メカサムライ一文字三十郎
見出し画像

メカサムライ一文字三十郎

 欲望のるつぼであるメガロシティ。その奥深く、退廃のネオン光すら届かぬ廃ビルの闇の中で、ある戦いが繰り広げられていた。

 二人の男の手にはそれぞれ光線剣が握られている。

 青と赤の光刃が打ち合うたびに閃光が走り、光剣を握る男たちの顔を照らす。

 彼らの体は鋼で出来ていた。魂を持つ機械ロボット。機人と呼ばれる人種である。

 青の光剣を持つ男は製造番号DZ00130、名を一文字三十郎。

 赤の光剣を持つ男は、ただの自動機械に成り果てたかのように自らを語らない。

 三十郎が知るのは男が持つ光剣だけだ。銘はレッドセーバー。光剣大業物七工の一振りである。

 剣戟は終わりを迎える。ほんの一瞬、些細な太刀筋の読み間違えを犯した謎の男は、三十郎に袈裟懸けで斬られ、動力部を破壊されて絶命した。

 戦いが終わるとサイバー忍装束をまとった生身の少女が現れる。忍び名を花影という。

「お見事です。主殿」

「世辞は良い」

 三十郎は自らの光剣を収める。

「レッドセーバー内にある電脳を狂わせるウィルスを消せ。お前ほどの忍者ハッカーなら出来る」

「お戯れを。私はまだまだ未熟者です。ですが、ご期待に答えて見せます」

 花影は自らの電脳とレッドセーバーを接続する。

 常日頃から奥ゆかしく謙遜する花影だが、三十郎はその腕前を信頼している。彼女以上を望むとなれば、服部半蔵や加藤段蔵の襲名者レベルとなる。

「主殿」

「どうした、なにか問題が?」

「いえ、ウィルスは除去できました。ただテキストデータがあったのです。電子的穢れはありませんので、御覧ください」

 三十郎の電脳へデータが送られる。そこにはこう記されていた。

『これは贋作なり。真なる妖刀は我の手に有り。一文字一誠』

 それはかつて三十郎と兄弟の契りを交わした男の名であった。しかし……

「馬鹿な。兄上は確かに拙者の手で斬ったはず!」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
主に小説を掲載しています。