新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

[2021年度版]データで見る日本のCBDオイル取扱ショップ(1,013店舗)動向

みなさま、こんにちは!

CBD Library』と申します。

このたびは、CBD情報メディア『CBD部』さんのご招待で「CBDアドベント2021(3/24〜4/20)」に参加させていただくことになりました。

『CBD Library』では、日本全国でCBD(カンナビジオール)オイルを取り扱う実店舗(医療機関、美容・健康サロン、飲食店等含む)情報を集めたメディアで、店舗検索機能も備えております。

▶︎CBDオイルのショップ(店舗)検索サイト 『CBD Library(ライブラリー)』

日本におけるCBDオイルの認知・普及を目的に、2020年4月にリリース。

以来、自社による独自調査で実店舗情報を更新し続け、実は今月、節目となる1,000店舗の掲載数に至りました。

せっかくの機会ですので、今回、蓄積した店舗データをランキング形式でシェアし、CBDをとりまく環境について少しでも理解が深まれば、、、という趣旨で投稿させていただきます。

それでは、よろしくお願いいたします。

調査の概要

調査方法:インターネット調査(内、620店舗分は直接のインタビュー調査含む)
調査対象:運営するCBDオイルショップ(店舗)検索サイト『CBD Library』に掲載された実店舗
調査件数:1,013店舗
集計時期:2021年3月24日時点

都道府県別ショップ数「東京に全国の1/4の店舗が集中」

※カッコ内は構成比

1位.東京都:248店舗(24.5%)
2位.神奈川県:82店舗(8.1%)
3位.大阪府:81店舗(8.0%)
4位.愛知県:53店舗(5.2%)
5位.埼玉県:50店舗(5.0%)
6位.千葉県:46店舗(4.5%)
7位.福岡県:38店舗(3.8%)
8位.兵庫県:36店舗(3.6%)
9位.北海道:34店舗(3.4%)
10位.茨城県:25店舗(2.5%)
その他:320店舗(31.6%)
合計:1,013店舗

都道府県別のCBDオイルショップ数を調査した結果「東京都」(24.5%)が突出して多く、次いで「神奈川県」(8.1%)、「大阪府」(8.0%)となりました。

上位10都道府県の顔ぶれは、ほぼ日本の人口ランキングの上位10都道府県と一致します。

また、ショップ数の構成比は、上位10都道府県で全体の7割を占める結果となりました。

「東京都」は、日本の人口ランキングでも首位ですが、その構成比は10.9%であることを考えると、CBDオイルショップに関しては、東京への集中ぶりが顕著に見て取れます。

<出典元>
▶︎人口推計 平成30年10月1日現在人口推計 (政府統計の総合窓口)

なお、CBDオイルショップが最も少なかった都道府県は「高知県」(1施設)でした。

業態別ショップ数「CBD専門ショップは、全店舗の2.7%」

※カッコ内は構成比

1位.量販店:415店舗(41.0%)
2位.医療機関:196店舗(19.3%)
3位.健康・美容サロン:110店舗(10.9%)
4位.Vape(ベイプ)ショップ:75店舗(7.4%)
5位.飲食店:69店舗(6.8%)
6位.雑貨店:54店舗(5.3%)
7位.CBD専門ショップ:27店舗(2.7%)
8位.アパレル・スポーツ・カルチャーショップ:26店舗(2.6%)
9位.薬局、ドラッグストア:15店舗(1.5%)
10位.スポーツ・フィットネス・ヨガスタジオ:10店舗(1.0%)
11位.鍼灸・整骨・整体院:9店舗(0.9%)
12位.ヘアサロン:6店舗(0.6%)
13位.レジャー施設:1店舗(0.1%)
合計 1,013店舗

CBDオイル取扱店舗の13業態別の内訳を調査した結果「量販店」(41.0%)が突出して多く、次いで「医療機関」(19.3%)、「健康・美容サロン」(10.9%)となり「CBD専門ショップ」は、2.7%にとどまりました。

