wadap

アル株式会社所属, エンジェル投資家, ギタリスト.

メンバーシップに参加

音楽に関する話をしたり、実際に集まってセッションをしたりするサークルです。楽器・ジャンル・レベルは問いません!楽器を弾く機会が減ってしまった人、これから楽器を始めてみたい人もどうぞ!

サークル・セッション参加権

¥100 / 月

wadap

アル株式会社所属, エンジェル投資家, ギタリスト.

メンバーシップに加入する

音楽に関する話をしたり、実際に集まってセッションをしたりするサークルです。楽器・ジャンル・レベルは問いません!楽器を弾く機会が減ってしまった人、これから楽器を始めてみたい人もどうぞ!

  • サークル・セッション参加権

    ¥100 / 月

マガジン

  • 技術的な課題やマネジメント論

    技術顧問などをやってきた視点からいろいろと技術的な課題と言われるものについて書きます

    • 技術的な課題やマネジメント論

最近の記事

  • 固定された記事

売却後の5年間と心境の変化を書く

これまでこの文章を何度も書こうと思ってエディタを開いては閉じてきた。エアリプライのような特定の誰かに読んでほしいものでもなく、多くの人に読んでほしいわけでもない。ただ僕が書きたいという欲からこの文章を書いている。ちょっとしたデトックスのようなものだ。でも正直なところ、読んでほしくない人はいるかな。 そしてこの文章は書きたいだけであって、書いたあと自分で読みたくないものになるはずだ。見直すつもりはないし、誤字脱字はそれなりにあるだろうし、冗長な内容になると思う。多分その程度の

有料
1,980
    • 2022年上半期 買ってよかったもの

      気がついたら1年の半分も過ぎたので、この半年で買ってよかったものをまとめてみたいと思います。最近買ったばかりのものは含めず、最低でも1ヶ月以上は利用をしているものを対象とします。 MOBO Keyboard2持ち運び用のワイヤレスキーボードです。この手のアイテムは色々と使ってきましたが、なかなかしっくりくるものがなく買ってもほぼ使わなくなるものばかりでした。 しかしながらこれは「JIS配列であること」「USB-C給電であること」という2つの条件をクリアしており、個人的にはか

      • 2021年上半期 買ってよかったもの

        そろそろ2021年も半分が過ぎようとしているので、買ってよかったものでも振り返ってみます。年末の恒例になっているけど、読んでいても楽しいのでもっと頻繁に書かれてもいいですよね。というわけで紹介していきます。 Anker Nano II 45WまずはAnkerの充電器。外出先では M1 MacBook Air がメインになってきたので45Wで十分なのは嬉しいですね。以前は 16inch MacBookPro だったのでもっとゴツい充電器を持ち運ばないといけませんでした。 A

        • 作業配信のハードルをさげるために00:00 Studioを使って習慣化する

          00:00 Studioについて00:00 Studioという配信をするためのサービスを運営しています。2020年12月にリリースをしてから、徐々に使ってくれている方も増えてきているかなーというところです。 もともとは弊社はアルという漫画サービスを運営する会社だったので、サービスを開始したときは漫画家の方を中心に使っていただいていました。いまでも漫画家の方に多く使っていただいていますし、サービスが始まる以前のテスト段階からずっと使っていただいている方もいらっしゃいます。本当

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 技術的な課題やマネジメント論
          wadap

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 雑談はこちらで

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • このサークルの活動について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 自己紹介

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 雑談はこちらで

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • このサークルの活動について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 自己紹介

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          Clubhouseの考察

          Clubhouseが日本でも流行次第して1週間くらいが経過しますが、見ていて自分なりに気付いたことを書いてみようと思います。個人的には頑張って使ってみましたが、いまのところあまりポジティブではありません・・・(そこまでハマっていないのが現状です) 自分の話をし続けられる強烈な魅力Clubhouseにハマるのは「話を聞いてくれる」「Roomに入ると話す側に呼ばれる」という側にある人です。 つまり、すでに既存のSNSなどで影響力をもっておりそれによる集客をすることができる人で

          オートミールの話

          オートミールを日常的に食べるようになって1年くらいが経過したと思う。わりと健康意識が高い人の間では流行っていた食べ物ではあるけれども、コロナ禍のせいか以前よりも周囲で食べている人が増えたなと思う。 オートミールは健康的というだけでなく、取り扱いやすく便利な食材だ。割と日本人にとって馴染みのないものではあるけれど、味付け自体は馴染みのあるパターンにもできる。わりと最近オートミールの話をすることが多いのでまとめてみようと思う。 オートミールが取り扱いやすい理由これはシンプルに

          2020年 買ってよかったもの

          さてそろそろ2020年を振り返る時期がきたので今年の買ってよかったものをまとめてみます。 2020年は生活スタイルの変更を余儀なくされる年でもあり、モノに対する見方や価値観も変わった年でした。その中で改めてコレは買ってよかったと思えるアイテムがいくつかありました。 仕事で使うモノFLEXISPOT スタンディングデスク 以下の記事でも紹介したデスクですが、この電動昇降デスクは本当に買ってよかった。最初は使うかなー?と半信半疑でしたが、スタンディングモードに1日でも数回切

