Wasei Salon

オンラインサロン「Wasei Salon」の公式noteです。私たちの"はたらく"を問い続ける対話型コミュニティ。 https://wasei.salon/about

Wasei Salon

オンラインサロン「Wasei Salon」の公式noteです。私たちの"はたらく"を問い続ける対話型コミュニティ。 https://wasei.salon/about

    マガジン

    • 理想のコミュニティを考えよう

      コミュニティマネージャー2人による、理想のコミュニティを考えるマガジンになります。約10本の記事を公開した後、イベントを開催する予定です(10月6日予定)。

    • Wasei Salon 透明化プロジェクト

      Wasei Salonメンバーそれぞれの好きなもの・大切にしていることのインタビューコンテンツ(記事+オマケ)を連載していきます。

      • 理想のコミュニティを考えよう

      • Wasei Salon 透明化プロジェクト

    最近の記事

    Wasei Salon〜これからの働くを考えよう〜 新メンバー入会について

    こんにちは。コミュニティマネージャーの長田(@SsfRn)です。 今週、新Wasei Salonの内容が公開されました。テーマは「これからの働くを考えよう」。 2018年4月からスタートしたWasei Salon。僕らは、この1年間で様々な取り組みを実施してきました。その中で感じたことは「納得した人生を歩むためには、納得した”働く”を実現させていく必要があるのではないか。そして、そこに悩みを持つ人は大勢いるのではないか。」というもの。 事実、この1年間でWasei Sa

    スキ
    28
      • Wasei Salon透明化プロジェクト No.6 三浦希

        Wasei Salonメンバーの「好きなもの」や「大切にしていること」から、その人のパーソナリティに迫る『透明化プロジェクト』の第6弾! 今回は、Twitter上で「#服屋三浦」としても活動する三浦希くんのインタビューです。 パンクへの憧れ、強く影響を受けた両親や親友、そして甲本ヒロトの話を通して、三浦希という人間を丸裸にしました。 聞き手は当プロジェクトの発起人である小林やばこさん、写真は土田凌くん、記事の執筆・編集は早川大輝です。 なお、透明化プロジェクトの概要や

        スキ
        40
        有料
        200
        • Wasei Salon透明化プロジェクト No.5 平山高敏

          Wasei Salonメンバーの「好きなもの」や「大切にしていること」から、その人のパーソナリティに迫る『透明化プロジェクト』の第6弾! 今回は『ことりっぷ』の元Webプロデューサーで、現在はビール会社でデジタルマーケティングを担当している平山高敏さんの登場です! 人の気持ちが理解できなかった幼少時代の話にはじまり、〝本当の自分を追い求めない〟という生き方や、自分が淀まないために書いている文章のことなど、盛りだくさんの内容となりました。 聞き手は当プロジェクトの発起人で

          スキ
          37
          有料
          200
          • Wasei Salon透明化プロジェクト No.4 阿部光平

            こんにちは、Wasei Salonメンバーの早川大輝です。 Wasei Salonメンバーの「好きなもの」や「大切にしていること」を紹介する "透明化プロジェクト" の第四弾として、今回はフリーライターとして紙媒体を中心に活動しながら、地元である函館のローカルメディア『IN&OUT -ハコダテとヒト-』を運営する阿部光平さんに取材しました。 プロジェクトの概要や立ち上がりの経緯については、「透明化プロジェクト」発起人である小林やばこさんの書いたnoteをご覧ください。 「

            スキ
            24
            有料
            200

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 理想のコミュニティを考えよう
            Wasei Salon
          • Wasei Salon 透明化プロジェクト
            Wasei Salon
            ¥2,100

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            Wasei Salon透明化プロジェクト No.3 竹田匡宏

            こんにちは、Wasei Salonメンバーの早川大輝(@dai_nuko)です。 Wasei Salonメンバーの「好きなもの」や「大切にしていること」を紹介する "透明化プロジェクト" の第三弾として、今回はブログ『たっけのメモ』を毎日更新するブロガーでありながら、幻冬舎『あたらしい経済』で編集者として働く”たっけ”こと竹田匡宏くんに取材しました。 プロジェクトの概要や立ち上がりの経緯については、「透明化プロジェクト」発起人である小林やばこさんの書いたnoteをご覧くだ

            スキ
            17
            有料
            200

            理想のコミュニティを考えよう Vol.6 〜雑談の重要性ついて〜

            こんにちは。コミュニティマネージャーの長田(@SsfRn)と若月(@wakatsubasa)です。 いよいよこの「理想のコミュニティを考えよう」マガジンも、この記事を含め残り3本となりました。無事イベントもリリースさせていただき、続々と参加者が集まっております。 前回は「コミュニティメンバーについて」の記事を書かせていただきましたが、今回はそんなメンバー間で生んでいく必要がある「雑談」について。 コミュニティにおいて雑談は必要と言われますが、なぜ必要なのでしょうか?雑談

            スキ
            16
            有料
            100

            理想のコミュニティを考えようVol.5 〜コミュニティメンバーについて〜

            こんにちは。コミュニティマネージャーの長田(@SsfRn)と若月(@wakatsubasa)です。 このマガジンも早くも折り返し地点をすぎたみたいです。今回で5本目。ちなみに、前回は「コミュニティマネージャーの役割について」でした。 今回は「コミュニティメンバーについて」というテーマで話していこうと思います。 コミュニティにおいて、メンバーという存在は、コミュニティそのもの。メンバーをどう集めるのか?どうやって新規メンバーを入れていくのか?など、コミュニティマネージャー