首位の「量販店」は、大手ディスカウントストア「ドン・キホーテ」「MEGAドン・キホーテ」「ピカソ」が大半を占めました。

当初は一部店舗限定の取り扱いだったCBDオイルですが、試験販売を経て、全国400店舗以上で取り扱うようになったと、担当者は語ります。

また「美容・健康サロン」では、大手美容サロン「たかの友梨ビューティクリニック」がCBDオイルを活用したメニューを導入し、大きく店舗数を伸ばしています。

従来、CBDオイル以外の商品やサービスを主軸に展開していた異業態の参入も目立ち、市場の裾野が広がっています。

CBDオイルを取り扱う実店舗の増加は、原料である大麻(麻)に対する従来のステレオタイプなイメージの変化にもつながっています。

一方で、CBD専門ショップは、昨年9月に調査した時から微増(23店舗→27店舗)でした。

コロナ禍での新規出店控え、規制や市場動向を様子見する慎重な姿勢もうかがえます。

■1位.量販店

量販店-1

CBDオイルを取り扱う実店舗の中で、最大勢力となる業態です。

その内訳を見ると、415店舗中414店舗が『ドン・キホーテ』『MEGAドン・キホーテ』『ピカソ』を展開する『パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス』のグループ店が占め、多様性に乏しい状態です。

CBD先進地であるアメリカでは『ホールフーズ』などの大手スーパーマーケットでもCBDオイルを取り扱われていますが、日本では今のところその気配は見られません。

本来、地域と日常に根ざしていることに加え、コロナウイルス拡大による「巣ごもり消費」の中、需要が拡大している業態でもあります。

こうした領域で扱われるようになると、CBDオイルのイメージと浸透度は激変するでしょう。

2位.医療機関

医療機関-1

あまり知られていないことですが、CBDオイルは、医師や歯科医によって自費診療の一環としても処方されています。

その多くが、西洋医学だけではない栄養療法、サプリなど全身的なアプローチにも取り組んでいる医療機関。

患者側にも「薬に頼りたくない」「薬の耐性がついてしまった」「自然由来の物で身体をケアしたい」という理由で、CBDや医療用大麻の情報収集をされる方も増えてきたといいます。

海外論文や臨床情報に基づいた認知・啓蒙を行う医学団体『日本臨床カンナビノイド学会』『臨床CBDオイル研究会』『GREEN ZONE JAPAN』の積極的な活動もあり、取り扱いが広がっています。

▶︎日本臨床カンナビノイド学会
▶︎臨床CBDオイル研究会
▶︎GREEN ZONE JAPAN

「風味の問題で患者さんがなかなか続かない」という理由で取り扱いをやめるケースも見られる中、医療機関向けのブランドも開発されるなど、独自の発展を遂げています。

■3位.美容・健康サロン

健康・美容サロン-1

施術と組み合わせて、CBDオイルを活用するメニューが増えています。

「免疫」「自然療法」「ナチュラル」「アンチエイジング」「美肌」といったキーワードでアプローチすることで、女性のニーズを捉えています。

美容と健康の悩みは、多くの方が興味・関心を抱く領域です。

ソリューションメニューとして、今後もますます取り扱いが増えていくでしょう。

■4位.Vape(電子タバコ)ショップ

Vapeショップ-1

Vapeのラインナップに、CBDリキッド(ヴェポライザーを使って気化させて、肺で吸引するための商品)を加えているケースが大半です。

日本では、早くからCBDに着目している業態ですが、取り扱い商品に占めるCBD商品の構成比は、年々高まっています。

中には、VapeショップからCBD専門ショップへ業態変更した店舗もあります。

「CBDを扱い始めてから女性客が増えた」という副次的な声も聞かれ、従来の男性客をメインターゲットとした店づくり、アンダーグラウンドなイメージからの転換を図る取り組み(女性スタッフの積極採用、内外装を入りやすく改修、接客スタイルの変更)も見られます。

