子育て中のママ・パパでも参加しやすい地域活動5選!
見出し画像

子育て中のママ・パパでも参加しやすい地域活動5選!

Hitonari Magazine

結婚や子育てにより、今までと環境が変わり地域と疎遠になってしまう方は多いです。

また、これまで地域活動に参加していた方も、子育てによる忙しさで活動から遠ざかってしまうことも。

そんな、結婚や子育てにより環境が変化する中でも、子育て中のママ・パパが取り組める地域活動を5つご紹介します。

1.単発イベントが中心の地域活動

地域活動というと、一定期間活動に関わらないといけないイメージがありますね。

しかし、単発イベントを中心に地域活動を募集している場合もあります。単発であれば、子育て中の忙しい中でもスキマ時間を見つけて参加ができるでしょう。

また、一定期間活動に関わる必要がないため、負担がかかることもありません。単発イベントにはさまざまな人が入れ替わりで参加するため、参加する度に沢山の人とのつながりを持てるといったメリットもあります。

2.親子で参加できる清掃系の地域活動

1人で参加するのではなく、親子で参加できる清掃活動などに参加するのもいいですね。子どもと一緒に参加できるため、子どもを預ける場所を探す必要がなく、気兼ねなく活動に参加できます。

また、親子で参加することで子どもにとって楽しい思い出になるかもしれません。地域のほかのママ・パパとのつながりが持てる、といったメリットもあります。

3.在宅でもできるバックオフィス系の地域活動

外に出て体を動かして行う活動だけではなく、在宅でできるバックオフィス系の地域活動を探すというのも一つの手です。

在宅でできるため、子どもを見ながら仕事ができ、子育てと地域活動を両立しやすいでしょう。また、時間ができたときだけ、活動に顔を出すということもできますね。

4.負担が少ない収集・募金・寄付の地域活動

収集・募金・寄付は、活動により金銭的な負担がかかったり、長時間縛られる活動ではないことが多いです。そのため、比較的誰でも参加しやすく、地域活動がはじめての人でも取り組みやすい活動でしょう。

また、募金活動などは募集されていることが多いため、自分が参加できる日程で活動を見つけやすいといったメリットもあります。

5.既に取り組んでいる人は活動のポジションを変えてもらう

既に、地域活動に取り組んでいるという人は、子育てと地域活動の両立が難しく活動を辞めたり、休止することを考えている方もいるでしょう。しかし、子育てにより地域活動から離れてしまうのはもったいないです。

例えば、忙しいポジションにいるのであれば、バックオフィス系のメンバーとポジションを変わってもらうという手もありまね。そうすれば、負担が少なくなり子育てとの両立を図れるようになるでしょう。

活動を継続したいと考えているのであれば、すぐに辞めると決断せずにまずはメンバーと継続する方法がないか話し合ってほしいです。

まとめ

結婚・子育てが原因で地域と関われなくなるのは、損だと思いませんか?地域との関わりを持っておくことで、例えば災害が発生したり子どもになにかあったとき、地域の人が手助けをしてくれるかもしれません。

地域活動は、助けてもらえる地域の人とのつながりを持ったり、家とは違うもう一つの居場所とやりがいを手に入れられたりと、たくさんのメリットがあります。

地域活動に参加してみたいと考えている子育て中のママ・パパの方は、まずは負担の少ない活動を見つけて、少しずつでもいいので地域との関わりを築いていってくださいね。

▼みなと交流館では、地域活動団体・ボランティア団体の紹介も行っております。詳しくはこちらをご覧ください。

画像1
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Hitonari Magazine
地域活動応援マガジン「Hitonari Magazine」(ヒトナリ マガジン)は、地域活動(NPO・ボランティア等)に興味を持っている人や、既に活動している人向けに役に立つ情報を発信するWEBメディアです。運営は、八幡浜元気プロジェクトとみなと交流館で共同で行っています。