            スキ
            8
            有料
            200

            理想のコミュニティを考えようVol.4 〜コミュニティマネージャーの役割とは?〜

            こんにちは。コミュニティマネージャーの長田(@SsfRn)と若月(@wakatsubasa)です。 理想のコミュニティを考えようプロジェクト、4本目の記事になります。 ◆前回の記事はこちら◆ さて、今回はコミュニティマネージャーの役割について、話してみました。普段僕らが気をつけていることを中心に、コミュニティマネージャーって何をしているの?ってことを書いています。 それではどうぞ。 コミュマネの役割①「コミュニケーションを生む」若月:やりましょう。 長田:え?これ

            スキ
            16
            有料
            200

            理想のコミュニティを考えようVol.3〜コミュニティは当初の思惑通りにいくのか〜

            こんにちは。コミュニティマネージャーの長田(@SsfRn)と若月(@wakatsubasa)です。 「理想のコミュニティを考える」プロジェクトの記事、3本目は「コミュニティは当初の思惑通りにいくのか?」というテーマでお送りしようと思います。 ◆前回の記事◆ コミュニティを立ち上げる前に、どんなコミュニティにしていきたいのか?どんな機能をつくろうか?など、設計を考えると思います。設計は重要だと言われているコミュニティですが、本当にその設計通りいくのでしょうか? 今回は、

            スキ
            10
            有料
            200

            理想のコミュニティを考えようVol.2〜居場所となるコミュニティとは〜

            こんにちは。コミュニティマネージャーの長田(@SsfRn)と若月(@wakatsubasa)です。 noteとイベントを通じて、理想のコミュニティを考えていく、「理想のコミュニティを考えよう」プロジェクトの 2本目記事になります。 ◆前回の記事はこちら◆ 今回のテーマは「居場所となるコミュニティとは」。コミュニティにおいて外せないキーワードとなりつつある「居場所」。ひとが居場所と感じるコミュニティとはどんなコミュニティなのか?そもそも居場所と感じることはどういうことなの

            スキ
            7
            有料
            200

            理想のコミュニティを考えようVol.1〜現状のコミュニティブームとWasei Salonについて〜

            こんにちは。コミュニティマネージャーの長田(@SsfRn)と若月(@wakatsubasa)です。 (左:長田 右:若月) 先週からスタートした新企画「理想のコミュニティを考えよう」プロジェクト。このマガジンで、コミュニティについて考える記事をお届けし、それを踏まえた上で ”理想のコミュニティを考える” イベントを開催するというものです。(詳細は下記のnoteをチェック!) なお、このマガジン記事は、Wasei Salonコミュニティマネージャーの2人の対話形式でお届け

            スキ
            22
            有料
            200

            ”理想のコミュニティを考える”マガジンはじめます

            こんにちは。Wasei Salonコミュニティマネージャーの長田(@SsfRn)です。 コミュニティマネージャーをしていると、必然的にコミュニティについて考えることが増えていきます。それがとても楽しいのですが、いくら長い時間かけて考えても、どんなに頭を捻らせようと、知恵熱が出ようと、必ずこの考えにたどり着くんですよね。 「コミュニティには正解がない」と。 今や、コミュニティに関する情報はWeb上に溢れています。しかし、正解を示す情報って落ちていません。そもそもどれが正し

            スキ
            34

            Wasei Salon透明化プロジェクト No.2 金井塚悠生

            こんにちは、Wasei Salonメンバーの三浦 希(@miuranozomu)です。 waseisalonメンバーの「好きなもの」や「大切にしていること」を紹介する "透明化プロジェクト" の第二弾として、今回は「HOTELSHE,OSAKA」の企画・広報や、映画「少女邂逅」の宣伝担当など、様々な仕事を手掛けているWaseiSalonメンバー、金井塚 悠生さんについて取材しました。 プロジェクトの概要や立ち上がりの経緯については、「透明化プロジェクト」発起人である小林や

            スキ
            22
            有料
            200

            【後編】30代メンバーが考える「コミュニティとアイデンティティ」—Wasei Salon×サ式第2編集部コラボ勉強会

            7月2日サイボウズ日本橋オフィスで、Wasei Salonとサイボウズ式第2編集部のふたつのコミュニティが集まり、勉強会を開催しました。 テーマは「今こそ、コミュニティという新しいチームのあり方を考えよう。」 「コミュニティ」という言葉から、何を思い浮かべますか? たったひとりで何かに取り組む場所…ではさなそう。それよりも、もっとチームのようにプレイヤーが集まったもの…? だとしたら、チームとコミュニティの違いってなんだろう? ひとりではなく、集団としてのコミュニティ

            スキ
            14

            【前編】20代が考える「これからのコミュニティの形とは?」—Wasei Salon×サ式第2編集部コラボ勉強会

            7月2日サイボウズ日本橋オフィスで、Wasei Salonとサイボウズ式第2編集部のふたつのコミュニティが集まり、勉強会を開催しました。 テーマは「今こそ、コミュニティという新しいチームのあり方を考えよう。」 「コミュニティ」という言葉から、何を思い浮かべますか? たったひとりで何かに取り組む場所…ではさなそう。それよりも、もっとチームのようにプレイヤーが集まったもの…? だとしたら、チームとコミュニティの違いってなんだろう? ひとりではなく、集団としてのコミュニティ

            スキ
            22

            Wasei Salon透明化プロジェクト No.1 長田涼

            こんにちは、Wasei Salonメンバーの早川大輝(@dai_nuko)です。 「透明化プロジェクト」がスタートしました。 このプロジェクトでは、メンバーが自分の「好きなもの」「大切にしていること」に関するモノを選び、なぜそれを選んだのかを紹介してもらいます。 メンバーの「好きなもの」「大切にしていること」を通して、Wasei Salonにはどのような人がいるのか、それぞれがどのような考えを持っているのかを伝えられればと思います。 プロジェクトの概要や立ち上がりの経

            スキ
            24
            有料
            200