ViVarsity(ビバーシティ)

国籍や文化の壁を越えて誰もが「住んでよかったViva(=バンザイ)」と思える「Diversity(=多様性)」ある地域社会を目指して、日本語教育や外国人住民への情報提供、地域の日本人と外国人の交流の場づくりを行っている。

ViVarsity(ビバーシティ)

国籍や文化の壁を越えて誰もが「住んでよかったViva(=バンザイ)」と思える「Diversity(=多様性)」ある地域社会を目指して、日本語教育や外国人住民への情報提供、地域の日本人と外国人の交流の場づくりを行っている。

    最近の記事

    外国ルーツの子ども向けキャリアセミナー

    みなさん、こんにちは。 Vivarsity運営スタッフのカズです。 今回のブログでは、Vivarsityが1〜2回行っている外国ルーツの子ども向けキャリアセミナーのお話をします。 キャリアセミナーでは、小学校高学年くらいから中学生を中心に、普段はなかなか考えることができない将来のことを考える時間を作っています。夢や目標を考えることで将来の見通しを立てたり、自分が頑張りたいことを見つけるキッカケになればと思って企画しています。 今回は、昨年度に引き続き、NPO法人フロンティ

    スキ
    2
      • 理事の想い②(鈴木 美帆さん)

        ○活動を始めた経緯 私はかつて外国人のお子さんが多数在籍する保育園で働いていました。 そこで、お母さんたちやお子さんたちとコミュニケーションを取ることがかなり難しいなと感じていました。 子供が日本に来てすぐ、言葉も分からない中で1日保育園に預けられ、園に馴染まなくてはいけないという状況を間近に見ていて、私たちにもっとできることがあるのではないかと感じました。 行事の際も、例えば運動会と聞いても親の参加が必要なのか、子供たちだけが参加するのか分からなかったり、お弁当一つとっ

        • 理事の想い①:岸本 サンドラさん

          今回から、団体の立ち上げメンバーであり、理事である3人のそれぞれの想いを紹介していきたいと思います。まずは、岸本サンドラさんに想いを聞きました。 ○活動を始めた経緯 私は30年以上前にアルゼンチンから日本にやって来ました。  日本に来た当初は、日本語も話せず仕事をするだけの毎日でした。 その後、少しずつ日本語を学んで話せるようになって、仕事以外の何かをやりたいなと思っていた時にボランティアに出会いました。 人と会うことと日本語を勉強すること以外知らなかった自分にとって、ボ

          スキ
          1
          • 活動紹介:外国ルーツの子ども向け教室

            みなさん、こんにちは。 Vivarsity運営スタッフのカズです。 今回は、外国ルーツの子どものサポート事業について紹介します。 外国ルーツの子どものサポート事業では、「Vivaキッズ日本語ひろば」として、毎週日曜日13:00~15:00に主に小学校低学年~中学生に対し、教科学習や日本語の勉強のサポートをしています。 その時間の内、13:00~13:30にアイスブレイクというものを行っています。 アイスブレイクとは、子供たち個々の学習に取り組む前に、小学校低学年、小学校高

            スキ
            2
            • ViVarsity(ビバーシティ)活動ブログ始めました!

              みなさん、こんにちは。 Vivarsity運営スタッフのカズです。 2022年4月から「Vivaおかざき!!」が「一般社団法人Vivarsity(ビバーシティ)」に変わりました。 私たちは、多くの方に支えていただき、2010年から外国人向け情報提供、外国ルーツの子どものサポート事業、交流事業等を行っています。 さて、先日、Vivarsityの運営会議を行い、新たにブログを開設することにしました。今後の活動内容について、こちらで情報発信していきますので、これからもよろしくお願

              スキ
              4