見出し画像

真面目は有能ではない。

仕事がしんど過ぎた日、帰宅後珍しくお腹を壊した。
モーレツに寒気がして、熱を測ったら37度6分。
時々疲れで微熱は出るが、7度6分は近年なかった。
以前の私なら市販の解熱剤を飲んで一晩寝てマシになれば出勤していたが、
このご時世そうはいかない。

もしコロナに感染していたら出勤するだけ迷惑である。
私は慌てた。来週職場で大事な打ち合わせが入っている。

職場でこれまで感染や濃厚接触者に該当する人が休んだ時、
まず外来の予約が取れないことで検査自体ができず、
結果的に陰性でも待機の欠勤が長引くということがあった。

明日になっても熱があった場合、おそらく発熱外来にかかるまで何日か
要するだろう。そうしたら陰性かもしれないのに打ち合わせに出られない
事態を招いてしまう。

熱も中途半端だし喉も痛くない。恐らく大丈夫だろうと踏んだ私は、
明日起きて熱がない&市販の抗原テストの陰性の合わせ技で自分に
出勤を許すことにした。
厚着をして、解熱剤を飲み下し、ひとまず眠りについた。




翌朝、体温は37度2分と極めて微妙。
初めて当事者の危機感を持って抗原キットの情報をネットで調べると、
自分の住む自治体では指定のメーカーの抗原キットが助成金によって安く
買えるらしい。自分の想像より遥にリーズナブルに入手できそうだ。
助成金の申請は販売店がするので、購入者は住所確認できればその場で
ディスカウントしてもらえる。
抗原キットは即結果が出るが出費が痛いと勝手に思っていただけに、
なんとも有難い。調べてみるものである。

開店時間に近くの取扱店に電話で在庫を確認し店に行き、薬剤師の説明を受け
すぐに買うことができた。


今回「ロシュ SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト」というメーカーのキットを
使用したのだが、その操作方法の公式動画が衝撃的だった。
渋めで低い声のナレーションに、歌舞伎俳優がキットを紹介・使用するという
「かぶいた」動画なのだ。歌舞伎とおよそ無関係そうな分野とのコラボでこんなにクオリティを追求しているなんて、シュールさがなんとも言えず良かった。




検査の結果は陰性。

「c」に赤い線が。これは検査が適切に行われた証拠。陽性なら「T」にも赤い線。


不謹慎なのだが、心の中でがっかりした自分を認めた。
コロナが陽性であった場合、正当な理由で一定期間休めることを何処かで
期待していたのである。
目の前に迫った大きな企画を楽しめず、休みたがっている自分を再認識。
これまでどんな仕事でも真面目にやってきた。向上心も忘れなかった。
自分は働くことが好きだと思っていた。
でも大事な仕事も投げ出したいほど、自分は疲れているのだろう。
真面目に働くだけでは成果は出ない。
真面目は自己満足に過ぎず、仕事を楽しんでいない自分は、結局無能だと
痛感する。


覚悟を決めて出勤の支度を始めた。
家を出る直前、熱を測ると結果にホッとしたのか平熱に戻っていた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!