6

トンネルの入り口に向かう入り口。

画像7

トンネルの入り口です。
平日の月曜日ですが、紅葉もあって、結構な賑わいでした。

画像8

どういうトンネルなのかはこれを読めばわかります。

画像9

さぁ、ワクワクしながら突入していきます。

画像10

おぉ、懐中電灯を持ってくるようにとあったのですが、ここは見えますね。

画像11

トンネルの出口

画像12

廃線となった線路を使った落石防止ネット
うまく利用してますね。

画像13

脇には支援者によって、様々な展示や体験できるスポットが作られています。

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

画像19

ものすごく頑張ってる感がww いや、大事です。愛ですよ愛。

今度はちょっと暗いトンネル。
足元はもともと線路なので線路にまかれる石(バラスト)があります。
歩きづらいのでスニーカーや厚底の登山靴の方が良いですね。

画像20

庄内川がきれいな鏡になっていました。

画像21

いいですよね。この景色。

続きます。
(最後なので小出しにw)


この記事が参加している募集

この街がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やん(矢野達也)

サポートいただけると喜んで活動するタイプです。どうかよろしくお願いいたします。(^o^)

ヤンヤンつけボーあげる!
やん(矢野達也)
合同会社アクスリー 代表社員 テニス・バレーボール・スノーボード・登山・旅行・グルメ・絶景・街ブラ・博物館・美術館・マンガ・映画・アニメ が好きな「やん(矢野達也)」と言います。 🌺🐍ちむどんどん部 No.3🍌🌺 よろしくね(^o^)