見出し画像

ここに宣言します。「結婚を、もっと幸せにしよう。」

こんにちは!note編集部のせがわ(@mumu0914)です。
今日は2月13日。苗字制定の日。バレンタインの1日前。

そんな今日、ウエディングパークは
今の結婚に関する課題や問題を取り上げて考え、解決への糸口を探っていく
「#結婚はこのままでいいのか」プロジェクトをスタートしました。

「#結婚はこのままでいいのか」

このコピーを見て、皆さんは何を感じますか?
「このままでいい!」「このままじゃいけない!」「わからない…」「なんとも思わん!」反応はさまざまかと思います。

でも、結婚に少しでも興味関心がある人や、ウエディング業界に携わる人なら誰しもが「ドキ」っとしてしまうかもしれませんね。もちろん、数々のウエディングメディアを運営している当社も例外ではありません。

今日は、「#結婚はこのままでいいのか」プロジェクトの背景についてお話させてください。

「結婚を、もっと幸せにできているだろうか」という疑問からはじまった

ウエディングパークの経営理念は「結婚を、もっと幸せにしよう。」です。
これは、結婚に関わる全ての人たちに対する意志です。これから結婚式をされるお二人に対して、ウエディング業界の人たちに対して、ウエディングパークの従業員のみんなに対して。

「結婚を、もっと幸せにしよう。」の実現に向けて誰一人欠けることなく従業員みんなが一生懸命、業務に取り組んでいます。

でも、本当に「結婚を、もっと幸せにできているのだろうか」。
正直に言うと、そんな疑問がないわけではありません。

少し気になるデータをご紹介しましょう。
国立青少年教育振興機構による若者の結婚観・子育て観等に関する調査(平成27年12月)によると、20代~30代の男女の74.9%の方が結婚したいという結果が出ているにもかかわらず、「結婚しない人が増えている」というメディアの報道も見られます。

かつては誰もが疑いなく「することが当たり前」だった結婚も、今は「する・しないを個人で選択するもの」と考えられる時代になりました。

結婚するもしないも自由な時代になったからこそ、それぞれの人生を豊かに、幸せに送れる選択をしてほしい。そして、それぞれが選んだ選択を互いに理解し、尊重できるような世の中にしたい。

「結婚っていいよね。」
「結婚するのも悪くないかも。」
「やっぱり結婚はいいや。」

それぞれの選択があり、それぞれの答えがあります。
それぞれの「結婚」にまつわる幸せを応援する企業でありたいと思っています。

「#結婚はこのままでいいのか」プロジェクトで実現すること

本プロジェクトの責任者である菊地さん(@bonyari_aki)のnoteにはこんな事が綴られています。

私たちは「#結婚はこのままでいいのか」プロジェクトを通して
皆さんと一緒に「結婚」について考えていきたい。
良いことも悪いこともぜんぶひっくるめて「結婚」のリアルを知り、
社会の皆さんと一緒に考え、
皆さんの「“結婚”に関するベストな選択」をサポートしてきたいと思っています。

「#結婚はこのままでいいのか」が、強い言葉だけに、少し誤解を招くこともあるかもしれませんが、
私たちは「結婚を、もっと幸せにしよう。」を実現するために、
このプロジェクトをスタートしています。

「#結婚はこのままでいいのか」の答えが
「このままでいい!」かもしれないし「このままではだめだ!」かもしれない。
そのお答えは人によって違っていてよいと思います。

皆がそれぞれの「結婚」や「結婚式」や「結婚生活」のカタチを
いつも笑顔で選択できる世界になるように。

そして、皆さんが幸せに生きるための選択肢のひとつである
広い意味での「結婚」=「誰かと生きること」、
それを祝福する「結婚式」の素敵さを、広めることにつなげていけたらいいなと思っています
。”

これからは、YouTube番組やワークショップ、「結婚あした研究所」での特別インタビューなど、「#結婚はこのままでいいのか」プロジェクトを通し、さまざまな切り口から日本全国の皆さんと一緒に「結婚」について本気で考え、誰よりも「幸せな結婚」を追求していきたいと思っています。

ここに宣言します。「結婚をもっと、幸せにしよう。」

ぜひご期待ください。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
ウエディングパークグループで日々生まれているプロダクト、サービス、機能、制度、活性化等について、「企画者・制作者の想い」をキーワードに、お届けしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。