見出し画像

遠い銀河系で進化した怪獣が地球を侵略する絵「Monster」のアイテムを発売開始

YANKA

20XX年、怪獣が太陽系を侵略する破壊活動を開始する。地球はその標的の一つであり、それに対抗する防衛力はなかった。この怪物は、カニの手足、イカの胴体、タコとイソギンチャクの頭部を持ち、恐ろしい牙とカメラレンズの目を持っていた。この怪物は人間が宇宙に捨てた廃棄物が他の星で進化したもので、地球上の生命と同じDNAを持っていた。
販売サイト:
YANKA公式オンラインサイト
https://yanka.fashionstore.jp/

NFT
https://opensea.io/Hiloyuki_Kubota

------------------------------------------------

“Monster" a picture of a monster evolved in a distant galaxy invading the earth

In the year 20XX, monsters begin their destructive activities to invade the solar system. Earth was one of its targets, and it had no military force to counter it. This monster had the limbs of a crab, the body of a squid, the head of an octopus and a sea anemone, with fearsome fangs and camera-lens eyes. Yes, this monster was a waste product that humans dumped into space and evolved on another planet, and it had the same DNA as life on Earth.

Sales site: 
YANKA official online site
https://yanka.fashionstore.jp/

NFT
https://opensea.io/Hiloyuki_Kubota



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!