見出し画像

そこから世界を広げていく

こんばんは、安堂です
週末のnote更新、
今日は最近 note更新していて思うことを。

いいね!してくれてる人は
皆さん読んでくださってると思っていいのかしら
そう思うのは自意識過剰?
いいね!押してくれてるだけでも
ありがたいことなんだけど、
そういうのを ふと思うことがある
文字が多くなってくると苦手な人は、
多分 そこでストップしちゃうよね
それは、もう本当にしょうがない。

私が こうやってnoteに制作過程や仕事についての考え方を、あけっぴろげに書いているのは、
形になったものからだけでは
読み取れないものを知ってほしいと思うから。
でも、それを まるっと認めてほしい、
そんなわけではないからね
そこは心に留めて読んでほしい。

あくまでも私の考え方で、働き方。

働き先も いろいろあれば、
働き方も たくさんあり、
そこで働く人の考え方は 自由だ。

画像2

常識・非常識という線引きはあるだろうけど、
考え方について善悪はないと思っている
私が100%正しいなんて有り得ないし、
だからこそ さらけ出すのが怖いときもある

だけど書いて、読んでほしいと思うのは
”あの写真を撮っているのは こんな人間なんだな”
って知ることができるコンテンツが
ある方がいいと思うから。

SNSでは足りないのを補うのが、
このnoteの役割となっている

私自身が他の方の作品を見るときは、
機材がどうとか
シチュエーションがどうとかよりも
”撮ってる人は どんな人なんだろう?”
それが一番気になる

実際、会えることがある場所があればいいけれど
暫く個展をする予定もないので、
正直 こうやってnoteを読んでもらって、
どう思ったのかが気になっちゃうし、
それについて気軽に会話できたらいいのにな

…でも、話題が ちょっと固かったりするから
コメントしづらいのかも?
固い話をしているつもりはないんだけど、
よく『クソ真面目やなぁ.笑』って言われるから、
固いことを言ってる可能性は大きいなぁ、
読みにくかったりするのかしら…

題材を募集してみるのもいいかもね
ネタ切れ対策にもなるし一石二鳥だ

画像3

そうそう、どんな人が撮っている(作っている)かも気になるけど、
モノを作っている過程って気になるよね
精神的なものではなくて作業的な意味で。

どれくらい時間がかかっていて、
どんな作業を重ねていって、
それが仕上がっているのかが
私は気になって気になってしょうがない

作っている人にとっては
日常であり当たり前だったりするんだけども、
見る人によっては知らない世界なので
1つ1つの工程に ドキドキするものだ

こないだTwitterでも拝見したんだけど、
SNSで投稿してくれるってのがいいよね
気軽に覗けるんだけど、
そこから きっと世界がもっと広がるよね。

過程の画像・動画と仕上がった作品を比べ、
じっくりと見る
そしてWeb上で見ていた印象と、
直で見た印象を展示会場で比べるのだ
Webは便利であり、今みたいな時代や状況には合っているかもしれないけれど
実物を目の当たりにしたときの、
あの どきどきには敵わない

作品を直に見る前に制作過程を見るのは、
段階を踏んで作品に近づいていくようで、
”やっと会えた!!”感 があるんだと思う

そういうシチュエーションを作っていくのも
作家のお仕事だと思うなぁ
だから、SNSを 私は とっても大事にしている
お客さまと一緒に楽しんでいくためのツールだ

画像4

でも、そういう面でも写真って難しいよね
造形物だったら工程を見せていくのは
意外性もあるし、わかりやすく伝わるので
見ていて楽しいけどさ、
写真で作るグッズ制作の工程って どうなのよ

…入稿前のデータでも見せましょうか

めっちゃ夢ないな…
げっそりするくらいデジタル…
デジタルが悪いわけじゃあないけど、
あんまりにも現実的すぎるよね

と、言っても私のツールは写真だし、
そこを変える気はないので
そこも考えながら、お客さまを楽しませないとね
日々、課題は てんこ盛りだ

それぞれ持っている道具と強みは違うので、
うまく伝わるように見せていきたいし、
それを楽しんで見てもらえるようにしていきたい
そして見てくれる方と たくさん話していきたい

うん、それに尽きる
また明日から 初めて参加する企画展が始まる
”初めまして” が たくさんやってくるんだろう

はい、ここで最後に宣伝☟

画像1

神奈川県の ナツメヒロさまにて
【七夜月の金魚売り】が始まります

《日程》 2020年7月25日(土)~8月16日(日)
《営業時間》12:00~19:00
(最終日と7月30日は17時閉店)
※状況によっては変更の場合がございます
※初日・25日の12:00~15:00の
ご来店は予約制(予約満員)

詳細はコチラ

新しい出会いの前では、
搬入直前のバタバタや、緊張なんて
大したことない試練だよなぁ
また感想を聞かせてくださいね


今日のnoteでの写真は、
昨年 船の上でフイルムカメラで撮影したもの
昨日が海の日だったので、そのままの気分で。
camera : SRT Super
film : SUPERIA Venus 800


気軽にフォローしてください♪
━━━━━━━━━━
■HP
http://r.goope.jp/maki-ando

■Twitter
https://twitter.com/wachiko218

■Instagram
<浮遊金魚とフィルム写真>
https://www.instagram.com/wato218/

<おかん飯と外食>
https://www.instagram.com/wato218_foodie/
━━━━━━━━━━




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!⸜( ・ᴗ・ )⸝
13
サラリーマン 兼 写真撮り|撮影した金魚写真を使ったグッズ販売、展示などの他、写真貸出、撮影依頼も対応|おいしいもの求めて動きがち。 ⚠画像の無断転用禁止します ©2016 安堂真季 All Rights Reserved.