また、全業態の中で、最も試飲可能な店舗が多い業態で、CBD初心者の体験の場としての存在意義もあります。

■5位.飲食店

飲食店 (1)

憩いの場所として展開するカフェでの取り扱いが目立ちます。

数百円でドリンクにCBDオイルを添加するトッピングサービスの他、CBDを配合したスイーツやビール・シーシャなど、飲食店ならではのメニューも誕生しています。

CBDの原料である大麻は、健康だけでなく環境にも優しい植物であり、エシカルな素材でもあります。

今後は、食事メインで提供する店舗での取り扱いも広がりそうです。

■6位.雑貨店

雑貨店-1

美と健康をテーマに、ナチュラル素材を取り扱う店舗でCBDオイルがラインナップに加わっています。

新宿伊勢丹の『新宿BEAUTYAPOTHECARY(ビューティアポセカリー)』や大丸心斎橋店の『BEAUTY LIBRARY(ビューティライブラリ) 』の他、『Biople by CosmeKitchen(ビープルバイコスメキッチン)』『イオンボディ』などの有名店は、早くからCBDオイルを取り扱っており、CBDのイメージアップにつながっています。

デザイン性の高い内装、女性中心のスタッフ構成も、安心して訪れられる理由です。

■7位.CBD専門ショップ

CBD専門ショップ-1

CBD商品に特化したラインナップのお店です。

圧倒的な商品知識とお客さまの要望に合わせた商品提案力が強み。

原料である大麻の文化・歴史や法律面にも造詣も深く、CBDに関する海外論文をキャッチアップしている人材も多いです。

大麻成分の内、日本では規制されているTHC(テトラヒドロカンナビノール)のプラスの側面や、CBDや大麻のことをより深く知れる書籍や映画のような、耳寄り情報も教えてくれたりします。

日本におけるエバンジェリストとして、CBDオイルや大麻の認知・啓蒙を牽引する存在です。

セレクトショップとして豊富なラインナップを魅力に打ち出した店舗、カウンセリングや試飲し放題などのサービス面に特徴を持たせた店舗など、各店舗ごとに特徴が見られます。

