見出し画像

息子へ初めて贈ったもの。

 十数年前、私の息子が生まれました。
 親になった私達夫婦が彼に最初にプレゼントしたものは「名前」です。
 様々な経緯があって、最終的に「ゆたか」という名前を贈りました。

 命名の漢字は私と妻が息子に「こうあってほしい」という字を一つずつ出し合って、私が画数の本と首っ引きで良い画数の漢字を選んでつなぎ合わせ、いくつかの候補から二人で話し合って決めたのです。

 さて、漢字は決まりましたが、読みはどうしようとなりました。
 改めて息子の名前を並べてみると、なんだか武将のような勇ましい漢字が並びます。字はいかついけど、読みは柔らかくしたいな、と新米パパの私は頭を抱えます。

 妻と息子はまだ病院でしたので、お見舞いから帰って、一人、静かなアパートのワンルームで考えます。
 ポツンと置かれた小さなテーブルの前に何故か正座。カバンから取り出した名前候補の紙を眺め、改めて息子の氏名を声に出して読んでみます。
 決まっていて変えようがない名字に3文字の名前を加えると、読み上げるリズムがしっくりいきました。よし、これでいこう。
 ちょうど会社の先輩に「ゆたか」さんがいて、漢字の名前の「読み」にもあまり違和感ないように思えたので、こっそり拝借することにしました。
 そうして、妻に提案し、名前が決まったのです。役所に届ける時、妙に緊張したことを覚えています。

 こうした由来を持つ息子の名前ですが、実はもう一つ、私は彼の名前に願いを込めています。
 「ゆたか」なので、豊かな人生を送ってほしい。少なくても、彼の人生が終わる時、そう思ってほしい、という願いです。今は覚えていないのですが、なぜか妻にはこの「もう一つの願い」をきちんと伝えていませんでした。

 十年前くらいでしょうか。息子が保育園の時に、二人で車で遊びにいった車中にそれは起きました。
 当時夢中で見ていたテレビ番組の話などの他愛の無い話をしていると、息子は、保育園で自分の名前の由来を聞いてくるように言われた、と突然コーフン気味に言い出しました。

「パパ、僕の名前、どうしてつけたの?」

「ああ、ママと話し合って『こういう人になってほしい』って思ってつけたんだよ」

 神妙な顔で私の話を聞く息子。私は親から名前の由来を未だに聞けず、心残りに思っていたので、妻に言っていないもう一つの由来もきちんとお話しました。

「実は君の名前に、パパはもう一つ、願いを込めたんだ」

「どういうこと?」

「『豊かな人生を送ってほしい』……つまり、楽しかったり嬉しいことができる限り多いように生きてほしいってことさ。楽しくないこともきっとあるけど、出来れば楽しいことの方が多くなってほしい、という願いだよ」

 息子は押し黙って窓の景色を眺め始めました。なんの変哲もない大通りが見えますが、小さな頭で解釈しようとしているのでしょう、景色は目に入っていない様子でした。
 その後、息子は得意げに名前の由来を妻に伝えた結果、私は『もう一つの願い』について聞いていなかった妻から「なんでそんな大切なこと言わなかつたの!!」と半分本気で叱られました。

 名前を贈ってから、十数年。
 思春期の小生意気全開な息子。腹立たしいことも多いですがそれなりに健康に育ちました。彼が豊かな人生を送っているかどうか、それは彼自身にしかわかりません。
 ただ、やかましくボイスチャットで騒ぎながらオンラインゲームで遊んでいる彼を見て「彼は彼なりに豊かな人生かもな」と感じる私がいます。

※追記(2020/11/1)
note公式のオススメ記事に選んで頂いたことで、5000を超えるPV頂きました。読んで頂いた皆様、本当にありがとうございます。未だに実感はありませんが、皆様の心の片隅に残れば嬉しいです。
その他の記事や写真、水墨画など、気に入ってただければ使っていただければ幸いです。

この記事が参加している募集

名前の由来

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

基本的に全文見れますが、投げ銭と同じ扱いにしてありますので、作品や記事が気に入って頂ければ、ぜひサポートお願いいたします。

実はこういうのも描いてます。順次増やしていきますよ。
102
千葉に住んでいるIT企業(文教系sol)のサラリーマン / 事業承継士(事業承継協会認定)を兼業 / 「ドラマシナリオ」「サラリーマンの事業承継」の記事と写真や水墨画を投稿 / シナリオ中心の創作サークル「シナリオできるかな the サークル」主催中

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 19449本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。