Johnny Hirohashi
資格スクールもあまり語らない、USCPA(米国公認会計士)のリアルを答えます
見出し画像

資格スクールもあまり語らない、USCPA(米国公認会計士)のリアルを答えます

Johnny Hirohashi

USCPA受験を考えている人からの質問への回答をまとめました。

USCPAを取ってから、10年以上経ちます。

これまで、USCPAの取得を悩んでいる人の相談を受けたことか結構あるので、過去聞かれた質問を思い返して、Q&Aを作ってみました。

そんなお前は誰だ?と聞かれそうなので、簡単に自己紹介を。
Johnny Hirohashiと申します。

・20代後半でUSCPAを取得
・M&A未経験でBig 4のFASに転職、主にクロスボーダーM&Aを数多く経験
・ベンチャー企業のCFOを経験
・M&A部署の立ち上げやIPOを実施。
・現在は経営コンサルティング会社代表(独立)をしながら、株式投資に悪戦苦闘中。

そんな僕が、結構本音でUSCPAについて書きました。


本稿で回答するのは、以下の質問:

・JCPAの方が日本では重宝され、USCPAは海外向きってホントですか?
・「USCPAは使えない」って聞くけど、実際どうですか?
・USCPAを取れば、ビジネス英語が身に付きますか?
・未経験だけど、M&Aをやりたいです。USCPAは転職の助けになりますか?
・日本にある外資系企業や、会計事務所、コンサルティング会社に勤める中でUSCPAはどれくらいアドバンテージがありますか?
・英語が自由に使えて、更にUSCPAを持ってたら最強ですか?
・USCPAを取ったら、金持ちになれますか?
・どんな人がUSCPA向きですか?どんな人がJCPA向きでしょうか?
・USCPAの方がJCPAより簡単だから取ろうかと思ってます。どうでしょう?
・どこのスクールがいいですか?
・いい勉強法ってありますか?
・USCPAを取って良かったと思いますか?
・結局、USCPAを取った方がいいですか?


なお、個人的に見聞きしてきたことを基にした記事です。USCPAを薦めるものでは一切ありませんので、あくまで参考意見として、ご自身で判断してください。

では、さっそく行きましょう。

※同内容の記事をこちらのブログでも掲載しています。

この続きをみるには

この続き: 5,193文字

資格スクールもあまり語らない、USCPA(米国公認会計士)のリアルを答えます

Johnny Hirohashi

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります。
Johnny Hirohashi
M&Aアドバイザー、ベンチャーCFOを経て、現在は経営コンサルティング会社代表(独立)。 USCPA取得後の高収入キャリアについて語っています。