見出し画像

【“私のふるさと語り”Vol.2山形】大和田日向子(ひなこ)

全国各地に会いにいきたいと思える人、遊びに行きたい街が増えていくように」と代表大山の想いを詰め込んで始まった『まちと人のマッチング “オンラインコミュニティ”』。そこに住んでいなければ見えない景色をオンラインコミュニティメンバーが綴るコラム『私のふるさと語り』。ホッと一息つきたい日曜の夜に、オンラインコミュニティメンバーがリレー形式で更新します!

1ターム目の今回は、“オンラインコミュニティメンバーの自己紹介”で、バトンを繋いでいきます🤝

皆さん、はじめまして!11月にオンラインコミュニティメンバーになりました。大和田日向子(ひなこ)です!

チア

山形大学地域教育文化学部に通っている2年生です(2019年12月時点)。教育を専攻していて、小学校・中学・高校の英語の教員免許を取得しようと日々学んでいます。

所属しているチアダンスサークルでは、代表を務めており、山形大花火大会を始めとするイベントや、プロスポーツチームでのパフォーマンスなど、様々な場所で地域に根ざした活動に励んでいます。

私の強みは好奇心旺盛で、やりたいと思ったことに対してすぐに準備し、チャレンジできるところ。大学に入学してからもその気持ちは変わらず、今しか出来ないことを考え、1日1日を大切に過ごしています。

ここ最近の1番大きな挑戦は「ホノルルマラソン2018」への参加。走ろうと決めてから、万全の準備と練習を重ね、フルマラソン(42.195km)を完走しました。そこで国を超え、世界の人々が1つのゴールに向かって走る素晴らしさを体感。また苦しさを乗り越えた先にある達成感を、今でも鮮明に覚えています。この経験を通して、自分の強みを生かして、もっともっと幅広いことに挑戦したいと思い、夢中になれる’’何か’’を探していました。

そんな矢先で東京に行く機会があり、知り合いの方から、うーまんずとアオハルさんのコラボイベント『5月病に勝ちたい女子必見!〜モヤモヤ解消の新常識〜』を紹介してもらい、参加しました。

うーまんずアドバイザリーボーダーでもある森本千賀子さんから、数々のヒントを教えて頂き、充実した時間を過ごしました。

スクリーンショット 2020-07-17 23.38.02

それだけでなく、この日のイベントを他団体とコラボで企画し、開催していたウーマンズ代表の友理ちゃんと元副代表の里沙ちゃんとの出会い。同い年の2人がメインで関わっていたことに、衝撃を受けました。

モヤモヤ女子

このイベントを機に、私は自分の中にある2つの想いに気づきました。1つは、東北で活躍されているロールモデルに出会いたいということ。もう1つは、「これからどんなふうに生きていこうか」と私と同じような悩みを抱えている人に、ライフステージの変化に合わせた情報を発信し、届けたいということ。

イベントから半年が経つタイミングで、友理ちゃんから、ウーマンズとして作ろうとしていた“オンラインコミュニティ”の話を聞きました。実現したいことが私の想いと重なっていて、迷うことなく、真っ先にオンラインコミュニティメンバーになりました。

これからの目標は、都心に比べてチャンスが少ないと感じている東北で暮らす同年代の仲間に、多様な生き方を知れるきっかけや、出会いの場を作ること。東北で自分の生活に向き合っている女性たちに取材し、発信し、様々なイベントを企画しながら、自分自身のロールモデルも見つけたい。そう思っています。
そして東北に住んでいる私たちが何気なく過ごし、見逃してしまっている東北の魅力を探しつつ、取材し、「ふるさと語り」で発信していきたいです!

次のバトンを受け取ってくれるのは、私と一緒に東北コミュニティを盛り上げる花奈子です!活動すると決めて真っ先に声をかけたのが、同じ大学の友達で、以前から‘’何か面白いことをしてみたいね’’と話していた花奈子でした。2人で協力して、これから東北で活動していくことがとても楽しみです🥺

早速花奈子と一緒に企画し、初めて取材に行きました(昨日21日)!
私たちのまちの自慢人』初回にお迎えさせて頂いたのは、株式会社epi&company代表取締役 松橋穂波さん。東日本大震災を機に学生団体を設立させ、その後法人化。「女性のロールモデル」を世に広める事業を東北で展開されています。

穂波さんの言葉には、挫けずに前を向くヒントが沢山詰まっていました!来年(2020年)に記事を公開します、お楽しみに!

大和田日向子2000年生まれ。山形大学地域教育文化学部2年。山形大学チアダンスサークル代表。TOMODACHI RISE 2020 プログラム 北海道・東北地域リーダー。学業・活動の傍ら山形放送でのアルバイトに励む。2019年11月からWomen’s Innovationオンラインコミュニティメンバーとして、東北で活動を始める。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも沢山の方々の応援ありきで活動できています、ありがとうございます^^サポートは活動費(イベント開催)に使わせて頂きます🥺サポートという形でも応援頂けたら嬉しいです!

応援ありがとうございます^^
3
ライフステージに合わせて選択している、全国各地の多様な女性の生き方を紹介する学生コミュニティ🗣【コンテンツ】取材、お悩み相談ラジオ、イベント開催、まちと人のマッチング“オンラインコミュニティ”(HP:https://www.womens-innovation.com )

こちらでもピックアップされています

私のふるさと語り
私のふるさと語り
  • 24本

「全国各地に会いにいきたいと思える人、遊びに行きたい街が増えていくように」と代表大山の想いを詰め込んで始まった『まちと人のマッチング “オンラインコミュニティ”』。そこに住んでいなければ見えない景色をオンラインコミュニティメンバーが綴るコラム『私のふるさと語り』。ホッと一息つきたい日曜の夜(2週間に1回)に、リレー形式で更新します!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。