          クリエイターの作業プロセスを配信するサービス 00:00 Studio をリリースしました

          アル株式会社 CTOのwadapです。このたび、新サービスである 00:00 Studio(フォーゼロスタジオ)をリリースいたしました。 このサービスはクリエイターの方の作業プロセスを動画を通じて配信をするサービスです。アル株式会社では漫画ファンに向けたサービスを主に展開しておりますのが、今回は方向性を変えてクリエイターの方が作品を作るまでのプロセスに注目したサービスとなっています。 作業プロセスに注目した理由弊社の代表が「プロセス・エコノミー」という概念を提唱しています

          揉め事と論点と善悪のグラデーション

          何らかのコミュニティに属していると、自分が関連している・していないに関わらず多かれ少なかれ揉め事は発生します。明確に善悪が判断できるような揉め事であれば対処はしやすいものではありますが、多くの場合はそう簡単に対処できるようなものではありません。 自分自身としてはできる限りは積極的に関わるようにはしないようにしていますが、どうしても参加をしているコミュニティによっては身近で起きている事件ではあるため、話を聞いてしまうこともあります。 あくまで自身の属している会社で起きている

          Post COVID-19の働き方とオフィス

          Post COVID-19での働き方はもう数ヶ月に渡って議論がされていますが、スタートアップ界隈だとオフィスを解約したみたいなところも見かけたりします。 ある程度自粛がとけた結果、オフィスのあり方は以下の3パターンにおちついてくるはずです(というかその選択肢しかない) 1. オフィスに出勤するスタイルにもどる 2. オフィス出勤のない、フルリモート型 3. オフィス出勤とリモートのハイブリッド型 実際のところほとんどの企業は1のオフィス出社スタイルに戻るんでしょうね。そ

          リモートワークでコミュ力の定義が変わる

          ずっと雑に捉えられていたコミュ力という言葉ですが、リモートワークが普及することで、ちゃんと見直されるかもしれません。 個人的にはずっと「雑談が上手い人=コミュ力がある」というコンセンサスに対してずっと疑問を持っていました。そのあたりのコミュ力を仕事でのコミュ力だと混同されるとちょっと面倒な自体がおきたりします。 リモートワークで重視されるコミュ力リモートワークになるとノンバーバルなコミュニケーションの要素が減ってしまい、極めて合理的な情報の伝達にフォーカスされます。 そ

          エンジニアとギタリストを両立するための最強のデスク環境

          多くの人が、ギタリストとしての自分とエンジニアとしての自分をどう両立しているか迷っているのではないでしょうか。僕もまた、そんな悩みを抱える者のうちの一人です。 特にリモートワーク中心の生活となると、自宅にいる時間が長くなってくるためどうしても環境を快適にしたくなるもの。 もともとこういった環境づくりは好きで、いままでいろいろと組み替えて来たのですが、最近またバージョンアップをしました。 いろいろな方々の記事を参考にしたのですが、特に参考にしたのがこちらの記事です。大変参

          自宅勤務を続けるために食事とどう向き合うか

          アル社はわりとはやいうちにコロナ対策でリモート勤務をしているのですが、自宅でどのような食事を取るべきか?というのは個人的に大きなテーマでした。 まず僕が食事のときに気をつけていることですが、こちらの書籍の内容をベースにしています。当然、100%この通りというわけではないのですができる限り気をつけるといった具合です。 上記の書籍で「茶色い炭水化物」が推奨の食べ物であったため、日々玄米を食べていました。オフィスの近くにおむすび権米衛があったので、ほぼ毎日玄米おにぎりを食べてい

          ライフスタイルに合わせたモバイルバッテリーの提案

          モバイルバッテリーのネタをふられたのでかきます。なんかよくわからないけどモバイルバッテリーや充電器がすごく好きでたくさん買ってしまっているから割と詳しいんです。 この話をすると「おすすめのモバイルバッテリーは?」という話になるのですが、モバイルバッテリーも多種多様なモノが発売されており一概に良し悪しを言えないんですよね。つまりその人のライフスタイルにあったモバイルバッテリーが変わってくるということです。明らかに面倒なオタクっぽい反応になってしまうのですが、よくありそうなケー

          Allbirds Wool Runners を買ってみた

          世界一快適なスニーカーとして注目されているAllbirdsですが、ラリー・ペイジが愛用しているなど新しいものが好きなIT界隈で割と注目をされていたりします。レオナルド・ディカプリオが出資しているのも有名ですね。 このスニーカーなのですが、とにかく軽くて快適でエコであることなどから注目を集めています。サンフランシスコ界隈で流行っていると聞くと高そうな印象もうけますが、一般的なスニーカーの価格帯で売られているため割と手が出しやすかったりもします。 2020年1月には日本一号店

          ファンクション・スコアリング

          プロダクトにおける機能開発の優先順位のコンセンサスをとることは非常に難易度は高いです。当然ながら、多数決で決めることは間違っているわけですが、全体の納得感が必要であり、その納得感がその後のパフォーマンスにも影響をしてきます。そのなかで、どういった順番で開発をすることが望ましいのか?今は何に注力すべきなのか?という点の認識を合わせるためのフレームワークを考えてみました。 この手法で得られることちょっとしたディスカッションの手法ですが、この手法は以下のような課題で悩んでいる時に