現場で起きていることがわからないのに解説しちゃう、「愚かな」マスメディア記者へ

日本メディアの駐在員記者さんたちに言っておきたい。

中国は広い。北京や上海、あるいは重慶や広州に駐在していたって、必ずしも香港で起きた事情を一瞬に説明できるはずはない。そのことは大変よくわかるし、仕事としてこなさなければならない大変さにも同情する。

だが、事情がわかっていないあなたが書く記事の中に、根拠のない解説を付け加えるのは止めてほしい。それを読んだ人たちはあなたですら根拠がもてない解説を信じてしまうしか他に手段がないのである。特派員記者としてのあなたがまずやるべきは、むやみやたらな想像で解説することではなく、現地の様子と声をつぶさに伝えることのはず。それをやらずして、物事を解説する知識も能力も身につかない。

もし、そのことを疎かにして、妄想と想像と一抹の理解だけで、わかったようなことを自分勝手に解説して読者に与える行為は、中国共産党とその直属のプロパガンダメディアがやっていることとなんら変わりはない

このことをきちんと理解しておくべきだ。違うのはあなたがもらっているのが日本メディアの給料ってことだけ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

このアカウントは、完全フリーランスのライターが運営しています。記事を気に入っていただけたら、下の「サポートをする」から少しだけでもサポートをいただけますと、励みになります。

(^O^)
22
フリーランスライター/香港14年+北京13年半から今日本。中国や香港の市民社会について日本メディアがあまり伝えない話題を紹介。まるっと講読は夜間飛行配信メルマガ「§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな」(月864円:http://bit.ly/1Sp0eJq )がお得。

こちらでもピックアップされています

Lost in Translation
Lost in Translation
  • 92本

メディアの誤報や日本社会が根本的に中華圏に対して勘違いしている点、日本ではまったく知られていない現地の声などをご紹介しています。ご理解の参考になれば嬉しいです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。