■8位.アパレル・スポーツ・カルチャーショップ

アパレルショップ-1

海外の最新トレンドアイテムやライフスタイル提案という文脈で、取り扱っている傾向です。

CBDは大麻由来の成分ということもあり、好奇心から購入される若い年齢層のお客さまも多い状況です。

それだけに、誤解のない正しい商品知識を提供しようという意識は強く、スタッフみずから積極的に体験したり、勉強会を自主開催する店舗も見られました。

■9位.薬局、ドラッグストア

薬局-1

情報感度の高い薬剤師や、漢方・サプリ指導にも造詣が深い薬剤師が取り入れています。

ストレス社会と言われ、睡眠やメンタルの悩みが増えている中、カウンセリング型の接客を推進。

相談者の悩みに応じた解決手段の一つとして処方するケースが多いのが特徴です。

相談者も、薬剤師の社会的信頼と知識面に期待を寄せています。

■10位.スポーツ・フィットネス・ヨガスタジオ

スタジオ-1

身体を動かした後のケアとして、店頭提案している状況です。

欧米では、アスリートが身体の回復や睡眠対策、不安感の解消にCBDオイルを活用していますが、日本でも同様の目的で注目されています。

■11位.鍼灸・整骨・整体院

鍼灸-1

身体だけではなく精神面の悩みにアプローチしたり、施術パフォーマンスを高めるためにマッサージや仕上げに活用する施設が増えています。

鍼灸師が監修したCBDブランドも登場し、この分野でも、確実にCBDオイルが浸透しつつあります。

■12位.ヘアサロン

ヘアサロン-1

オプションメニューである、ヘッドスパやマッサージに活用する例が現れてきました。

興味や実感を持ったお客さまがその場で購入されるケースも増えています。

■13位.レジャー施設

現状、ホテルでの取り扱いがあります。

今後は「癒し」「リラックス」といった、CBDオイルと親和性の高いキーワードで展開するレジャー施設(サウナ・スパ)での導入も予想されます。

取扱ブランド数別ショップ数「厳選派と多品種派の2極化」

※カッコ内は構成比

1位.1〜4ブランド:525店舗(51.8%)
2位.10〜14ブランド:425店舗(42.0%)
3位.5〜9ブランド:44店舗(4.3%)
4位.不明:11店舗(1.1%)
5位.20ブランド:4店舗(0.4%)
6位.15〜19ブランド:4店舗(0.4%)
合計:1,013店舗
平均値:7ブランド
中央値:4ブランド(順位が真ん中の店舗が扱うブランド)

 各ショップが取扱うブランド数を調査した結果「1〜4ブランド」(51.8%)が最も多く、次いで「10〜14ブランド」(42.0%)でした。

各店舗がどのような基準で商品選定をしているか?については、調査の必要がありますが、データ上は2極化の傾向がみて取れました。

また、1店舗当たりの平均取扱ブランド数は7ブランド、中央値は4ブランドとなりました。

1,013店舗中、414店舗(調査時)を占める「ドン・キホーテ」「MEGAドン・キホーテ」「ピカソ」のデータが全体データに大きく影響している点、申し添えておきます。

本データは、現時点で⼊⼿可能な信頼できる情報に基づいて作成したものでありますが、不確実性を含んでおり、その正確性・完全性に関する責任を負いません。

まとめ

異業態が積極的にCBDオイルを商品ラインアップに加えるようになり、東京を中心にCBDオイルの取り扱い店舗数は増えました。

「実際に自分の目で見て確かめ、理解した上で購入を検討したい」「ネットショップだとちゃんとした商品なのか分からない」というニーズや不安の声に応えられる環境が少しずつ進んでいます。

店舗やブランドが増え、選択肢も広がる反面「どれを選んだらいいかわからない」という新たな課題も生まれています。

また過渡期ということもあり、規制やルール、言葉の定義が統一されていないことから起こる、疑問や議論も絶えません。

こうした状況下、実店舗は、商品とお客さまのマッチング機能としてますますの期待が寄せられていくでしょう。

正しい知識に基づいた商品選定と説明責任は、その機能を果たす一つのポイントです。

今回は、簡易的な定量データのシェアとなりましたが『CBD Library』は、今後も様々な視点で実店舗の動向や魅力を紹介し、引き続きCBDオイルの認知・普及に取り組んで参ります。

人×人、人×CBDのご縁を一つでも多く産み、より前向きなムーブメントの一端を担えれば本望です。

3/28現在、世界的に新型コロナウイルスが感染拡大し、日本においても緊急事態宣言は解かれたものの、予断を許さない状態です。

外出の自粛や店舗施設の使用制限が要請されている中、利用者におかれましては、引き続き自主的な感染予防をいただけますようお願いいたします。

また店舗責任者におかれましても、営業される際は、お客さま・従業員の感染拡大の防止(マスクや消毒、行列等の管理)に留意の上、運営されることを期待しております。
<おまけ:海外のCBDオイルショップ情報>
▶︎ヨーロッパのCBDオイルショップ5選〜チェコ(プラハ)編
▶︎アメリカのCBDオイルショップ5選〜オークランド編
▶︎【Twitterまとめ】CBD先進地、ロサンゼルス弾丸トラベラー

<PR>
今回の記事は、CBD情報メディア『CBD部』さんの「CBDアドベント2021(3/24〜4/20)」という企画に参加して投稿しています。

4/20まで毎日、個性あふれる方が、役に立つCBDや大麻情報を投稿していきますので、ぜひチェックしてみてください。

また『CBD Library』は、SNSでもCBDに関する情報を発信しているので、よろしければフォローお願いします!
✔︎ Twitter:@cbd_library
✔︎ Instagram:@cbd_library

CBD Library』の店舗検索機能がより便利になりましたので、こちらも一度、のぞいてくださいませ。

今回は、このような機会をいただき、また最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!