ドラがたりnote

土地とカネの物語 | 『ドラがたり――10年代ドラえもん論』(稲田豊史)

本日は稲田豊史さんの連載『ドラがたり』をお届けします。『ドラえもん』の作中に頻繁に登場する「土地」や「カネ」を巡るエピソード。そこには、70年代日本の地価高騰・狂乱物価といった世相と、それに対する藤子・F・不二雄の容赦ない批評性が露わになっています。『ドラえもん』が向き合った時代性を「経済」という切り口から考えます。

こちらの連載を大幅に加筆修正した書籍が発売中です!

『ドラがたり――10年代ドラえもん論』(稲田豊史)
第11回 土地とカネの物語

●日本列島改造論と「夢のマイホーム」

 のび太は頻繁に、のび助(パパ)や玉子(ママ)が「大人の話」をしている場面に遭遇する。そのなかで最もポピュラーなのが「土地とカネの話」だ。

この続きをみるには

この続き: 10,172文字 / 画像5枚
記事を購入する

土地とカネの物語 | 『ドラがたり――10年代ドラえもん論』(稲田豊史)

PLANETS

540円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
宇野常寛が編集長をつとめる〈PLANETS〉の公式noteです。政治からサブカルチャーまで、ざまざまな分野のスペシャリストが集まっています。独自の角度と既存メディアにはできない深度で、読むと世界の見え方が変わる記事を月に20本以上の記事を配信しています。