マガジンのカバー画像

ENGINEER BLOG

6
WFSエンジニアのブログを不定期で掲載していきます!
運営しているクリエイター

記事一覧

#6_CEDEC2022 Wright Flyer Studiosのセッション紹介

こんにちは、Wright Flyer Studiosのエンジニアの西田です。 いよいよ夏になってきましたね!夏といえばCEDEC!! CEDECとは日本のゲーム業界最大の開発者向けのカンファレンスです。 毎年、パシフィコ横浜に汗だくで行っていろんな他社様の事例を聞いて、ウチはまだまだだなあ、頑張らないと。という気持ちになってちょっと落ち込みながらおうちに帰った新人の頃を思い出します。 今年はオンライン!なので家、またはオフィスで同僚とセッションを見ることになりそうです。

スキ
13

#5_WFSのサーバサイドを支える技術

こんにちは。 WFSでサーバエンジニアをしている藤田です。 この度、WFSのブログが開設されましたので、現在のWFSのゲームのサーバサイドを支える技術について紹介させていただければと思います。 特に、私たちが2021年から2022年にかけてリリースしたゲームにおける採用技術を中心にまとめたいと思います。 サーバ構成まず、サーバ構成ですが、最近リリースしたゲームは基本的に全て以下のような構成になっています。 大きく分けて、お客様がアクセスするゲームAPIサーバ(API

スキ
12

#4_アナザーエデンのクライアントエンジニアの推薦図書紹介

こんにちは、株式会社WFSのエンジニアのシニアマネージャーをしている喜多岡です。主に「アナザーエデン 時空を超える猫」のクライアントチームのエンジニアリングマネジメントを担当しております。今回のブログでは、アナザーエデンのクライアントチームの推薦図書についてご紹介します。 開発体制の紹介アナザーエデンのクライアントエンジニアは18名(2022/06/02時点)で活動しています。中途採用のメンバーが多いため、家庭用ゲームを開発していた方が多く在籍しています。チームの平均年齢は

スキ
18

#3_とても開発が捗ったUnityのAssetのリスト

こんにちは、WFSでテクニカルディレクターをしている西田です。 みなさんUnityと仲良くしてますか。 WFSで直近リリースした3作品はゲームエンジンとしてUnityを採用しています。 UnityってAsset Storeに便利ツールやリソースがたくさんズラッと並んでますよね(たくさんあって迷う!) 内製でいろんなツールの開発はしているのですが、世の中に出ている便利なものはなるべく使ってゆきたい。ので、WFSではαやβ開発の初期にいろんなAssetを試してたりしています

スキ
39

#2_WFSブログにnoteを選んだ理由

こんにちは、株式会社WFSでエンジニアのシニアマネージャーをしている野村です。シニアマネージャーって何してるの?と言われることがよくあるのですが、その時々で役割が違ったりしています。 僕の場合、直近は新規のプロダクト開発の現場に入っていきコードを書いたりアセット配信やアプリバージョンアップのフロー整備、スケジュール調整などをやっていました。聖剣伝説 ECHOES of MANA (配信:株式会社スクウェア・エニックス)もリリースされましたので、この機会にエンジニアブログを書き

スキ
32

#1_WFSブログ始めました

はじめまして!株式会社WFSでTechnology Development部というエンジニアの組織で部長をやっている紙谷です。主にエンジニアの組織運営、予算管理、新卒及び中途採用、社内外調整から雑用まで幅広くやっております。現場にいた頃は主に課金・認証周りの基盤システムのサーバーサイドの開発・運用をしておりまして、当時から全てのプロダクトに対して横断的に関わり、今現在もプロダクトがリリース直前になると課金まわりの不具合調査やAppleやGoogleのストア周りの設定確認などで

スキ
46